介護の仕事の職場を変えると決意

介護施設によって異なる介護の仕事の特徴を知ろう

介護の職場は皆さんが思うよりも多様にあり、他業界から介護業界に転職しようか悩んでいる方には、なかなか想像できないかもしれません。

 

また、現在一つの介護施設等で働いている方も、他の職場については分からないという方がいらっしゃいます。

 

もし、他の職場に興味をもっていたり、今の職場に限界を感じていらっしゃるのでしたら、この記事を参考にしてみてください。

 

代表的な介護施設・事業所について、出来る限り分かりやすく説明しています。

 

※既に他の介護施設の転職を決意しているのでしたら、『介護業界のホワイト企業に転職する方法』を参考にして見てください。

特別養護老人ホーム

 

 

利用者に一番人気のある施設であり、利用を希望する待機者が一番多い施設になります。

 

入所している利用者は、要介護1以上と設定されており、現在の待機者の多さを想定すると将来的には、必要な要介護が引き上げられるとも言われています。

 

特別養護老人ホームは、24時間の介護体制がとられており、要介護度も高く、入所者の人数も多い事から、介護の職場の中でも特に忙しい職場といっていいでしょう。

 

ただ、施設の運営は社会福祉法人や地方自治体がしている公的機関ですので、一般企業が運営している施設より信頼できるといっていいでしょう。

 

なお、24時間体制が敷かれているので夜勤をする必要があります。

 

夜勤はお金が必要な人には、手当てが貰えるという嬉しい面もありますが、一方で体に与える負担も大きい面もあります。

 

特別養護老人ホームは、施設にもよりますが、基本的に忙しい施設がほとんどです。

 

その代わりに、職場の中では一番入所者と寄り添った仕事ができる面もあります。

 

介護のスキルを身に着けたいという意思が強い人には一番適した職場と言っていいでしょう。

 

介護老人保健施設

 

 

略して老健と呼ばれることが多いです。老健の特徴の一つは、特別養護老人ホームと違い終の家としての性質はなく、長くて2〜3年、短ければ3か月程の入所が目安となります。理由は、老健の目的はリハビリテーションがメインとなるからです。

 

入所者は在宅での生活ができるようになることを目標として老健に入所することになります。従って、他の施設と違い看護師や、リハビリテーションをメインとして行う理学療法士や機能訓練指導員が多く登用されています。

 

もし、看護師の資格や機能訓練指導員の資格を持っており、リハビリテーションに興味があるのでしたら、他の施設よりも数が居る事から、ある程度余裕を持てる可能性があります。また、規模が大きく安定しいる場合は給料もそれなりに安定しているでしょう。

 

介護職の場合は、老健の体制によって大きく変わります。

 

老健によって、要介護の重い患者でも受け入れ、数年入所させる場合もあれば、それほど介護の重くない方を受け入れ、数か月のリハビリテーションの後に在宅介護へと移ってもらう2パターンがあります。前者は、地方の老健が行っていることが多く、後者は関東の都市部で行われている事が多い傾向があるようです。

 

ただ、共通しているのはリハビリテーションを経て在宅に復帰してもらうことが目標となるので、その目標を目指すことに共感できる方に適していると言えるでしょう。 

訪問介護サービス事業者

介護の必要とする利用者のご自宅に行き、介護のサービスを提供することになります。

 

介護内容としては、洗濯、食事作り、買い物、入浴等が挙げられます。在宅での介護ということになるので、それほど重度の介護どの利用者がいないのが特徴となります。定期的にに、ご本人自信ではできない入浴や洗濯等をおこなうことになります。

 

食事や買い物はケアプランによっては行いますが、時間的な制約があることから、前者の二つが特にメインとなります。

 

また、介護度が低い方が多いので意志疎通もでき、コミュニケーションができるので、利用者と仲良くできる環境でもあります。施設で働く以上に、楽しく介護ができる事が多い傾向にあります。

 

なかには、お菓子や、お惣菜を頂ける関係になっている職員もいらっしゃる程です。

 

ただ、デメリットとしては、利用者の意向によって当日になって介護のキャンセルがされたりすので、給料が安定しない事が挙げられます。また、利用者によって介護の環境がかなり違うことが挙げられます。御自宅が散らかっていたり、利用者様との性格が苦手でも一人で対処しないといけないのです。

 

もし、訪問介護に興味があるのでしたら、これたのメリットとデメリットを考慮した上で転職しましょう。

 

なお、訪問介護の正社員とパートでの仕事内容の違いは特になく、一日の件数の差のみとなります。正社員の場合は、基本的に勤務時間8時間を目途をスケジュールが組まれ、パートの場合は、ある程度職員の都合に合わせてもらえます。

居宅介護支援事業者

介護支援専門員(ケアマネジャー)による、ケアプランの作成を行う事業者です。ケアプランは、デイサービスや特養といった介護保険制度を利用する場合に必須となるので、需要そのものは多い傾向にあります。ケアプランの1件の作成報酬は1万〜1万5千円程となっています。

 

しかし、ケアプランの作成報酬に限度が決まっていることから、ケアプラン作成のみに従事している事業者ほぼいません。そのため、特別養護老人ホームやデイサービス等を複合的に運営していることがほとんどです。ケアマネジャーも、ケアプランの作成をメインとしながら、介護や相談員の仕事を兼務することがほとんどとなります。

 

忙しさは、務める施設によって異なりますが、給与の水準は通常の介護職や相談員よりも多少ですが高くなる事がほとんどです。また、人によっては福祉用具レンタルの販売等と兼務し、介護には直接関わらないようにすることも可能です。

 

訪問入浴サービス事業者

 

 

入浴車でサービス利用者宅に訪問し、入浴介護を行う仕事になります。

 

看護師1名、介護職員3名を基本に1日5〜8件を目途にサービスを提供することになります。雇用条件は通常の介護施設での勤務よりも高い水準である傾向があります。

 

月給20万〜23万程が目安になります。ただ、入浴介護は神経と体力を使う仕事であり、場合によっては女性でも機材の運搬をする必要が出てきます。
他にも、機材のレンタルやケアプランの作成依頼の事務処理等の仕事も頼まれることもあるので、もし興味があるのでしたら、勤務内容をしっかりと面接などで聞いた上で判断するようにしましょう。

 

グループホーム

入所者は、基本的に要支援1以上と定められていますが、集団生活ができる事も条件とされているので、利用者とコミュニケーションをとりながらケアプランに則した必要な介護を行っていきます。

 

入所者の多くが、最近まで自分の身の周りの事は一人で出来ていた方なので、今までの生活を出来る限り維持してもらうために、食事や買い物、洗濯も職員が全てやるのではなく、補助する形をとっているので特徴です。

 

従って、職員にとっては介護そのもは忙しくない傾向にあります。

 

しかし、介護の代わりに利用者がいかに暮らしやすく、他者と関わりながら過ごせるか考えながら働く事が求められます。また、コミュニケーションがとれるからこそ、利用者が何を求めているのかしっかりと耳を傾け、理解しようとする心づかいが大切になります。

 

利用者にその人らしい生活を提供できることにやりがいを感じられる人にお勧めです。なお、給与は通常の施設同様、17〜20万円が平均となっています。

通所介護・通所リハビリテーション事業者

デイサービスとに呼ばれている、心身の機能を回復させることが目的とされているサービスです。利用者は要支援〜要介護5の利用者まで幅広くいらっしゃいます。

 

勤務時間は朝〜夕方までとなっており、その間に入浴や身の回りの介護の提供およびレクリエーション等を提供し心身の回復を促します。夜勤などがなく、未経験・無資格でも働くことが出来るので、日中に働くことしかできない人にはお勧めです。

 

ただ、仕事内容自体は施設にもよりますが過酷な場所が多い傾向にあります。理由の一つは、介護度の重い方も受け入れており、職員の数と比べて利用者の数が多い事が挙げられます。

 

しっかり、職員同士の連携がとれている施設の場合は問題はありませんが、そうでないと一人一人の仕事量が増え行く事になります。就職を検討する場合は必ず施設の雰囲気と、施設長の人柄を把握するようにしましょう。

 

福祉用具貸与・販売

 

 

車椅子やスロープ、介護用ベッド、ポータブルトイレなどの介護用品を販売する事業になります。この業務をするには、福祉用具専門相談員という資格をもつ従業員が求められています。

 

この福祉用具専門相談員の資格は、介護福祉士や介護職員初任者研修の資格等を取得するか、厚生労働相の指定講習が修了する必要があります。

 

介護に従事する上で、多くの介護用具と触れ合うとになると思いますので、もし興味があるのでしたら、その経験を活かして、アドバイザーとなることも可能でしょう。

 

また、現場の介護に疲れてしまった方が経験を活かせる職場でもありますので、現場での介護以外で働きたい方にお勧めです。

 

※介護の職種について詳しく知りたい方は介護の職種を把握し、キャリアプランを立てましょうの記事を

 

転職を悩んでいる方は介護士 オススメ紹介会社 月収30万を目指すをどうぞ

オススメの介護専門の紹介会社

page top