親の介護の経験から介護職に就くことはできるのか

親の介護の経験から介護職に就くことはできるのか

 

もし、親の介護で忙しくて、あまり社会に出た事が無く、これから親の介護を切っ掛けに介護業界に就職する事を考えているのでしたら、一つの選択肢と検討しても良いと思います。

 

介護職自体は、未経験者・無資格でも挑戦できる職種になりますし、親の介護の経験があるなら少なからず活かすことが出来ると思います。

 

ただ、親の介護ができたからといって、介護職員として余裕を持って働けるかと言われると、そのような訳でもないので注意してください。

 

むしろ、思っていた仕事とのギャップで早期に辞める人も少なからずいらっしゃいます。

 

ギャップを発生させないために覚悟するべきこと

 

まず、親の介護と見ず知らずの人を介護するとでは、介護に対する姿勢はやはり無意識に変わってきます。

 

個人差もありますが、親の排泄介助や入浴介助に関しては嫌悪感は感じなくても、見ず知らずの人となると嫌悪感を感じる人もいらっしゃいます。

 

この辺りは、未経験者なら仕事を始めた当初は必ず感じる部分で、仕事に慣れて行く内に何も感じなくなりますが、事前に親の介護などをしていると、嫌悪感を感じることに大きなショックを受ける事もあります。

 

また、介護施設は親の介護のように1対1の介護ではなく、複数の利用者に対して効率よく介護サービスを提供して行く必要がありますし、介護職員のお願いをなかなか聞いてくれないこともあります。

 

ただ、お金を貰って働いているので、親の介護のように妥協をすることもできません。

 

そのため、親の介護の経験を活かせなくはないですが、介護職員の仕事にトレースできるわけではありませんし、人によっては足を引っ張ることもある点を忘れないようにしてください。

 

親の介護をしながら働くことできるか

 

 

まだ、親の介護が継続している中で、介護業界なら親の介護の理解があるのでは…と思って、介護業界の就職を考えているのなら、正社員として働くことはオススメしません。

 

残念ながら、介護業界も他の業界と同様に、正社員として働きながら、介護をする事は難しいです。

 

現場の介護職員なら残業も少ないですが、それだけとも言えます。

 

介護施設は、職員を規定人数シフトに入って貰う必要があるので、それ程簡単に休む事はできません。

 

パートや派遣社員でしたら、午前中だけ、午後だけといった働き方もできますが、正社員の場合は当然ですが8時間の勤務はする必要がありますし、夜勤が求められることもあります。

 

出世して役職を持てば、残業も増えます。

 

人手不足の業界なので、就職自体は難しくないですが、介護をしている人に理解がある…と言う訳ではないです。

 

ただ、前述したように人不足なため、パートや派遣なら柔軟に対応してくれるので、最初は非正規として働いてみるのは良いと思います。

 

介護施設なのは、職員の親の介護に理解がないのか…と思うかもしれませんが、残念ながら介護施設や事業所が提供する介護は「ビジネス」になりますし、競争率の激しい点と人手不足の点を考えると、職員の介護に理解を示して貰える体制を整えている職場は少ないと言えます。

 

就職先を探す場合の注意点

 

 

ハローワークや転職サイトで探すのはオススメしません。詳しくは介護職員への転職では紹介会社とハローワークどちらを使うべきかでも述べていますが、介護職としての職場を探しているのでしたら、介護専門の紹介会社を利用してください。

 

担当のスタッフが、あなたの希望や働き方などを聞いた上で、応募できる求人の中から希望に合う求人を厳選して紹介してくれます。

 

ハローワークや一般の転職サイトには掲載されていない求人も多数あつかっていますし、何よりも一人で就職活動する必要がありません。

 

就職する前の不安や悩み、疑問を気軽に担当のスタッフに相談する事ができますし、答えを自分で探さなくても教えて貰う事ができます。

 

もし、親の介護をしているのでしたら、少しでも理解のある職場が無いか尋ねてみても、紹介して貰っても良いと思います。

 

利用する上でお金が掛かる事も無いので、上手く利用して、長期的に働ける職場を探してみてください。

 

<未経験者でも利用できる介護専門の紹介会社>

 

⇒未経験・無資格で介護職に転職する時の職場選び

オススメの介護専門の紹介会社

page top