介護の職種を把握して、あなたのキャリアプラン作りましょう。

介護の職種説明 キャリアプラン作成・転職の参考にしましょう

 

介護の職種を把握し、キャリアプランを立てましょう

 

介護職として働く事、そして働き続けることに不安を抱えている方は大勢いらっしゃるのが現在の状況です。

 

もし、今あなたが介護職に就くか迷っていたり、続けることに将来の不安を抱えているのでしたら、ぜひ参考にしてくださいね。

 

注意:施設によって給与や待遇が違うので、あくまで一般的な施設を基準にしている事をご了承ください。

 

※職務で求められる資格によっては、実務経験を一定年数積まないと受験できないものもあるので、注意してください。

 

介護職員

介護職員としての経験の有無と資格によって給与は違いますが、平均年収は250万円〜350万円程とされています。400万円行けば十分良い方と言っていいでしょう。

 

なお、給与の水準は低い場合が多いですが、介護福祉士の資格を取得していれば、経験と技術も認められることから、需要が高く、一度現場から退いても就職先を見つけやすい等のメリットがあります。

 

<給与例>
      無資格無経験者の介護職の給与(額面):約15万円
      介護職員初任者研修を受けている職員 :約16万円〜17万円
      介護福祉士の取得済み職員  :約17万円〜20万円

 

※介護職員初任者研修の取得方法・勉強方法はコチラ
※介護福祉士の取得方法・勉強方法はコチラ

生活相談員

仕事内容は、介護施設の窓口としての役割を持ちます

 

利用者様や利用者様の家族のニーズを満たせるように面談をしたり、入居を考えているご家族の相談を受けたりします。

 

特に、デイサービス等を提供している施設では、アセスメントやデイケア記録が必須なことから、生活相談員の仕事として割り振られます。

 

また、生活相談員の方はの多くは、介護や事務を兼任している方が多く、施設内では幅広い職務に携わることになります。

 

また、施設長と違い常勤配置が決めつけられているので、施設からでることができないのも特徴です。

 

生活相談員の給与は、介護職員より手当が増えることがほとんどです。

 

給与は、施設によって結構幅がありますが、概ね月収20万〜25万円程です。

 

デイサービスをする上で、絶対に一人は配置をとらないと行けないので、需要は介護職員よりも高いと言えるでしょう。

 

基本的に生活相談員は、忙しい場合は介護の配置にも入ってもらえるという期待もあることから、職に困ることはないでしょう。

 

 

 

生活相談員になる要件は少し複雑ですが、大雑把に分けると二つの方法があります。

 

一つは、国が定めた基本要件。社会福祉士、精神保健福祉士、社会福祉主事任用資格の内のいづれか一つがあれば、介護経験がなくても生活相談員になれます。(ただ、介護経験がないと施設で最初から相談員としては雇ってもらえない事が多いです)

 

もう一つは、県によって定めている要件を満たすことです。

 

基本的には、2〜3年の介護経験や介護支援専門員の資格を持っている等が要件となっていることが多いです。

 

したがって、生活相談員は、資格がなくてもある程度の経験があれば無資格でも県によっては配置に就く事が出来ます。

 

ただ、引っ越し等で他の施設に移動した場合は、引っ越し先の県でも同様の要件かは分かりません。

 

よって、もし相談員に就く事ができたのならば、社会福祉士の資格を取るように勉強することもお勧めします。(社会福祉士の資格も介護福祉士と同じぐらいの評価をされ、資格手当ても基本的に払われるので損することはありませんよ。)

 

ただ、注意して欲しいのは通常の介護職員よりも人間関係を大切にする必要が出てきます。特に施設の窓口ともなるので、利用者のご家族とも直接話す機会が多くなります。したがって、その責任をやりがいと捉えるか、負担と捉えるかで仕事の楽しさと感じるか、苦しいと感じるかでわかれてしまいます。

 

ただ、介護の技術だけではなく、事務的な手続きや仕組みを知るにはこれ以上ない職務なので、目標の一つとして経験することは決して無駄ではありません。介護業界でやって行く上でアドバンテージになるでしょう。

 

介護事務

 

 

介護施設の事務に就く上で必要とする資格は基本的には不要です。専門的な知識がなくても事務として働く事が出来ます。

 

給与は、基本的に月収15万〜16万程となっており、介護職員の給与より低い設定となっている場合が多いです。

 

仕事内容は、相談員の方と話し合いながら職員の方のシフトを作成したり、利用者様の預り金の管理等の経理としての側面もあります。

 

なお、基本的には介護の仕事をする事はほぼありませんので、事務の仕事と、介護の専門的な知識を覚えるには良い環境と言えるでしょう。

 

注意して欲しいのは、介護の専門的な知識が必要となる事です。

 

未経験で事務に就くと、デイサービスをする上で必要な人員配置等を満たしたシフト作成を行うなどが求められます。また施設を利用している方の預り金の管理等もあるので、お金の管理にも注意する必要が出てきます。従って、一般企業の事務処理を想定していると、実際の仕事とのギャップを感じる可能性があるので注意しましょう。

 

もし、介護施設の事務を考えているのでしたら、介護事務の資格のテキストなどで勉強又は資格の取得を目指しても良いかもしれません。

 

資格自体は持っていなくても、介護事務に就けますが、あらかじめ知識を持っておけば、実際に職場で働き始めた時に戸惑う事を回避することができます。また、自分に介護事務が合ってるいるか確認することもできるので、一度テキストに目を通す事はしてみましょう。

 

看護師

看護師として働くには、看護師か准看護師の資格が必要となります。

 

資格取得には、時間とお金が掛かりますが、その分給料も他職種よりも高く、月給も約30万円程です。

 

基本的に看護師は人手不足の職種なので、施設の必要度によって給料に差が結構あります。年収600万円程になる可能性もあります。

 

そのため、より給料の良い施設に移って行くことも多いです。

 

仕事内容は、利用者様のバイタルをチェックしたり、簡単な医療処置、そして緊急時の対応等となります。

 

後は、施設との契約によりますが、機能訓練指導員や介護の兼務等を求められる事もあります。もちろん、看護一本で職務に就き、人によっては看護職のパートとして他の職場とダブルワークをする方もいらっしゃいます。

 

この説明からも分かるかもしれませんが、看護職は人手不足のため施設側が結構融通してくれます。また、残業などもほぼなく定時で上がれることが他の職務よりも多いと言えるでしょう。

 

看護師になるには

看護師と准看護師ともに専門学校に通う必要があります。看護師になるには、高校を卒業し専門学校で3年間勉強するか看護系大学か看護系短大で卒業する必要があります。

 

准看護師は、准看護師養成学校などに通い、各都道府県の試験に合格することで資格を取得できます。

 

注意点としては、資格としては准看護師よりも看護師の方が評価されるので給料にも差が付きます(准看護師から看護師にステップアップはできる)。

 

<備考>
看護師は施設の待遇が良い事から、一般の介護職から看護師を目指す方も結構いらっしゃいます。その多くの方は、専門学校に通うため仕事を一旦辞める方がほとんどです。ただ、人によっては定時の学校に時間帯に行き、仕事も続ける方もいらっしゃいます。
また、当然ですが看護師の資格は施設以外の職場でも求められているので、好待遇での職場を探しやすくなります。ただ、資格取得には時間が掛かるので、生半可な気持ちで挑まないようにしましょうね。

 

介護支援専門員(ケアマネジャー)

 

 

介護支援専門員、通称ケアマネジャーと呼ばれる職務ですが、基本的に施設で働く場合は介護や相談員を兼務することになります。

 

給与は年収350万円〜450万円程とされています。

 

ケアマネジャーの資格を持つと、利用者のケアプラン(利用者の介護プラン)の作成をすることができます。一件あたり月1万〜1万5千円程の報酬となります。ただ、依頼を引き受ける過ぎると単価が下がる仕組みになっているので、ケアマネジャーとしての収入には制限が付いています。

 

そのため、前述したように施設や介護の事業所で働きながら、ケアマネジャーの仕事をすることがほとんどとなります。

 

では、そんなケアマネジャーになる条件はというと、結構時間が掛かります。

1:保険医療系・福祉系の国家資格を持ち、実務経験を5年以上積む

 

2:老人福祉施設、または在宅介護サービス業に従事して、実務経験を5〜10年以上積む

3:1または2を達成すれば、ケアマネージャーの受験資格を得ることができます。

4:試験合格後、実務研修を受ける

5:ケアマネージャーの資格取得

上記を見て分かるように試験を受けるのに実務5年の壁が立ちはだかります。

 

介護支援専門員の試験自体の難易度は高くはないのですが、実務5年は少しハードルが高いといっていいでしょう。しかし、働きながら資格が取れる事と、他の資格と違い確実に活かせる資格なので取得を目指すのもよいでしょう。

 

また、受けるためのハードルがそれなに面倒なため、需要は高く、就職難になる事はないと思います。目指して見る価値は十分あると思います。

 

介護支援専門員(ケアマネジャー)の資格取得に興味のある方はコチラも参考にしてみてください。

 

施設長

 

 

通常は施設で介護職を学び、相談員や介護支援専門員等の業務に就いた方が登用されます。

 

それ以外にも、施設長候補として雇われ、介護経験を積みながら施設運営について学んだ上で抜擢されます。また、施設長経験のある方でしたら、最初から施設長として登用されることもあります。

 

給料は、年収約300万円〜350万円程です。

 

施設長の仕事内容

施設内での仕事は、中心メンバーとして相談員や介護支援専門員業務に就いている職員と利用者の対応を決めたり、利用者との契約等を推し進めるなど、施設運営の根本に関わることになります。

 

また、利用者を増やすため、病院や市役所等で営業をする場合もあるようです。

 

<備考>
施設長が一番注意しないと行けないの、おそらく施設内の人間関係と言っていいでしょう。施設内の雰囲気が悪いと、利用者の獲得が進まないどころか、職員の人手不足も進み、施設を運営できなくなる可能性もあるからです。

 

基本的に、給料の割に激務の職務になります。

 

ただ、その代わりに唯一施設から出世できるポジションといってもいいでしょう。

 

複数の施設を運営している、法人企業でしたらエリアマネージャーに出世できる可能背もありますし、成果を出せば本社の幹部になれる可能性も少なからずあります。

 

ただ、そのためには介護の知識・経験だけではなく、営業スキルや経営に関する知識も必要になりので、厳しい道と行っていいでしょう。

 

※ここに記載されている内容は、全て施設に適用されれるわけでない事をご了承下さい。

 

転職を考えている人は介護の仕事 好条件の職場に出会うには、またはメドフィット介護求人.comの詳しい内容・口コミを参考にして頂ければ幸いです。

 

オススメの介護専門の紹介会社


 
TOP 転職の悩み 資格 悩み・相談 転職サイト