介護施設の施設長・管理者になるには

施設長・管理者に出世する方法

 

 

介護施設の管理者、施設長に出世したいけど、既にポストが埋まっている…という状況の方はいらっしゃると思います。

 

勤めている企業が複数の介護施設を運営しているのでしたら、新しくオープンした施設の施設長や管理者になるチャンスはありますし、退職者が出ても抜擢される可能性はあります。

 

ただ、例え勤続年数が高く、スキルが合っても本社の幹部陣に知って貰わないと選ばれる可能性は低いです。場合によっては、施設が別途求人で施設長や管理者を募集している場合もあります。

 

そのため、もし施設長や管理者として出世したいのでしたら、一度施設長や本社のエリアマネージャーなどに相談する事をオススメします。

 

出世を望んでいるのでしたら、必要な条件や施設長・管理者になるための仕事が割り当てられるようになる可能性はあります。

 

ただ、もし施設長やエリアマネージャーが話しを聞いてくれない、または企業が運営している施設数が少なかったり、親族経営をしていて外部の人間にはチャンスがないのでしたら転職も視野に入れる必要が出てきます。

 

管理者・施設長候補の求人を探す

 

 

管理者と施設長を別々に採用する施設もありますが、一般的には兼務になる事が多いです。

 

また、施設長の経験がないと、いきなり施設長に転職するのは難しいです。ただ、相談員の経験等があれば施設長に転職できる可能性はあります。

 

通常の介護職員としての経験しかないのでしたら、施設長候補の管理者の求人に応募する事をオススメします。

 

将来的に施設長に抜擢される事を前提としているので、真面目に仕事をこなし、実力を示せれば施設長になりやすいです。

 

施設長候補のままで役職である施設長になかなかキャリアが上がらないという不満も偶にありますが、人手不足だから求人を出しているので、嫌がらせで施設長にしない事は少ないと思います。

 

施設長に求めらえるのは、入居の介護だけではなく、施設に勤める介護職員をまとめる役割、売上を上げるための営業(市や病院など)、相談員と一緒に利用を検討している利用者の家族との面談を通しての勧誘など介護以外のスキルも必要になります。

 

特に、介護施設内での人間関係を良好にするといった能力や売上直結する営業能力も施設長として認められ、評価される上で必須とも言えます。

 

営業に関してエリアマネージャーが主体になる事もありますが、施設長がすることもあるので注意しましょう。

 

施設長の年収

 

 

施設長の年収は勤めている企業や継続年数によっても変わってきます。

 

入社してそれ程の継続年数が経っていないのでしたら、年収300万円いけば良い方だと思います。

 

ただ、20代頃に入社して30代後半まで働いているような方でしたら、施設長で年収500万円〜600万円稼ぐ方も結構いらっしゃいます。

 

もちろん、500万円に届かない方もいれば、逆に極一部の方は600万円以上稼ぐ方もいらっしゃいます。

 

そのため、5年、10年と見据えた働きかたをして行く必要があります。

 

一つの介護施設で勤める事も大切ですが、昇給が少ない施設では意味がありません。

 

実力と継続年数に応じた役職、昇給がある介護施設で勤めるように心掛けましょう。

 

待遇が良い施設で継続的に勤める事ができれば、施設長ではなくても、介護主任といった立場でも年収400万円〜500万円を稼ぐ方もいらっしゃいます。

 

待遇の良い施設長(候補)の求人を探すには

オススメの方法としては、信頼できる紹介会社を利用することです。

 

通常の求人サイトでも施設長(候補)・感謝の求人はありますが、通常の介護職員とそれほど待遇が変わらない場合もあるのでオススメしません。

 

それよりも、紹介会社を利用して非公開求人に応募する事をオススメします。

 

非公開求人には、通常の転職サイトに掲載すると、待遇の良さから不特定多数の応募が来ることから条件に合った方しか応募できないものもあります。

 

ある程度の介護の経験と介護福祉士などの資格が求められる事が多いですが、一方で将来的に働いて行く事を考えれば、少しでも働きやすく、待遇の良い介護施設に入社できるように手間を掛けて就職先を探した方が良いです。

 

もし興味がありましたら下記の参考にして頂ければ幸いです。

 

⇒介護職員  後悔しない職場選び

 

オススメの介護専門の紹介会社

オススメの介護専門の紹介会社

page top