未経験・無資格で介護職に転職する時の職場選び

未経験者・無資格で介護職に転職する時の職場選び

 

・子育てが一段落したから、空いた時間で介護の仕事を始めたい
・社会貢献できる介護職で働きたい
・職を失ったから、人手不足の介護職で早めに働きたい

介護職として働き始める理由は様々だと思いますが、未経験として介護職として就く場合は、正社員・パート・派遣に関わらずに、入社する介護施設は慎重に選ぶ必要があります。

 

※職場の選び方は記事の後半で説明します。最初は、介護職として働くか悩んでいる方のために職場のごとの説明になるので注意してください。

 

介護施設職員か訪問介護の事業所でヘルパーとして働くか

 

施設職員とヘルパーのどちらが良いか否と一概に言えませんが、ヘルパーの場合はパートの方が多い傾向があります。

 

ただ、注意点としては、訪問介護のヘルパーとして働くには、介護職員初任研修の資格が必要になるので注意してくださいね。

 

なお、介護施設で働く場合は、無資格・無経験でも働く事はできます。

 

⇒介護職員初任研修の取得方法

 

訪問介護の事業所でヘルパーとして働く

 

 

ヘルパーの場合は、主に1人で利用者宅に訪問して、ケアマネジャーが作成したケアプランに予定されている介護を時間内に提供することになります。

 

時給換算の場合もありますが、基本的には件数によって賃金が算定される事が多いです。

 

社員の場合は、訪問件数が関係ない事が多いので、パートの手が足りない時間帯のカバーをしながら働く事になると思います。

 

そのため、事業所によっても異なりますが、社員の方よりもパートのヘルパーの方の方が多い傾向が強いです。

 

なお、ヘルパーのパートとして働くメリットとしては、時間の融通が利きやすい点になります。

 

ヘルパーによる訪問介護1件の所要時間は、利用者に提供するサービスにも異なりますが、約1時間程度になります。

 

そのため、子育てをしてる方で、幼稚園や保育園から緊急の呼び出しがあっても、ある程度都合を付けやすいと言えます。

 

社員として働く場合は、将来的にサービス提供責任者としてヘルパーの方達を管理する側になれる事を目標としましょう。

 

ただ、前述したように訪問介護の事業所はヘルパーが多いので、入社する前に正社員として働けるか確認する事を忘れないようにしてくださいね。

 

介護施設で介護職として働く

 

訪問介護と異なり無資格の未経験者からでも働く事はできます。

 

そのため、未経験者として始める方の多くは、介護施設で働き始める方が多いと思います。

 

訪問介護と異なり、一つの施設で働くことになるので、分からない事があっても、他の介護職員の方にフォローして貰えるので、仕事に慣れるまでの不安は訪問介護よりも少ないかもしれません。

 

ただ、その分人間関係の悩みを抱える職員は、訪問介護よりも多い傾向があります。

 

介護施設の介護職員に求められるのは、当然介護スキルですが、それと同時に他の介護職員との連携(チームワーク)になります。そのため、良好な人間関係を構築できるように働くことも求められるので注意しましょう。

 

なお、社員とパートの数の割合は施設によって様々で、訪問介護よりも正社員として働きやすい環境です。介護施設は、人手不足が深刻なので、それ程正社員になる事に苦労する事はないと思います。

 

ただ、残業なども発生しやいというデメリットもあります。残業代を貰って稼ぎたい方は、訪問介護よりも良いかもしれませんが、訪問介護よりも時間に融通は利きにくいです。

 

ブラック企業に入社しないようにする

 

介護施設、訪問介護の事業所に問わずにブラック企業は存在します。離職率が高く、人の入れ替わりが激しい施設に入社してしまうと、未経験者に対する教育が整っておらずに、右も左も分からない状態で放置されることもあります。

 

残業をしても手当が支給されず、サービス残業とされることもあるので、間違ってもブラック企業に入社しないようにしてください。

 

理由は人によって異なりますが、せっかく介護に興味を持って介護業界に入社したのに、悪質な企業に入社してしまって、すぐに辞めてしまう方は一定数いらっしゃいます。

 

そのようにならないためにも、ブラック企業か、それとも働きやすく、教育が整っている職場か見極める事が大切です。

 

教育体制が整っている職場とは

訪問介護の場合は、一度結婚や出産を機に辞めた方が復職する方が多いです。また、訪問という労働形態から、資格があっても未経験者の方には少し不向きな点があります。

 

ただ、事業所によっては、研修をしっかりとおこない、先輩ヘルパーに同行して貰いながら、仕事を学んで行ける環境を作っている事業所もあります。

 

介護施設の場合も、ホワイトよりの職場ですと、未経験者・無資格者の方を対象にした研修や介護職員初任研修の資格取得のための補助金を出してくれることもあります。

 

 

そのため、未経験者の採用をしている実績があり、そして離職率が低いかどうかを事前に調べる事は最低限した方が良いでしょう。また、若い人が多くて、ベテランの方が少ない職場は、人の入れ替わりが多かったり、未経験者をフォローできる職員が少ないか可能性があるので注意しましょう。

 

未経験者にとって働きやすい職場の探し方

介護専門求人サイト?かいご畑?

 

かいご畑は、未経験者・無資格の人でも利用できる介護専門の紹介会社になります。

 

求人の総数は、7千件以上で、関東・関西・東海・中国・九州に対応しています。

 

かいご畑の特徴としては、条件を満たせば、介護職員初任者研修、実務者研修、介護福祉士といった資格を取得するための講座を0円で受けられる点になります。

 

0円で受けるためには、かいご畑を運営しているニッソーネットの派遣社員として登録し、就業する必要するといった条件がありますが、それでも無料で受講できるのは大きなメリットと言えます。

 

紹介して貰える職場も優良な介護施設が多いので、長期的に働く事もできます。

 

もし興味があれば、かいご畑を利用して、就職することを検討してみてはいかがでしょうか?

 

無資格・未経験からのキャリアアップ!介護専門求人サイトかいご畑

オススメの介護専門の紹介会社

関連ページ

介護士 オススメ紹介会社 月収30万を目指す
ケアマネージャーの年収を転職で上げる方法
介護の転職  すぐに新しい転職先を決めたい方へ
介護職から看護職へ転職をできるのか
介護の仕事  40代からの転職
介護職員への転職では紹介会社とハローワークどちらを使うべきか
介護業界のホワイト企業に転職する方法
介護施設の施設長・管理者になるには
パートの介護職員の時給は少しずつ上昇している!?
介護福祉士の資格は転職で有利になる材料になるか
未経験で介護の施設長の求人に応募するか悩んでいる方へ
介護職として出世して行く方法と求められる能力
サービス付高齢者向け住宅の求人を選ぶ上での注意点
需要が増していく訪問介護の将来性
訪問介護 正社員の給料と将来性
訪問介護のオペレーター業務とは
介護職派遣のメリット・デメリットとは
他業界から介護職へ転職する前に知っておくべき事
介護職として復職する際の注意点とは
介護職の転職 非公開求人
ブラック企業が運営している介護施設から転職する
サービス提供責任者になると給料は上がるのか
介護施設と訪問介護 どちらが働きやすいのか
フリーターから介護職の正社員に就職する
残業のない介護施設の探し方
介護職 育児と仕事を両立して働きたい
親の介護の経験から介護職に就くことはできるのか
忙しくない楽な介護施設で働きたい
介護職でも転職回数が多いと採用で不利になるのか
長年勤めた介護施設から転職
介護職として働きたいけど採用されない
辞めたい介護施設から引き止めを受けて辞められない
30代で介護職に転職するのは難しくないか

 
TOP 転職の悩み 資格 悩み・相談 転職サイト