介護職の仕事量が多すぎて辛い

介護職の仕事量が多すぎて日々を辛く感じる

 

介護職の仕事をしている人の中には、仕事量の多さから働くのが辛くなってしまっている人もいらっしゃると思います。

 

介護職員の仕事は、働く介護施設によっても仕事量や内容は変わってきますが、基本的には楽ということはありません。

 

対人関係の仕事な上に、利用者の高齢者の中には重度の認知症の方から寝たきりの高齢者の人まで幅広いので、精神面でも体力面でも消耗が激しい職場で働く事になる場合もあります。

 

そのような仕事環境の中で、時間を掛けて仕事に慣れて、余裕を持って利用者に介護サービスを提供できる介護士になって行く必要があります。

 

しかし、未経験者の人だったり、介護の仕事にある程度慣れてきた人ですと、常に全力で頑張ってしまって、仕事量も増えて体調を壊していまったり、精神的に参ってしまう人も少なくので、働き方は大切と言えます。

 

自分の体に負担の掛からない介護の方法学ぶ

 

 

身体介護に関しては、寝たきりの人をベッドに移したり、車椅子に移動させ際に腰を痛めることが少なくありませんし、職業病になってしまっている人もいらっしゃいます。

 

一方でそのような問題があるという事は、腰といった箇所に負担をできる限り与えない介護の方法も考えられていますし、長期的に、そして元気に働けているベテランの人などは身に着けている人が多いです。

 

ただ、自分一人で試行錯誤して覚えるのもではなく、周りから教えて貰う技術になる一方で、忙しい介護施設ですとベテランの人も気が回らなかったり、教える時間が無い事も少なくありません。

 

また、介護技術はあっても教えるのが苦手な人や疎かにする人も少なく無かったります。

 

そのため、忙しくない時に直接聞いてみたり、指導して貰えるようにお願いするとよいと思います。

 

また、大手の介護施設でしたら、定期的に研修をしてくれる事も少なくないので、積極的に参加して技術を身に着けるようしましょう。

 

後は、人手不足の介護施設入社せずに、しっかりと介護職員が揃っている職場で働く事が、体力面でも技術を磨いていく上でも大切な点と言えます。

 

話が噛み合わない・お願いを聞いてくれない利用者の対応

介護施設に入居している利用者は多様で、とても優しく会話を楽しむ事ができる人もいれば、暴言を言ったり、認知症で会話が成立しない人もいらっしゃいます。

 

そして、介護サービスをする場合は、無理やりすると虐待などに当てはまることもあるので、利用者が介護サービスを受けてくれる意思を示して応じてくれるようにお願いすることは非常に大切と言えます。

 

一方で、なかなか協力してくれない利用者も少なくありません。

 

そこを何とか了承して貰えるようにするのがプロの介護士ですが、なかなか難しいです。

 

真摯に向かい合うのも大切ですが、会話がなかなか成り立たないと難しい面もあるので、真面目な人程に頭を抱えてしまう事が多いです。

 

ただ、そこまで気負う必要もありません。

 

ベテランの介護職員の人に頼んで、ご機嫌の取り方や、あしらい方だなどを教えて貰ったり、実際に介護の方法を見て覚えるようにしましょう。

 

何でもかんでも自分に抱える込むこのではなく、周りに協力して貰う事を躊躇わないようにしましょう。

 

介護の仕事は他の介護職員との協力も必要不可欠です。

 

もし、協力して貰えないような介護施設なら、その職場を変えないと続けられないと思った方が良いかもしれません。

 

仕事量が多すぎるなら職場を変える事も考える

 

 

人手不足の介護施設だとやはり個人の負担が重くなり仕事量も増えるので、残業が多かったり、なかなか休めないような状態が続いているなら、他の介護施設に転職する事も検討するとよいと思います。

 

また、介護施設の種類を考えるのも良いと思います。

 

仕事量が一番多い施設としては、やはり入居者が多い特別養護老人ホームになります。

 

逆に、介護の仕事が少ないのは、要介護度が低いグループホームなどになります。

 

有料老人ホームに関しては、運営している企業の方針によって忙しさは変わってきますが、人手が不足していなく、重度の認知症の人を積極的に受け入れているといったことが無ければ比較的に働きやすい事が多いようです。

 

介護施設に関しては、介護の仕事 職場を変えたいと思ったらで詳しく説明しているので、参考にして頂ければ幸いです。

 

適度に力を抜く事も大切

これは介護職の仕事に限った話ではありませんが、仕事の内容に合わせて適度に力を抜く事も大切です。

 

常に100%の力を使っていては、体が持たなくなることも少なくありません。

 

また、人間関係の関わり方にも気を配り過ぎて、貧乏くじばかり引かないようにしましょう。

 

必要な有休休暇を使うべきですし、サービス残業などを無理にする必要もありません。

 

仕事をする上で協力は大切ですが、自分がする必要のない仕事や明らかに仕事量を増やされているのでしたら、断ることも時には大切です。

 

上司が無理な仕事量を課そうとして、断られたら人間関係が悪くなるような職場でしたら、何度も言うように他の職場に移った方が良いです。

 

きっと、もっとあなたを大切にしてくれる介護施設があると思います。

 

逆に無理な仕事量を笑顔で引き受けていると、『便利な人』と思われてしまう可能性もあるので注意しましょう。

 

⇒介護業界のホワイト企業に転職する方法

 

出世したら仕事はさらに増えるのか

現場の介護職員から介護主任や施設長になった更に仕事が増えるのではないかと不安に思う人もいらっしゃると思います。

 

結論から言えば仕事は増えます。

 

待遇面では向上しますが、人の上に立つ役職になるので、マネジメントや重要な事務書類の処理、会議の参加、利用者家族や市や県の人の面談…仕事は幅広くなります。

 

介護主任の場合は、現場の指揮が主になりますが、施設長になると上記のような介護施設をする運営する上での重要な仕事が多くなると、責任も増えます。

 

一方で現場の仕事をする余裕がなくなるので、人を育てて行く環境を作ることは非常に大切と言えます。

 

仕事は大変ですが、家族を養っていく必要のある立場でしたら、やはり出世して行く事が求められるので、目指すべき役職と言えます。

 

また、人の管理ができる人は、介護業界内でも貴重な人材になるので、好待遇で転職できる機会も増えるので、将来的にずっと介護業界で働いて行くなら出世を考えて行くべきと言えます。

オススメの介護専門の紹介会社

page top