介護の給与をげよう

介護職員ごとの給与差の原因とは

 

 

介護施設で働く介護職員の給料は基本的に平均18万〜20万とされています。

 

ただ、実際に調べてみると、確かに年収200万〜250万の方が多いですが、400〜500万の方も存在するのは確かですし、600万を超える方もいらっしゃいます。

 

※ここでは、看護職の方は除きます

 

では、何故このように給料差がでるのでしょうか?

 

地域による給与差

給料の差が出る理由の一つとして挙げられるのが地域差による給料の差です。

 

基本的には、競合の多い都市部の地域の給料は地方よりも高く設定されている傾向があります。

 

人が集まるということは、利用者が多いことを表しますが、その分競合企業も増えてきます。

 

そして、都市部には働き口も多く、その中で、人材を確保するためにはある程度の給与水準が必要とされるからです。

 

施設を運営する法人による給与差

 

 

一般的に複数の法人を運営の方が給料は良いと思う方多いと思います。

 

これは、正しくもありますが、逆に小さい施設の方が給料は低いということでもありません。

 

複数の施設を運営している法人に勤めるメリット

・給与が明確に決まっており、安定している
・福利厚生がある程度確保されており、有給もある程度使える
・本社勤務や経営に関われる程昇格すれば、給与が跳ね上がる。

複数の施設を運営している法人に勤めるデメリット

・介護職員でいる限りは、給与が上がりづらい(給与体系が決まっているため)
・人材の補充がある程度できるので、施設内で重要な人物と評価されにくい
・複数の施設があるため、施設長が自分の勤めている施設以外で決まることもあり、昇格するには大変な労力と運が必要になる。

 

小規模な法人が運営する施設に勤めるメリット

・人手が不足しやすく、ベテランの職員が少ないので、人材を留めるために給与の交渉をしてくれる。
・施設内で特別な立ち位置に立ちやすい。(介護リーダー、施設長など)
・一つの施設しか運営してないからこそ、運営が順調にいってると、複数の施設を運営している法人よりも給与が高くなる傾向がある(複数の施設を運営していると、他の施設の状況にも気を配る必要があるため、給与水準が決まっているため)。

 

小規模な法人が運営する施設に勤めるデメリット

・人手不足になりやすいので有給を使いづらい
・経営が傾くと持ち直しが難しく、給与未払い等のリスクが増える

 

(注意)上記に上げたのは、あくまでも一般的なメリット、デメリットであり、当てはまらない施設もあるので注意してください。

 

介護職として給与を上げるには

 

 

基本的には、一般の介護職員として働き続けてるだけだと給与が劇的にあがることはありません。年収500〜600万円程になるには施設において代えのきかない存在になる必要があります。

 

資格、経験、技術はその支えとなるでしょう。ただ、人材が集まりやすい職場に行けばそれだけ、代えのきかない存在になるのは難しくなります。

 

逆に、人材が常に不足している職場に行けば、チャンスは増えますが、リスクは増加します。

 

もし、自分の給与について悩んでいるのでしたら、前述の事も考えながら職場を検討してみてはどうでしょうか?

 

↓↓
なお、待遇の良い職場で働きたいと悩んでいる方はコチラの記事を参考にしてください

 

⇒介護士 オススメ紹介会社 月収30万を目指す

オススメの介護専門の紹介会社

page top