介護の経験を活かせる仕事の種類 転職を考えている人へ

介護の経験を活かせる仕事 

 

介護の仕事経験を活かして他業界への転職をすることは、今でも極めて難しいです。

 

しかし、高齢化により企業によっては、自分達の得意分野を活かして介護業界に進出しようとしています。

 

もし、介護の仕事に疲れてしまったり、違う方向で介護に関わって働きたい人にとっては、前述した企業に狙いを定めてもいいかもしれません。

 

最近の例を挙げれば、デイサービスでフィットネスを利用するようになったことが挙げられます。

 

機能訓練として、高齢者向けの本格的な運動機材を運用し、インストラクターの方を雇い、利用者様に高いレベルでサービスを提供しています。

 

他にも、高齢者向けにレクリエーションを提供する団体も増え始めています。

 

また、最近では老人施設向けの調理器具や設備を開発し、営業を始める企業が増え始めています。

 

このような企業にとっては、介護施設で実際に働いた人達の介護の経験は魅力的に映ると言っていいでしょう。

 

特に営業に関しては、実際に施設で働いていたからこそ、リアルな意見を言える事がメリットと言えます。

 

転職で介護の経験を活かすには、日々の姿勢が重要

では、介護施設で働いている人全てが、介護の経験を活かした転職ができるかと言えば残念がらそのようなことはありません。

 

日々、よりよい介護の提供を心がけている方と、何となく介護をしている人では、介護に対する考えも変わってきます。

 

一番重要なのは、今の介護サービスの質を向上させようとする考えを持って働いている必要があります。

 

介護業界に進出している企業にとって必要なのは、介護施設はどのような機能を持った設備や機材を必要としているのか。どのような、機能訓練が必要なのか。この、何が必要とされているか分かる人を求めています。

 

そして、営業では施設の悩みを共有して売り込める人を求めいます。

 

このような、考えを持ち、意見として言うには、日々の介護に対する真剣な姿勢が必要となります。

 

もし、介護の経験を活かして他業界への転職を考えているのでしたら、今の介護の仕事に真剣に取り組めているか考えてみてはどうでしょうか?

 

⇒介護士 オススメ紹介会社 月収30万を目指す

オススメの介護専門の紹介会社


 
TOP 転職の悩み 資格 悩み・相談 転職サイト