介護の仕事で安定した生活を送る将来設計

介護の仕事 現場の仕事

実際に介護現場で働く職員の言葉、介護の仕事を考えている人たちにとっては貴重な意見です。
今の日本の介護の仕組みを考えると、お世辞にも充実した体勢は整えられていません。
そのため、介護職員とって重要なのは、給与や福利厚生等も大切ですが、何よりも介護の仕事にやりがいを持って働けるかどうかだと思います。
介護の現場で働く職員の方がどのように考えながら働いているのかを伝えていければと思っています。
また、今介護の仕事に就くか考えている人の参考になれば幸いだと思います。

介護の仕事 現場の仕事記事一覧

・社会貢献、人の役に立っているなどの大きな括りではなく、身近な出来ごとについて聞いてみました。よく聞くのが、入院した利用者さまが本人の意志で戻ってくることです。一度、病院に入院してしまうと、再び戻ってくる方は少なく、病院で長期入院になったり、老健に行ってしまう方が結構いらっしゃいます。そんな中で、元気になって、施設に戻って来てくださると、とても嬉しいということです。利用者様の中には、病院のベッドで...

介護施設の人間関係の悩みとして、介護職員同士のイジメや派閥によるトラブルも多いですが、一方で介護職員同士だけではなく、介護職員と看護職員とのトラブルの話も頻繁に聞きます。トラブルの原因は様々で、片方に明らかに問題があることもあれば、お互いに仕事の内容等を理解していないことで生じるズレなども挙げられます。ただ、事前に述べておきたいことは、介護職員と看護職員ともに、残念ながら少数の性格等に問題のある方...

介護の仕事をしていると、一回りが二回り年齢が違う後輩を持つことよくあります。それが、異性だったりすると余計に扱いに悩むことになります。実際に、20代の女性介護職員の下に、30代、40代の未経験者の男性介護士が来るとなると、どのように教育していけばよいのか…このような経験をする方は、多かれ少なかれいらっしゃると思います。年齢差のある後輩に対する教育上の配慮は必要か基本的には、年齢差など考えずに先輩と...

介護職の仕事を楽しく感じないと思いながら働いている人は少なからずいらっしゃると思います。仕事に対する価値観は人によって様々で、仕事をお金を稼ぐ手段とだけ考えて働く人もいれば、仕事も人生を楽しむための大切な要因の一つとして考えている人もいらっしゃいます。どちらが間違っている訳でもありません。ただ、介護のような社会貢献性の高い仕事をするのでしたら、出来れば仕事を楽しみながら仕事をやりたいというのが現場...

介護職の仕事をしている人の中には、仕事量の多さから働くのが辛くなってしまっている人もいらっしゃると思います。介護職員の仕事は、働く介護施設によっても仕事量や内容は変わってきますが、基本的には楽ということはありません。対人関係の仕事な上に、利用者の高齢者の中には重度の認知症の方から寝たきりの高齢者の人まで幅広いので、精神面でも体力面でも消耗が激しい職場で働く事になる場合もあります。そのような仕事環境...

オススメの介護専門の紹介会社

page top