介護施設と訪問介護 どちらが働きやすいのか

介護施設と訪問介護 働くならどちらを選ぶべきか

 

介護士が働く職場としては、大雑把に分けると介護施設と訪問介護に分ける事ができます(病院に関してコチラをどうぞ)。

 

パートや正社員によってもメリットやデメリットが変わってきますし、施設・事業所の良し悪しもあるので、どちらが働きやすいかを決めつける事はできないので、ブラック企業ではない事を前提に客観的に説明したいと思います。

 

働くための条件

介護施設の場合は、無資格・未経験からでも働く事ができます。

 

一方で訪問介護の事業所で働く場合は、介護職員初任者研修(ヘルパー2級)の資格を所持している必要があります。そのため、介護施設の職員として働き始める方が多いです。

 

また、訪問介護は資格の取得が条件になっているため、介護施設よりも教育が整っていないことが多いです。

 

そのため、未経験者で資格を持っている方で、訪問介護として働きたいのでしたら、教育体制が整っているかどうか確認した上で入社する必要があります。もちろん、介護施設の全てが教育が整っている訳ではありませんが、同じ職に他の職員がいるので、サポートを期待できます。

 

ただ、訪問介護は基本的に一人で利用者の自宅に足を運ぶことになるので、自分で仕事を進める必要があるので、周りのサポートを期待できません。そのため、事業所選びは慎重になりましょう。

 

⇒介護職員初任者研修の取得方法

 

仕事内容の忙しさ・難しさ

 

 

仕事の忙しさや難しさに関しては、人によって受け止め方は異なってきます。

 

訪問介護の場合は、周りに頼る事ができない一方で、他の介護職員と関わる事が少なくなるので、同僚との人間関係のトラブルが減ります。ただ、逆に利用者との関わりが増えます。

 

利用者との関わりが増える事を利点と取るか、それとも欠点と取るかは人によっても異なってきます。介護職員同士の関わり方も同様です。

 

仕事内容の忙しさに関しても、慣れの部分もありますし、利用者の要介護度や人柄によっても変わってきます。ただ、訪問介護の場合は、在宅で過ごせる方となるので、要介護度がそれ程重くない方が多い傾向があります。

 

また、仕事内容も掃除、買い物、料理などの生活補助が基本になるので介護スキル自体はそれ程高く求められないと言えます。ただ、時間が決まっているので、手際よく進めて行く事が求められるので、楽という訳ではやはりないです。

 

介護施設は、施設によって方針も異なってきますが、特別養護老人ホームや有料老人ホームは比較的に要介護度が重い方が多い傾向があります。また、訪問介護よりもトイレ介助や入浴介助といった汚れ仕事も多いので、慣れる前に辞めてしまう方も多いです。

 

また、多数の利用者がいるので、力仕事も多いので、体力も訪問介護よりも求められます。

 

ただ、訪問介護と異なって、他の介護職員と協力し合えるので、分からない事あれが質問する事ができますし、ミスをしてもフォローして貰う事もできます(もちろん逆もあります)。

 

シフトの柔軟性

 

 

パートとして働くのでしたら、訪問介護の方が非常に柔軟性はあります。理由としては、訪問介護の1件の仕事は1時間〜1時間半程が一般的になるので、空いている時間にシフトを入れやすくスケジュールを組みやすいです。
また、急用で出勤できなくても、穴埋めが見つかりやすいという利点もあります。

 

ただ、訪問介護の仕事と仕事の合間に空白時間できることもあるので、介護施設よりも不効率になりやすいです。なお、訪問介護は基本的に時給制ではなく、1件ごとに報酬が支払われる事が多いです。

 

介護施設は、時短勤務などもできますが、やはり訪問介護よりも束縛されやすいです。他の介護職員と一緒に働くことになるので、お互いにシフトの融通はし合う事が求められますし、施設側も職員が足りないと運営できないので、多少の無理は求められます。

 

ただ、訪問介護と違って、利用者宅間の移動時間は発生しないという利点はあります。

 

どちらの方が稼ぐ事ができるのか

 

 

基本的には、シフト形態を考えると介護施設の方が稼ぎやすいです。ただ。パートの方で扶養控除の範囲までしか働かないのでしたら、どちらを選んでも、ギリギリまで稼ぐ事は可能です(地域や経験年数によっても変わってきます)。

 

介護施設、訪問介護の事業所共に、面接の段階で扶養控除の範囲以上は働かないと約束していれば、基本的には、シフトを調整してくれますし、もし約束しているのに超えそうなら、勤務を拒否しても良いと思います。

 

なお、正社員として働く事を前提にするなら、介護施設で働くことをオススメします。
理由としては、介護主任や施設長といった出世先があるので、事業所よりも給料を上げやすいです。

 

訪問介護の事業所の場合は、そもそも社員を雇う数が少ないですし、出世先もサービス提供責任者になるので、ポストは少ないですし、それ程給料も上がらない事が多いです(サービス付高齢者向け住宅などを経営しているような大規模な事業所の場合は別です)。

 

もちろん、施設・事業所ごとに規模も異なって来るので、一概に決める事はできないので、あくまでも参考の一つと思ってください。

 

もし、優良な介護施設・事業所を探しているのでしたら、介護専門の紹介会社を活用して探す事をオススメします。

 

⇒オススメの介護専門の紹介会社一覧

オススメの介護専門の紹介会社

page top