介護施設内の調理業務の仕事内容

介護施設内で調理業務の仕事内容

介護施設で働く職員は、基本的に介護職、相談員、介護支援専門員、看護、事務が中心となって運営しますが、直接介護に関わらない仕事として、調理職員や清掃職員を雇っている場合があります。

 

調理や清掃は、施設によっては外部に委託している事もあるので、一概に全ての施設で募集しているわけではありませんが、直接介護の運営に関わらずに、介護施設で働ける貴重な職場と言えるでしょう。

 

介護施設における調理業務の内容

栄養士の資格を持つ調理の人(栄養士の資格は必須ではありません)が、利用者の介護度、栄養、コストを考慮した上で、食事を提供します。

 

特に利用者にとって食事は、介護施設で過ごす上での楽しみの一つなので、施設としては粗末なもを出すわけには行きません。

 

そのため、栄養士の資格を持っていれば、手当てを貰える場合もあります。

 

また、栄養士の資格や現場での経験がなくても、調理補助として働くこともできます。

 

ただ、ある程度の料理の知識は求められるので、基本的に家庭料理、そして介護の食事を前もって知っておくといいでしょう。

 

なお、料理業務は基本的に残業などはありませんが、料理の仕込みなどがあるため、出社の時間帯は早い場合がほとんどです。

 

お子さんなどの世話がある方には不向きな面もあるので、その点も考慮するといいでしょう。

 

注意して欲しいのは、介護の調理は体力を結構使います。

 

食堂で働くのと違い、利用者は介護を必要としている人たちなので、通常以上に調理には注意が必要ですし、一度に大勢の利用者の食事を作るので体力も使います。

 

調理補助なら楽だろうという気持ちで応募することのないようにしましょう。

 

実際に、介護施設で調理補助として採用された方が、始めての出社で辞めてしまうという事例も存在します。その理由の多くは、『思っていた仕事と違う』です。

 

そのようなミスマッチのないように、求人の内容だけではなく、面接時に仕事内容の確認や仕事場等を見学させて貰うようにするといいでしょう。

オススメの介護専門の紹介会社


 
TOP 転職の悩み 資格 悩み・相談 転職サイト