残業のない介護施設の探し方

残業のない介護施設の探し方

 

この記事を見ている方の多くは、介護施設の残業に嫌気が差している人や、残業がなければ育児や家事と両立しながら介護職として働き始めたい、または復帰したい人になると思います。

 

一般的に介護の仕事となると給料が安く、仕事内容もきついというイメージが強いと思います。そのため、残業も多いイメージを持っている方や実際に残業が常態化している職場で働いている介護職員の方も多いです。

 

しかし、実は介護職員の半数近くは残業せずに帰宅できているアンケート結果もあります。

 

この半数を少ないと感じるか多く感じるかは人によっても変わって来ると思いますが、残業のない介護施設で働く事は自体は可能である事は分かると思います。

 

ただ、注意点としては正社員として施設長や介護主任といった役職に就いている場合は本社とのやり取りもあるので、パートの方や現場の仕事のみをする社員の方が帰宅した後も残業する事が求められる場合多いの注意して下さい。

 

人手不足が進む介護施設で働かない

 

介護業界は人手不足とされていますが、体力のある介護職員にとって働きやすい介護施設は、優秀な介護職員を集めるために給料・時給を高めに設定したり、休日が取りやすい環境を整えています。

 

人を集める事ができれば、育児との両立ができるように、現場で働く介護職員の方が残業しないようにシフトを柔軟にすることもできます。

 

一方で、そのような介護職員を集める事ができないような体力のない介護施設ですと、人手不足は加速する一方ですし、改善する体力もなりので介護職員一人一人の負担が重くなるだけになります。

 

辛い状況でも介護士として利用者を支えたいと思っている方もいらっしゃいますが、体力のない介護施設で働いていても結局は倒産したり、疲労から体を壊す可能性もあります。

 

だったら、待遇が良く、残業が少なく働きやすい介護施設で長期的に介護職員として働き続けた方が、介護職員本人にとっても、介護業界全体をから見てもメリットが大きいと言えます。

 

介護の仕事は、社会貢献性強いですが、一方でボランティアではなく仕事になるので、自分の待遇や働き方を優先した上で、その待遇に見合うサービスを利用者に提供してはどうでしょうか?

 

訪問介護として働くのも一つの選択

介護の資格があるのでしたら、訪問介護の登録型ヘルパーとして働くのも一つの選択です。訪問介護も事業所によって待遇の良し悪しは大きく変わってきますが、基本的に訪問介護1件の所要時間は、約1時間〜1時間半程度になります。残業が起きることも少ないですし、シフトに入りたい曜日・時間帯も決めやすいので育児の両立をしながら働く方にはオススメです。

 

注意点としては、利用者が突然キャンセルすることもありますし、1日に複数件こなしたいと思っていても、利用者が少なければ希望通り働くことができないこともあります。

 

そのため、施設介護程に稼ぐことができない場合もあります。

 

ただ、扶養控除の範囲内でしたら、余程事業所の状態が悪くなければ稼ぐ事は可能だと思います。

 

優良な介護施設・事業所を探すなら紹介会社を利用する

 

絶対にオススメしないのがハローワークで求人を探すことになります。ハローワークは、無料で求人が掲載できるので、資金が無い介護施設や事業所が求人が非常に多いです。

 

一方で優良な介護施設は、ハローワークよりも介護専門の紹介会社を利用して、求人の条件に合う介護職員だけを雇うようにしています。

 

紹介会社はブラックな介護施設・事業所の求人の掲載・紹介は自社の信頼を傷つけることになるので、出来る限り扱わないように注意を払ってくれるので、待遇の悪いブラックな職場に間違って転職するリスクを大幅に減らしてくれます。

 

また、求人を紹介して貰う段階で、希望条件を述べることもできます。給料・時給の金額、住んでいる場所からの通勤時間、そして残業時間の無い職場の希望も勿論できます。

 

もし、あなたの希望する優良な介護施設に転職したいと思っているのでしたら介護専門の紹介会社を利用してみてはどうでしょうか?

 

⇒オススメの介護専門転職サイト

オススメの介護専門の紹介会社

page top