介護職と看護師の複雑な人間関係の悩みとは

介護職と看護師の複雑な人間関係の悩みについて

 

 

介護施設の人間関係の悩みとして、介護職員同士のイジメや派閥によるトラブルも多いですが、一方で介護職員同士だけではなく、介護職員と看護職員とのトラブルの話も頻繁に聞きます。

 

トラブルの原因は様々で、片方に明らかに問題があることもあれば、お互いに仕事の内容等を理解していないことで生じるズレなども挙げられます。

 

ただ、事前に述べておきたいことは、介護職員と看護職員ともに、残念ながら少数の性格等に問題のある方はいらっしゃいますが、全ての職員が問題のある方という訳ではない事を忘れないで欲しいです。

 

当然の話だと思う方もいらっしゃると思いますが、人によって転職しても人間関係のトラブルに悩まされて、看護職員、または介護職員に何も期待しないようになったと述べる方もいらっしゃいます。

 

そのような心情になる原因があったと思うのですが、そのような先入観を持たないようにして頂ければ幸いです。

 

自分の方が偉いと振舞う

看護師の方に多いと思いがちですが、実は介護職員にも多かったります。

 

看護師の方の場合は、病院で介護の仕事もすることがあり、人によってはヘルパー2級の資格や介護福祉士の資格まで持っている方もいらっしゃいます。

 

そのため、偉そうに振舞うパターンにも大雑把に2種類いらっしゃいます。

 

一つは、単純に看護師という立場から優越感に浸っているパターンです。

 

介護の仕事のサポートもしないことが多く、態度も大きいので介護職員の方に嫌われ、トラブルの種になりやすいです。

 

もう一つのパターンとしては、介護の仕事も一般の介護職員の方よりも理解できているため、つい命令口調になってしまう方がいらっしゃいます。

 

看護の仕事も、介護の仕事にも積極的で施設としては助かる反面、介護職員としては介護の仕事に対しても命令されると劣等感を持ってしまう事があるようです。

 

また、介護職員の方は看護の仕事について全く分からないのも理由の一つかもしれません。

 

そして、介護職員の方が看護師のに偉そうに振舞うこともあります。

 

特に、自称ベテラン介護職員の方に多く、看護師の指示よりも、自分の経験を優先してしまい、看護師が利用者の入浴を留めても入浴させてしまったりすることもあります。

 

看護師としては、利用者に何かあったら自分が責任をとる必要もあるので落ち着いて働くこともできません。また、介護施設は介護職員の方が多いため、派閥で看護師のイジメをすることもあります。

 

聞いているだけで気が滅入る話ですが、実際にあった話になります。

 

もし、このような施設にいらっしゃるのでしたら一度転職した方が良いかもしれません。

 

看護師との給料差

看護師と介護職員との給料差は、結構あります。時給の場合ですと、未経験の介護職員と看護師の場合は、時給に倍近くの差がでることもあります。

 

また、看護師の方は介護の仕事を理解している方が結構いらっしゃいますが、一方で介護職員の方で看護職員の仕事を知っている方は極少数になります。

 

そのため、介護職員によっては、「看護職員の仕事よりも自分達の仕事の方が忙しいのに、給料に差があり過ぎる」と不満を持つ方もいらっしゃいます。

 

介護施設と病院との差を理解していない看護職員

介護施設と病院の役割は全く違います。

 

介護施設は、当然ですが介護を中心としたサービスを利用者に提供します。そのため、看護職員も時間が空いたら介護職員の介護の仕事のサポートをすることが求められます。

 

病院では、大なり小なり看護師の方が指示を出し、立場が上になりがちですが、介護施設では上下関係はありません。

 

時々看護職員の方で、その違いを理解せずに、介護の仕事をしなかったり、命令口調で話す方がいらっしゃいます。そして、大抵は悪気がありません。

 

もし、そのような看護職員がいらっしゃるのでしたら、施設長等に相談して、口調や仕事体制などを治して貰うようにお願いするといいでしょう。

 

もし、治らなければ…ある程度でしたら耐える以外は方法がありません。ただ、施設に関して、他にも不満があるのでしたら、転職を考えても良いかもしれません。

 

⇒介護専門転職サイト

オススメの介護専門の紹介会社


 
TOP 転職の悩み 資格 悩み・相談 転職サイト