楽しく介護職の仕事をする方法とは

楽しく介護職の仕事をする方法

 

 

介護職の仕事を楽しく感じないと思いながら働いている人は少なからずいらっしゃると思います。

 

仕事に対する価値観は人によって様々で、仕事をお金を稼ぐ手段とだけ考えて働く人もいれば、仕事も人生を楽しむための大切な要因の一つとして考えている人もいらっしゃいます。

 

どちらが間違っている訳でもありません。

 

ただ、介護のような社会貢献性の高い仕事をするのでしたら、出来れば仕事を楽しみながら仕事をやりたいというのが現場で働く介護職員の本音ではないでしょうか?

 

やりがいを楽しさと考えることができるか

介護の仕事を楽しむ上で大切なことは、やりがいを楽しみに繋げる事ができるかどうかと言えます。

 

そして、介護職員の方が感じるやりがいとしては

 

・利用者が自分の特別視してくれる
・感謝してくれる
・自分が辞める時、または利用者が他の介護施設に移る時に、利用者が泣いてくれる
・利用者の楽しむ姿を見て一緒に楽しむことができる

 

上記のような点を述べる人が多いです。

 

やりがいを楽しみと感じられる点に関しては、人によっても変わってきますし、実際に体験しないと実感できないと言えます。

 

そのため、もし介護職の仕事に楽しみを感じることができないのでしたら、上記の点を意識して働いてみるのも良いと思います。

 

利用者が自分の介護を特別視して感謝してくれる

 

 

介護をしてくれるなら誰でも良い…と思われてしまうと、やはりモチベーションは下がります。

 

しかし、一方であなたの介護だから毎日安心し、そして楽しく過ごせると感謝し貰えると、仕事にやりがいを感じるこができますし、楽しく仕事をすることができます。

 

特に訪問看護のヘルパーなどですと、1対1の介護になるので、担当のヘルパーが変る際に泣いてしまう利用者も少なくありません。

 

また、介護施設の場合はレクリエーションから食事介助、入浴介助など利用者と過ごす時間が長いので、介護を大変と感じることも多い一方で、レクリエーションを一緒に楽しめたりする機会などもあります。

 

仕事を単なる作業として捉えることが間違いと言いませんが、利用者が喜んでもらえるように目標を持って介護に取り組み、感謝されるようになれば、仕事を作業ではなく、どれだけ価値ある介護を提供していけるかと楽しみながら仕事ができるかもしれませんよ。

 

介護の仕事が楽しくないのは職場が原因かもしれません

今まで述べたやりがい等を考慮しても楽しめる気がしない、または実際に体験していても楽しいとは感じない人もいらっしゃると思います。

 

もしかしたら、あなたにとって介護の仕事が向いていない可能性もありますし、最初に述べたように仕事は楽しむものではないと割り切ってしまっている可能性もあります。

 

ただ、もう一つの可能性としては、勤めている介護施設がブラックである可能性もあります。

 

どれだけ仕事にやりがいがあっても、待遇が釣り合っていないと感じてしまっては、仕事を楽しむことはできません。

 

特に休日が極端に少なかったり、給料が少ないと、私生活を楽しむ事もできないのでしから、仕事を楽しむことなどできません。

 

また、職場の人間関係が悪かったり、イジメなどがあったりしたら、そもそも仕事を楽しむ環境が整っていないとも言えます。

 

介護のやりがいを感じることができても、職場にやりがいを感じないのでしたら、なかなか仕事を楽しくすることはできません。

 

もし、今の職場の待遇面や人間関係に不満・不安を抱えているのでしたら、仕事を楽しむことを考える前に、楽しみながら働ける環境を整えている優良な介護施設に転職する事を考えてみる事をオススメします。

 

介護施設によっては、定期的な企業負担の食事会だったり、前述したようにリフレッシュ休暇などを整えていることもあります。

 

あまり高望みし過ぎると、なかなか就職先が見つからない事もありますが、ブラック企業を回避することは慎重に就職活動をすれば十分可能な事は忘れないようしましょう。

 

⇒やりがいを感じる介護施設・事業所に転職する

オススメの介護専門の紹介会社


 
TOP 転職の悩み 資格 悩み・相談 転職サイト