介護職のパートでもボーナスを貰うことができるのか

介護職のパートでもボーナスを貰うことができるのか

 

介護職のパートでボーナスを貰える事は全体的に少ない傾向がありますが、寸志としてボーナスを支払っている介護施設も少なからずあります。

 

私が勤めていた介護施設は、フルタイムで働いたパートの介護職員・相談員に限ってボーナスを支払っていました。

 

金額は正社員と比べて少なく、前述したように寸志(数万円程度)になりますが、それでもパート職員にとっては大きなモチベーションになります。

 

また、寸志といっても1週間分程度の賃金が貰えるというのは、パートとして働いている側にとっては非常に大きな金額と言えます。

 

ボーナスを貰う上で注意する事

パートでもボーナスを貰えるのは嬉しいことですが、一方で注意すべきこともあります。

 

その一つが、扶養控除の範囲内で働いている人になります。

 

ボーナスを貰う事で、扶養控除の範囲外になると、その範囲外の金額によっては損することになる場合もあります。

 

そのため、ボーナスが貰える場合は、施設長と相談して、シフトの調整もして貰うことを忘れないようにして下さい。

 

ただ、扶養控除の範囲内で働いた場合は、ボーナスが貰える勤務日数を満たしていないことが多いので、それ程心配することは無いと思います…が一応気にして置くと良いと思います。

 

ボーナスの有無だけで施設は決めるべきか

パートに対してもボーナスを支払うぐらいだから働きやすい職場なんだろうと思う人もいらっしゃると思います。

 

ただ、個人的には、そこまで重視して選ぶ必要は無いと思っています。

 

前述した要に、パートがボーナスを貰うためには、出勤回数に条件が付いている事が多いですし、扶養控除の範囲内で働く場合は、それ程大きな影響を与えません。

 

また、私が働いていたパートにも支給される介護施設は、待遇が悪かったわけではありませんが、それ程働きやすい…という訳でもなかったです。

 

むしろ、パートでもボーナスが貰える人と貰えない人とで別れるので、「何で自分は貰えないんだ」とトラブルになることもありました。

 

寸志程度といっても、やはりパート内でボーナスが貰える人と貰えない人が出ると、施設によりますが、空気が悪くなることもあります。

 

そのため、フルタイムでガッツリで働きたいと思っている人以外は、それ程ボーナスに関しては気にする必要も無い…と個人的には思います。

 

それよりも、時給の金額やパートの有給休暇の使用しやすい環境かどうかの方が大切だと思います。

 

ボーナスに捕らわれて、他の働きやすい項目に関して盲目にならないようにしましょう。

 

紹介会社などを利用して施設の情報を調べて置く

ボーナス支給の条件や有給休暇の使用がしやすいなどは、求人からでは明確になりませんし、面接でも聞きにくいと思います。

 

そのため、介護専門の紹介会社に登録して、キャリアコンサルタントに求人からでは分からない気になる点に関して詳しく聞いても良いと思います。

 

自分で職場の詳しい情報を調べるのは難しいですし、真偽の確認もできないので、信頼できる紹介会社を利用して、就職する前に不安な点を潰すようにしましょう。

 

⇒介護専門転職サイト

オススメの介護専門の紹介会社

page top