介護職のパートがキャリアアップするには

介護職のパートがキャリアアップするには

 

パートでキャリアアップと聞いてもピンと来ない人もいらっしゃるかもしれませんが、介護でしたらパートという雇用形態のまま、時給を上げるためのキャリアアップをする事は可能です。

 

もちろん、仕事内容も変わりますし、資格の取得も必要になるので、簡単と言う訳ではありません。

 

ただ、一度経験を積めば、他の施設でも活かすことができるので、職場を移動したから時給が大幅に下がるような事を防ぐ事ができます。

 

介護職のキャリアアップ先とは

 

・介護福祉士
・生活相談員
・ケアマネージャー

 

全てでは無いですが、主に上記の3つになります。介護リーダーなども施設によっては、パートが就ける可能性がありますが、基本的には正社員が就くことが多いです。

 

そのため、パートでも就ける介護職のキャリアアップ先としては、介護福祉士、生活相談員、ケアマネジャーになります。

 

介護福祉士

介護福祉士は、資格になるのでキャリアアップとは少し違いますが、施設によっては介護福祉士の資格を持っている職員と持っていない職員とで待遇を大きく変える場合もあります。

 

また、優良な介護施設によっては、介護福祉士の資格を持っている人だけを求人で募集にかけることもあります。

 

逆に介護福祉士でもそれ程優遇しないこともありますが、それだったら上記したような、介護福祉士の資格を持っている人を優遇する施設に転職することを考えても良いと思います。

 

介護福祉士の資格を取得するには、最低でも3年程の実務経験が必要になりますが、長期的に介護職として働いていくなら取得して損の無い資格と言えます。

 

⇒パートでも介護福祉士の資格を取得するべきか

 

生活相談員

デイサービスなどでは、必ず雇う必要のある職種になります。

 

そのため、現場の介護職員よりも高い時給設定になる事が多いです。

 

生活相談員として働くには、条件がありますが、自治体によっても変わって来るので、ここでの詳しい説明を省きます。

 

ただ、多くの自治体にある条件としては、介護福祉士やケアマネージャーの資格を取得している、老人福祉施設で施設長として働いた経験があるなどになります。

 

他にも、自治体関係なく認められている条件としては、社会福祉士、精神保健福祉士、社会福祉主事任用資格になりますが、こちらに関しては条件が特殊ですし、すぐに取得できる訳ではないので、現実的ではないかもしれません。

 

生活相談員の仕事は内容は、利用者家族との対応やケア記録の作成といった施設の窓口的な立場と事務の仕事になります。

 

ただ、現場の仕事も全くなくなる訳ではないので、忙しさでは激務になりがちなので注意は必要です。

 

ケアマネージャー

正式名称は介護支援専門員と言いますが、ケアマネージャーと呼ばれる事の方が多いです。

 

ケアマネージャーの仕事は、利用者のケアプランの作成や介護認定申請代行、モニタリングなどになります。

 

施設勤務の場合ですと、入居者が少なければケアマネージャーの専門の仕事だけではなく、現場の仕事をする事もあります。

 

逆に入居者の多し施設の場合は、専門の書類仕事だけの場合もあります。

 

時給は看護師程ではないですが、介護福祉士よりも時給が高い事も多いです。

 

なお、ケアマネージャーの資格を取得するには、医療・福祉系の国家資格を取得して5年の実務経験があるか、または老人福祉施設や在宅介護サービス業に5〜10年従事する必要があります(細かい規定は省きます)。

 

介護福祉士よりも取得条件も試験内容も難しいですが、ケアマネージャーの仕事に興味があるのでしたら、目指しても良いと思います。

 

⇒介護支援専門員(ケアマネジャー)の資格取得方法

 

一つの介護施設でキャリアアップをして行く事を考えない

ケアマネージャー、相談員、そして介護福祉士…介護福祉は前述したように資格になりますが、それでも評価してくれる施設はあります。

 

そして、ケアマネージャーや相談員の場合は、既にポストが空いていないのでしたら、資格を持っていても就くことができません。

 

そのため、必要なら転職も考える必要があります。

 

介護業界は、同業他社の転職でしたら、経験とスキル、そして資格を評価して貰いやすいので、ブラックな介護施設でなければ、時給が大幅に下がる事は少ないですし、逆に上がることもあります。

 

人手不足が深刻な介護業界は、仕事の幅が広い介護職員は重宝されます。

 

そのため、キャリアアップを目指すのと同時に、自分の能力に見合った職場で働くことを忘れないようにしてください。

 

⇒介護業界のホワイト企業に転職する方法

オススメの介護専門の紹介会社

page top