介護福祉士の年収を上げるためには

介護福祉士の年収を上げる方法

 

一般的な介護福祉士の資格を持つ介護士の年収は300万円〜400万円とされています。

 

しかし、年収500〜600万円を稼ぐ介護士の方もいらっしゃいます。

 

基本的に介護士のキャリアを積んで行く事を考えて働いている人は、介護福祉士の資格取得を目標とする事が多いです。

 

理由としては、国が掲げる介護士のキャリアステップが

 

介護職員初任者研修⇒実務者研修⇒介護福祉士⇒認定介護福祉士

 

となっているからです。

 

認定介護福祉士に関しては、資格試験があるような資格を想定されていませんし、まだ資格として整備もされていないので、実質は介護福祉士が介護士の資格の最終ゴールと言えます。

 

ただ、介護士の資格の中では難易度が少し高く、キャリアップの一つの目標地点の割には、平均年収300万円〜400万円は少ないと言えます。

 

しかし、前述した通り、年収500〜600万円稼ぐ事ができている介護士の方もいらっしゃいます。

 

介護士の平均年収が少ないのには少し理由があります。

 

介護士の給料も、他の業界の会社同様に一年に一回は昇給が基本的にあります。

 

当たり前ですが、勤務年数が増えれば、少しずつ年収は上がります。

 

おそらく、20代から勤めて40代まで働き続ければ、年収500万円行きますし、施設運営が上手く行ってる施設や大手企業の運営している施設ならば、600万以上行く場合もあります。

 

逆に、施設運営が上手く行ってなかったり、小規模すぎると400万円行かない場合もありますが・・・

 

ここで、何が言いたいかと言うと、介護士の多くが長期間働く方が少ないという事です。

 

特に、介護士職員の男女割合は男性3割、女性7割程です。

 

女性の方だと、結婚や子育て等で辞めてしまう方も多いので、年収が上がる前に辞めてしまう方が多いのです。

 

また、介護の仕事は離職率が高く、人が育つ前に辞めてしまう事が年収の低い理由の一つでしょう。もちろん、全体的に介護士の給料が低い傾向があるのも事実です。ただ、言われるほど酷い給料の低さではないとも思います。

 

なお、年収が下がる例としては、30〜40代で他業界から正社員として転職すると、かなり年収は下がる傾向があります。

 

何故なら、介護の職場を変えるだけの場合は、経験年数に応じて給料を払ってもらえますが、未経験での転職ですと、初任給からのスタートとなる場合が多いからです。

 

最初は、社会貢献をやりがいに介護の仕事を続けることができますが、家族を抱えている方になりますと、日々の生活に困ることになる可能性もあります。

 

その場合は、少しでも給料を上げるために資格等の取得を積極的におこないましょう。

 

資格が昇給や出世にすぐ関わるわけではありませんが、介護職員初任者研修、介護福祉士の資格を取得すれば、資格手当を貰える事が多いです。

 

また、介護福祉士の資格を持っていた方が、将来的に出世しやすいです。

 

絶対に必要と言う訳ではありませんが、施設長といった管理職が介護福祉士の資格を持っていないと、一般の介護職員に示しが付かないと判断される可能性があるからです。

 

また、同じ評価の競争相手がいる場合は、資格の有無で出世が左右される可能性も0とは言えないので、余裕があるのでしたら、取得を目指すことをオススメします。

 

(介護の資格に興味がある方は『介護・福祉・医療の資格を取るなら『シカトル』をお勧めします。)

 

働く介護施設・事業所を選ぶ際に注意する事

 

 

介護の職場の待遇の違いはかなり大きいです。

 

待遇の悪い場合は、低賃金でサービス残業等を当然に強いる場合もあります。

 

逆に、20代から勤務している事を前提として、40代で年収600万円で120日の休日を取れている方(管理者や主任、ケアマネジャーさん等)もいらっしゃいます。

 

また、中途の未経験からの採用でも、施設によって給与の差はでますし、将来的には差が広がってく可能性もあります。

 

したがって、未経験からの就職だからといって、あまり待遇の悪い施設を選ばないように注意しましょう。

 

就職・転職時は慎重にしましょうね。(転職についての詳しい内容後述します)

 

※より待遇のよい職場に転職したいと悩んでいる方はこちらを参考にしてみてください

 

オススメ紹介会社 介護士で月収30万を目指す

 

介護士の年収を上げるのに大切な事

 

 

一番大切なことは、技術と経験、そして介護現場で指揮をとれる事です。

 

要は、施設にとって必要な人材なることです。

 

これは、どの仕事でも同じですが、介護施設でも同じです。介護施設を黒字で運営するには、介護職員が働きやすく、介護技術の高さに貢献できる人材になれば当然年収は上がります。

 

また、現場の指揮以外でも、介護福祉士やケアマネジャーの知識を活かして、専門性の高い事務業務や市町村との連携を図ることができる人は重宝される傾向があります。

 

転職時でも、より待遇の良い施設で働けるでしょう。

 

介護施設の運営で一番の問題は、離職率の高さです。逆に、自分が離職理の高さを下げることが出来るような人材になれば、施設としてとても評価されます。

 

そのためにも、経験、技術、そしてコミュニケーション能力を鍛えることをお勧めします。

 

そして、介護の仕事で正社員として働く場合は、何を目指すかしっかりと決めるようにすることをお勧めします。

 

ただ、一部の介護施設によっては、どれだけ努力し、成果を出して正当に評価されない事もあります。

 

また、評価して待遇を上げる余力のない職場が存在するのも事実です。

 

その場合は転職も検討しても良いと思います。

 

施設に将来性がないと感じたら転職を考えるのも必要

介護福祉士といった資格を取得して専門的な知識とスキルを持っていることを証明できても、やはり利益を職員に還元しようとしない施設で働いていると、年収を上げることは非常に難しいです。

 

もし、今働いている施設に将来性がないどんなに頑張っても評価されないと感じているなら、不安なく働ける新しい施設に転職することも大切です。

 

おすすめの転職方法としては、紹介会社を使うことをオススメします。
通常の検索サイトでは公開されていない、優良な施設の求人も取り扱っている事が多いので、年収と待遇を向上させられる可能性があります。

 

年収上げるオススメの方法

オススメの方法としては、介護士の求人に特化した紹介会社を利用する事です。

 

紹介会社とは、簡単に言えば人材を必要としている企業が紹介会社に求人を出して、紹介が者に登録した労働者に提案する仕組みになります。

 

単純に求人を掲載する求人サイトと違って、紹介会社のスタッフが間に入って、お互いの希望に合った人材/企業を引き合わせるようにしてくれるのです。

 

そのため、自分で求人を選ぶよりも希望に近い求人に出会える可能性が上がります。また、紹介会社は、労働者側である介護士には無料でサポートして、採用が決まった際に企業側からだけ成功報酬を貰うのが一般的です。

 

したがって、ブラック企業の求人を扱っても意味がありません。なぜなら、応募されないような求人を紹介しても意味がありませんし、自社の評判が悪くなるからです。

 

絶対にブラック企業と出会わないとまでは言いませんが、自分で探すよりも大幅にリスクは下げることができます。

 

また、利用したからといって介護士側は絶対に応募する必要はないので、複数の紹介会社を利用して、自分に合った求人を見つけて応募すれば大丈夫です。

 

紹介会社によって扱っている求人の地域なども違うので、興味がある方は下記の記事を参考にしてみてください。

 

⇒オススメの介護専門転職サイト

 

オススメの介護専門の紹介会社

page top