フリーターから介護職の正社員に就職する

フリーターから介護職に就職する

 

介護とは全く関係の無い業種のフリーターから介護職の正社員に転職できるのか…と悩んでいる方はいらっしゃると思います。

 

結論から言えば、未経験者・無資格の方でも介護職の正社員に転職する事は可能です。

 

ただ、介護職の仕事は給料が低い、仕事が辛いといったブラックなイメージが強いことから、正社員として働ける事を考えても躊躇する方は多いです。

 

そのため、ここではフリーターから介護職の正社員に転職する事を考えている方の疑問・不安を解消できる情報を発信したいと思います(フリータから介護職に転職する方法も記事の後半で述べています)。

 

介護士の給料は低いのか

 

 

給料に関しては地域差もあるので、全国で一律で述べる事は出来ませんが、東京都といった都市部の場合は、未経験者・無資格でしたら月給18万円程が一般的だと思います。夜勤を含めた場合でしたら、20万円〜22万円前後になると思います。

 

無資格・未経験だと、初任給で月給20万円(夜勤含めない)を超える事は難しいと思った方が良いかもしれません。

 

なお、介護士の資格である介護職員初任者研修でしたら3千円〜5千円、介護福祉士でしたら1万円〜1万円5千程の資格手当が月給に加算される事が一般的です。

 

介護職員初任者研修の資格は、未経験者でも事前に取得できるので、働き始める前に取得しておくのも良いと思います。

 

介護職の給料は、介護施設によっても差があり、ブラックな施設に就職すると酷い待遇になりますが、それは他の業界も同様です。後述しますが、正しい方法で職場を探せば、働きやすい職場に就職する事は十分可能です。

 

出世すれば給料は上がるのか

 

 

堅実な運営ができている介護施設なら、キャリアパスも整っていますし、勤続年数と役職による給料の増加も期待できます。

 

実際に、20代から働き始めて、40代で施設長になっていれば年収500万円〜600万円程稼ぐ事も難しくはありません(ブラック企業は除きます)。

 

ただ、その割には介護士の平均年収が低いのではないかと思う方もいらっしゃると思います。

 

業界の中でも介護職員の年収が低い理由としては、中途の方が多い事と、離職率が高い事が挙げられます。

 

詳しく述べると、他の業種から40代〜50代で介護業界に転職した場合は、当然ですが全く関係の業種なので給料も学生の初任給と同じ程度になります。

 

仮に勤続年数を重ねても、20代、30代前半から働いている人に追いつく事はできません。

 

そして、今まで企業間の取引をしていたり、技術職をしていたような方ですと、サービス業に近い介護の仕事に慣れることができない上に、初任給が低いことに不満を持って簡単に退職することから離職率が高い事の原因の一つにもなっています。

 

確かに、待遇の悪いブラックな介護施設や仕事の忙しさと比べると給料の水準はお世辞にも高くありませんが、一方で忍耐力が無かったり、介護の仕事を勘違いした方が多い事も離職率を押し上げています。

 

そのため、真面目にコツコツと働く覚悟があるのでしたら、高年収…とは言えませんが、サラリーマンの平均年収程度でしたら介護職でも稼ぐ事が可能です。

 

 

自分は介護の仕事に適性があるのか

 

 

まず、入社して数か月間は非常に辛い日々になると思った方がいいです。特にトレイ介助や入浴介助などは汚れ仕事も多いので肉体的にも精神的にも辛いです。

 

ただ、介護の仕事は慣れの部分もあるので、ある程度続ければ汚れ仕事に関しては気にならなくなる方が多いです。

 

しかし、介護の仕事は分類としてはサービス業に近い仕事になるので、お客様である利用者を最優先した働き方が苦手な方にはオススメできません。

 

特に認知症の高齢者の方になるとコミュニケーションを取るのも一苦労になります。そのような時に、例えイライラしても態度に出したりする事は許されません。相手を思いやる気持ち、または仕事と割り切って済ませられる姿勢が必要になります。

 

優良な介護施設に就職する方法

 

 

介護業界は、高齢化の影響もあって非常に競走が激しい業界になります。

 

そして、競争が激しい程に過剰な人件費や設備投資のコストを削減するようなブラックな介護施設が増えて行きます。そのような介護施設は、未経験に対する教育も整っていませんし、キャリアパスなども明示されていないので、勤続年数を重ねても給料が上がりません。

 

一方で介護の質を上げる事で入居者を獲得しているような、堅実な介護施設も存在します。

 

未経験者に対する教育も整っていますし、介護職員の人手不足を防ぐために長期的に働ける職場環境を整えてくれています。
フリーターから介護職員の正社員に就職するなら、後者のような優良な介護施設に就職できるように心掛けましょう。

 

ただ、自分一人で優良な介護施設を探す事は非常に難しいです。求人の情報に嘘の内容が記載されている事も多いので、ブラックな介護施設を避けて優良な介護施設に入居するには運の要素が大きすぎると言えます。

 

そのため、自分で求人を探すのではなく、信頼できる介護専門の紹介会社を利用する事をオススメします。

 

未経験者の人でも利用できる紹介会社

介護専門求人サイト?かいご畑?

 

かいご畑という介護専門の紹介会社は、未経験者・無資格の人から経験者も利用できる珍しい紹介会社になります。

 

あなたの条件に合った求人を厳選して紹介してくれて、就職する上での相談などに応じてくれるのは勿論ですが、何よりも条件を満たせば資格の受講を0円にする事ができる点が一番の特徴になります。

 

かいご畑が運営しているニッソーネットの派遣社員として登録して、無事に就業することができれば、また受講していないのでしたら、介護職員初任者研修、実務者研修、介護福祉士の対策といった資格取得ための講義を0円で受ける事ができます。

 

そのため、フリーターから無資格で介護職員になることを考えているのでしたら、このサービスを利用すれば、0円で介護職員初任者研修の資格を取得する事も出来ます。

 

0円で受けるには条件もありますが、満たすことができるのでしたら、積極的に利用してみると良いと思います。また、受けられなくても、優良な求人を豊富扱っているので、利用して損はないと思いますよ。

 

無資格・未経験からのキャリアアップ!介護専門求人サイトかいご畑

オススメの介護専門の紹介会社

関連ページ

介護士 オススメ紹介会社 月収30万を目指す
ケアマネージャーの年収を転職で上げる方法
介護の転職  すぐに新しい転職先を決めたい方へ
介護職から看護職へ転職をできるのか
介護の仕事  40代からの転職
介護職員への転職では紹介会社とハローワークどちらを使うべきか
介護業界のホワイト企業に転職する方法
介護施設の施設長・管理者になるには
パートの介護職員の時給は少しずつ上昇している!?
介護福祉士の資格は転職で有利になる材料になるか
未経験で介護の施設長の求人に応募するか悩んでいる方へ
未経験・無資格で介護職に転職する時の職場選び
介護職として出世して行く方法と求められる能力
サービス付高齢者向け住宅の求人を選ぶ上での注意点
需要が増していく訪問介護の将来性
訪問介護 正社員の給料と将来性
訪問介護のオペレーター業務とは
介護職派遣のメリット・デメリットとは
他業界から介護職へ転職する前に知っておくべき事
介護職として復職する際の注意点とは
介護職の転職 非公開求人
ブラック企業が運営している介護施設から転職する
サービス提供責任者になると給料は上がるのか
介護施設と訪問介護 どちらが働きやすいのか
残業のない介護施設の探し方
介護職 育児と仕事を両立して働きたい
親の介護の経験から介護職に就くことはできるのか
忙しくない楽な介護施設で働きたい
介護職でも転職回数が多いと採用で不利になるのか
長年勤めた介護施設から転職
介護職として働きたいけど採用されない
辞めたい介護施設から引き止めを受けて辞められない
30代で介護職に転職するのは難しくないか

 
TOP 転職の悩み 資格 悩み・相談 転職サイト