介護の仕事をしていく上でのキャリアプランの構築

介護の仕事をして行く中で目標となるキャリアプランを決めよう

 

介護職に就く上で意識して欲しい事は、将来的にどのような業務に就きたいか具体的に想像し、目標にすることです。

 

多くの職員の方が、利用者の介護だけに力を注ぐ傾向があります。

 

これは、介護職員としてはとても大切なことですが、それだけでは自身の生活の基盤を築いていく事は難しいと言っていいでしょう(扶養控除内で働くパートさんは除きます)。

 

理由は、現状の介護職員の給与水準が問題となっています。

 

施設にもよりますが、未経験・無資格の介護職員の初任給は、額面で15万円程となっています。

 

初任給ならこの程度では?と思うかもしれませんが、大学卒の初任給の平均は19万だと言うことを考えると、初任給の時点で他業界との格差が伺えるでしょう。

 

また、問題はこの初任給の給与を上げていくには、単純に経験を積めば良いというわけではないのです。

 

確かに、長年勤めれば僅かながら給与は昇給していきますが、現場の介護職員の昇給額はそれ程高くありません。

 

施設によっては、何年務めても年収が全く上がらないという事もあります。

 

では、どうすればいいのか?

 

一つの目標としては、資格を入手していくことです。

 

ただ先に言っておきますが、資格は持っているだけではそれ程意味はありません。一つの手段として使わなければ大きな意味は出ないことを注意していくださいね(資格手当を貰う事ができる資格なら取得するだけでも意味はありますが)。

 

介護の資格を活かすには

 

 

代表的なのは、介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)や介護福祉士と言った資格です。

 

特に介護福祉士は国家資格としての認められています。

 

これらの資格は持っているだけでも資格手当として給与に反映され効力を持っています。

 

施設によって違いますが、大体は介護職員初任者研修は3〜5千円、介護福祉士は1万円〜1万5千円程だと思います。

 

なお、基本的に重複しないので注意してくださいね。

 

ただ、介護福祉士を受験するにはいくつかの条件があり、その一つが介護職員初任者研修を受ける事が必須です。

 

また、介護職員初任者研修は介護職員として働く上で、受ける事が当然されれているので、受けない事がマイナスになる事もあるので必ず受けるようにしましょう。

 

(ここでは資格の詳しい説明は省くことにします。興味のある方は『介護の資格 一覧』を参考にしてみてください。)

 

介護の資格は、取得したからといって、給与に一定の資格手当が反映されるだけです。

 

ただ、その代わりに就職先が見つけやすいというメリットはあります。

 

運営する法人の施設によって、給与に差が結構あるので、もし自分が今務めている施設が明らかに給与水準が低かったり、前述したような全く給料が上がらない施設でしたら、資格と経験をを活かして、もっと優良な介護施設に転職できる可能性もあります

 

求人によっては、介護福祉士の資格を持っている方しが応募を受け付けない代わりに、待遇や環境が非常に整っている事もあります。

 

そのため、資格を入手して介護としてできる職務を広げられるようにしましょう。

 

なお、介護の資格ではないですが、施設勤務で一番待遇が向上するのは看護師の資格です。同じ施設で働いているのにも関わらず、介護だけをする介護職と比べると、看護師は場合によっては2倍以上の給与を貰っている人もいます。

 

雇われ施設長よりも、遥かに待遇が良い事もほとんどです。

 

従って、介護職から看護師を目指す人も多くいらっしゃいます。

 

他には、看護師と比べると差がありますが、相談員や介護支援専門員(ケアマネージャー)の選択もあります。

 

簡単にですが、コチラの記事に代表的な介護職員としてのキャリアプランを載せて置きますので、ぜひ参考にしてください。

 

働く介護施設は安易に決めず転職も視野に入れる

 

上記では、介護職員の初任給は一律して低いと述べましたが、介護施設は施設によって待遇の差が激しい職場になります。

 

資格を取得して経験を積んでも、なかなか昇給せずに給料が上がらない施設もあれば、逆にしっかりと給料に反映される施設もあります。

 

賞与の金額も待遇の良い施設でしたら3ヶ月〜4ヶ月分でるので年収も大幅に上がります。

 

施設の運営が順調で、職員に利益が還元されているのでしたら、介護職員として15年〜20年の経歴があれば年収500万〜600万円に届きます。

 

逆に運営が上手く行っていなかったり、利益を社員に還元しないようなブラック企業ですと、いくら働いても給料は上がりません。そのため、場合によっては転職も選択肢に入れる必要がある事を知っておきましょう。

 

もし、今の職場よりも待遇の良い介護施設に転職する事を検討しているのでしたら下記の記事を参考にして頂ければ幸いです。

 

⇒高年収・高時給を目指せる介護士の職場を探す方法

オススメの介護専門の紹介会社


 
TOP 転職の悩み 資格 悩み・相談 転職サイト