介護職として出世して行く方法と求められる能力

介護職として出世して行く方法

 

 

介護職の給料を上げて行くキャリアステップとしては、施設・事業所内で出世していく手段や、ケアマネジャーなどの専門職となる方法があります。そして、正社員として出世していく事を考えるのでしたら、ただ何となく現場で働き続けているだけでは難しい可能性があります。

 

※ケアマネジャーに関して興味がある方は介護支援専門員(ケアマネジャー)の資格取得方法で詳しく述べているので参考にして頂ければ幸いです。

 

介護職として出世するのに必要な能力

・高い介護スキル
・マネジメント能力
・資格
・教育能力

 

介護職として出世して、給料を上げて行く事を考えるのでしたら、上記の4つの能力の向上を考えながら、長期的な視野を持ってキャリアプランを考える必要があります。

 

介護職として出世していく上で、何が大切なのかと考えて最初に思い浮かぶのが「介護スキル」だと思います。

 

ただ、残念ながら介護スキルを高めるだけでは、出世して行くのは難しいです。相談員や介護主任、そして施設長・エリアマネージャーなどに出世していくのでしたら、現場の介護スキルだけでは足りません。

 

相談員になる場合は、一定の資格を満たす必要があります(詳しくは「介護の職種を把握し、キャリアプランを立てましょう」をどうぞ)し、介護主任や施設長になるのでしたら、人を扱うマネジメント能力も必要になります。

 

簡単に言えば、他の介護職員に指示を出せる能力になります。

 

人に指示を出す立場は、一歩間違うと現場の介護職員に嫌われたり、不信を買う事もあります。そのため、現場の介護職員よりも高い介護スキル・知識、そして信頼を寄せられる人柄が大切になります。

 

万が一現場の介護職員が介護主任や施設長を信頼できなくなると、職場が崩壊する可能性もあります。

 

また、マネジメント能力程の優先順位ではありませんが、介護福祉士の資格も取得しておくと良いでしょう。介護福祉士は、ベテランの介護士としての一つの証明でもあるので、周りの評価も変わりやすいです。そして何よりも資格手当が貰えるので、待遇にも直接的な影響を及ぼします。

 

⇒介護福祉士の取得方法

 

なお、最後の教育能力とは、新人介護職員の教育になります。人手不足になりがちな介護業界におて、離職率を抑えて新人の教育をするのは至上命題とも言えます。出世していく上でも重要ですが、職場の負担を将来的に軽くする点においても重要と言えます。

 

一番大切なのは他の介護職員に信頼される事

 

 

介護主任や施設長に出世する上で一番大切なのは、他の介護職員に信頼される事です。

 

介護スキルや資格、教育能力などは、信頼を得るための一つの手段とも言えます。そのため、介護職員同士のコミュニケーションを疎かにする事は止めるようにしましょう。

 

介護の仕事のみに集中したいという気持ちも分かりますが、長期的に介護職として働き続ける事を考えるのでしたら、結果的に他の介護職員と良好な人間関係を構築できる能力は必ずあなたの仕事の負担を減らし、待遇の向上に繋がるはずです。

 

施設長やエリアマネージャーなどに求められる介護外の能力

施設長やエリアマネージャーまで出世できた後に求められる能力は、現場の仕事よりも、介護の適切に運営される事能力になります。

 

前述した、良好な人間関係が構築された施設を作るのは勿論の事、相談員と一緒に入居者の獲得を目指す事も大切になります。そのため、営業能力なども求められるようになってきます。

 

ただ、この営業能力などは、働きながら少しずつ磨いていけば良いと思います。堅実な施設に入社していれば、施設名のブランド力や見学時の対応などで、ある程度利用者家族の信頼を得る事も出来ます。

 

施設長やエリアマネージャーになって、0から積み上げる能力という訳ではないので安心してください。ただ、事務処理の仕事なども増えるので、学ぶ事は増えるかもしれません。

 

出世していく職場慎重に選ぶ

 

 

出世していく上で大切なのは、働き続ける職場を慎重に選ぶことです。ブラックな介護施設で働いていると、例え出世しても責任だけ増えて、待遇が改善されません。ブラックではなくても、施設の運営が上手く行っていないと給料の増加は難しいと言えます。

 

また、介護主任や施設長になっても、他の業界同様に年齢給による昇給の積み上げなどもないと給料も思ったように上がりません。

 

そのため、長期的に働き続ける事ができる介護施設や事業所で出世を目指すようにしましょう。

 

なお、既に介護主任や施設長で、思ったように給料が上がらずに、施設に不信を持っているなら転職を考えて見る事をオススメします。介護主任や施設長などの経験を持つ方は重宝されやすいので、ブラックな職場から転職すれば大幅に給料が上がる可能性もあります。

 

⇒介護の仕事 好条件の職場に出会うには

オススメの介護専門の紹介会社

関連ページ

介護士 オススメ紹介会社 月収30万を目指す
ケアマネージャーの年収を転職で上げる方法
介護の転職  すぐに新しい転職先を決めたい方へ
介護職から看護職へ転職をできるのか
介護の仕事  40代からの転職
介護職員への転職では紹介会社とハローワークどちらを使うべきか
介護業界のホワイト企業に転職する方法
介護施設の施設長・管理者になるには
パートの介護職員の時給は少しずつ上昇している!?
介護福祉士の資格は転職で有利になる材料になるか
未経験で介護の施設長の求人に応募するか悩んでいる方へ
未経験・無資格で介護職に転職する時の職場選び
サービス付高齢者向け住宅の求人を選ぶ上での注意点
需要が増していく訪問介護の将来性
訪問介護 正社員の給料と将来性
訪問介護のオペレーター業務とは
介護職派遣のメリット・デメリットとは
他業界から介護職へ転職する前に知っておくべき事
介護職として復職する際の注意点とは
介護職の転職 非公開求人
ブラック企業が運営している介護施設から転職する
サービス提供責任者になると給料は上がるのか
介護施設と訪問介護 どちらが働きやすいのか
フリーターから介護職の正社員に就職する
残業のない介護施設の探し方
介護職 育児と仕事を両立して働きたい
親の介護の経験から介護職に就くことはできるのか
忙しくない楽な介護施設で働きたい
介護職でも転職回数が多いと採用で不利になるのか
長年勤めた介護施設から転職
介護職として働きたいけど採用されない
辞めたい介護施設から引き止めを受けて辞められない
30代で介護職に転職するのは難しくないか

 
TOP 転職の悩み 資格 悩み・相談 転職サイト