介護の資格を取得するメリット

介護の資格を取得する難易度

介護の資格には介護職員初任者研修、介護福祉士、ケアマネジャー等の資格が存在します。
資格の取得難易度自体はそれほど高くなく、真面目に勉強すれば誰でもとは言わなくても、多くの方が取得可能です。むしろ、介護福祉士やケアマネジャーの資格を取得する場合は、受験の難易度よりも、受験資格を満たすための実務経験の年数等の方が煩わしいかもしれません。

 

介護の資格が証明することとは

 

 

よく、ケアマネジャーの資格や介護福祉士の資格などを取得しても、手当が貰えるようになるだけで、キャリアアップには関係ないのではないか?と疑問を持つ方がいらっしゃいます。

 

理由としては、介護職員の多くが何らかの資格を持っており、介護福祉士やケアマネジャーの資格も多くの方が持っているので、希少性はないということです。

 

確かに、介護の現場で働く職員の中で、介護福祉士や介護職員初任者研修の資格を持つ方は少なくないです。ケアマネジャーの資格も、希少性があるかと言われれば、残念ながらそれほどないのは確かです。

 

介護の資格は、資格を利用して新しい仕事を始めると言ったものでは基本的にありません(ケアマネジャーのケアプラン作成などは除きます)。

 

どちらかと言えば、介護福祉士やケアマネジャーの受験資格でもわかるように、実務軽軽が豊富であり、技術と専門知識があることを証明する役割を持つ資格と言った方がいいでしょう。

 

実務経験と技術の高さを証明できることは、介護主任や施設長になる上で人をまとめる時に、信頼される要素の一つともなります。また、ケアマネジャーの資格は、介護の高度な専門知識を持っている証明にもなるので、一般の事務とは違う、ケアマネジャー業務と高い専門の事務処理を任せられることもあります。

 

そして一番重要なのは、職員と共に円滑に施設を運営していけるコミュニケーション能力ですが、経験と技術、そして知識がなければ、そもそも介護主任や施設長になれません。資格は、その技術と経験を証明するものになるのです。

 

介護の資格は転職時に有利になる

 

 

介護の職場に復帰するにしろ、職場を変える時にしろ、求めるられうのは経験と技術、そしてコミュニケーション能力です。コミュニケーション能力は、面接で把握できます。

 

ただ、経験と技術は面接の会話だけで把握することはできません。面接を受けに来た相手が偽っている可能性があるからです。

 

しかし、資格があれば求められる経験と技術があることを把握することができます。したがって、面接官も経験や技術を疑うことがないので、転職もスムーズに行うことできます。また、当然ですが介護の資格は取得しておくと、手当てを貰う事が出来ます。

 

特に、介護職員初任者研修と介護福祉士の資格は所持ておけば、ほぼ確実に手当が付きます。パートの場合も、時給に直接加算されます(ケアマネジャーの資格は、現場のみの仕事ですと手当が付かない可能性があります)。

 

これらの事を考えると、介護の仕事を続けていくならば、介護の資格は必要であり、持っていないと損をすることが分かると思います。

 

もし介護の仕事を少しでも続けていく気持ちがあるのならば、資格を取得しておくことをお勧めします。

 

 

※介護の資格取得を考えている人はコチラをどうぞ

オススメの介護専門の紹介会社

page top