介護職のパートから正社員になれるか

介護職のパートから正社員へ

 

現在介護職のパートをしている人の中で、正社員に雇用形態を変えたいと思っている人も少なからずいらっしゃると思います。

 

特にフルタイムで働いている人の場合は、勤務時間や仕事内容がそれ程変わらないのに、給料・福利厚生、そして賞与の有無が変わることに不満を持っている人もいらっしゃると思います。

 

もちろん、正社員になるとパートよりも責任が増えますし、パートからでは分からない不満点も出てきますが、給料面の安定面ではやはり正社員の方が良いと言えます。

 

パートから正社員になった場合のメリットとデメリット

パートから正社員になる場合のメリットに目が行きがちですが、デメリットにも目を向けた上で、後で後悔しないようにしましょう。

 

パートから正社員に雇用形態を変えるメリット

 

・給料が安定する
・福利厚生が充実する
・賞与を貰う事ができる
・出世する選択肢を選ぶ事ができる

 

主なメリットとしては上記になります。

 

資格手当なども時給加算ではなく、固定給として支払われるようになるので、介護福祉士の資格を持っていれば、1万〜1万5千程の手当が出るようになると思います。

 

また、パートですと他のシフトの兼ね合いもあるので、シフトに思ったように入れず、給料が減ることもありますが、正社員になればそのような事はないので安定しやすいです。

 

介護リーダー・介護主任といった役職のある職種にも希望すれば就ける可能性が出てきます。

 

パートから正社員に雇用形態を変えるデメリット

 

・責任が重くなる
・残業が増える可能性がある
・出世の打診がくるようになる
・強制参加の研修がある可能性
・シフトの融通が悪くなる

 

デメリットとしては、主に上記になります。

 

一番最初に上げている「責任が重くなる」が全てを表していると言えます。

 

残業も必要なら断る事はできませんし(サービス残業や度を越した残業は除きます)、シフトの休みもパートの人が優先されやすい傾向があります。

 

また、正社員になると、介護リーダーなどの打診がくるようになります。断る事も可能な場合もありますが、他にできる人がいないと嫌でもせざるを得ません。

 

他にも介護施設の運営会社が、開催する研修などにも参加する義務などが出ることもあります。

 

そのため、パートの時と比べると、仕事に対して責任と義務が発生するケースが増える言えます。

 

責任と義務を仕事のやりがいとったポジティブに見る事も出来ますが、パートといった立場で働いていた人の中には煩わしく感じる人も少なからずいらっしゃいます。実際に、正社員からパートに雇用形態に戻す人もいます。

 

そのため、メリットだけではなくデメリットにも目を向けることを忘れないようにしてください。

 

パートから正社員になるのは難しいか

同じ職場から正社員になる場合は、施設長・管理者に相談することになります。

 

難しかどうかは、施設の状況によるので何とも言えません。

 

ただ、施設側としても安定してシフトに入ってくれる正社員に雇用形態を変えてくれた方がメリットが大きいです。

 

逆に正社員の雇用を断る場合は、正社員として雇用する余裕がない運営状況である可能性があります。

 

そのため、今働いている介護施設に固執する事なく、一度他の介護施設で正社員として働くことも検討してみてください。

 

選択肢を狭める程に、正社員にはなりにくいですし、待遇が悪いにも関わらず気づけない危険性が出てきます。

 

なお、転職が失敗に終わるリスクを下げたいのでしたら、介護業界に特化した紹介会社利用しましょう。

 

あなたの希望に近い求人を厳選して紹介してくれので、効率良く正社員・パートとして働ける職場に転職できると思いますよ。

 

⇒介護専門転職サイト

オススメの介護専門の紹介会社

page top