介護の仕事で安定した生活を送る将来設計

人手不足の介護の仕事 将来性はあるのか?

 

政府の発表で、2025年には、団塊の世代が75歳以上になることで、介護の需要がいっそう増える事を考えると、介護職員は約30万人不足するとことが判明しました。

 

この事態を重くみたことから、政府は介護職員数を引き上げるために予算を増やし、介護職の合同説明会や職場体験等を増やす等の対策をおこなっていくことを発表しました。

 

しかし、この対策は上手く行くのでしょうか?

 

私は残念ながらそうは思いません。

 

現状介護の仕事でそれなりの待遇で働けている職員数は少なく、多くの方が将来に不安を抱えているのが現状です。また、政府は施設が儲かりすぎているとうことで、介護報酬を下げるなどの政策も行っており、むしろ介護の仕事に不安を与えています。

 

介護職員の給料を上げるには、施設が順調に利益を出すことは必要です。

 

確かに、介護施設の利益は、国の税金で賄われる介護報酬の割合が多いですが、それを下げるということは職員の給与を下げかねないリスクを与えることにもなります。

 

例え、介護職員処遇改善加算を増やしても、国がその手当をずっと保障してくれると確約しているわけではなありません。

 

したがって、今回の発表を見ると、政府は介護の人材を確保することだけに夢中で、確保した介護職員のその後について考えてないようにも思います。

 

介護職員の受け入れ先の施設を運営している法人の経営が苦しくなってしまっては意味がありません。仮に、一般企業の多くが介護業界から撤退してしまったら、結局国が全ての施設を運営するようになれば、税金はさらに掛かることになります。

 

私としては、もっと企業が施設を運営しやすく、職員に還元できる仕組みを構築するために努力して欲しいと思わずにいられません。

 

介護の仕事は選ばない方が良いのか

 

 

介護の仕事は、前述したように職場の改善が国の手によって抜本的に改善される見込みは少ないと言えます。

 

ただ、少子高齢化の影響によって需要が増えているのは確かです。

 

また、介護施設ごとの努力によっては、利用者をしっかりと確保し、順調に利益を出している施設も存在しています。

 

そのため、職場を選ぶ際に安易に選らばずに、見学や質問で施設に問題がないか確認するようにしましょう。

 

もし、あなた自身で判断できる自信がないのでしたら、紹介会社といった転職支援サービスを利用するの一つの手段になります。

 

少し介護に対してネガティブな話をしてしまいましたが、介護の仕事がなくなる事はないと言えるので、安定して働けるというメリットはあります。

 

また、ヘルパーの資格があれば、主婦の方でも隙間の時間を使って働く事も可能です。

 

家事代行+介護の仕事でしたら時給1500円以上行く事もあるので、働き方を選べば普通のパートよりも稼ぐことも可能だったりします。

 

⇒介護士 オススメ紹介会社 月収30万を目指す

オススメの介護専門の紹介会社


 
TOP 転職の悩み 資格 悩み・相談 転職サイト