介護福祉士の資格は転職で有利になる材料になるか

転職時に介護福祉士の資格は待遇を良くする材料になるか

 

介護福祉士の資格は、転職時に活かせるか否かと問われれば、持っている方が待遇の良い職場に転職しやすいのは確かです。

 

人手不足が深刻な介護施設の場合は、未経験者でも積極的に採用して行く必要がありますが、一方で堅実な施設経営をしている場合は、未経験者よりも即戦力となる経験年数を積み介護福祉士を雇った方が効率が良いですし、仕事の能力に対する不確定要素も少ないので安心して雇いやすいです。

 

別の介護施設、事業所に転職していだけでしたら、介護福祉士の資格を取得する必要はありませんが、待遇の良い職場に転職したいのでしたら、介護福祉士の資格を取得しておいた方が選べる求人の選択肢は増えるので、積極的に取得するようにしましょう。

 

⇒介護福祉士 勉強方法

 

介護福祉士を対象にした求人は給料が高いのか

ハローワークや一般の転職サイトですと介護福祉士だけを対象にした求人は少ないですが、介護専門の転職サイトや紹介会社を利用すると、介護福祉士の資格を持っている方を応募条件とする求人は結構あります。

 

地域にもよりますが、都市部でしたら時給でしたら1000円〜で、給料でしたら22万前後〜が多いです。

 

ベテランの方でしたり、その施設で経験を積めば給料は増えて行きますし、賞与の金額もあるので、一概に給料を決める事はできませんが、比較的に待遇が良い求人も見かけることができます。

 

将来的に介護の仕事を続けるのなら

 

社員の方でしたら、必ず介護福祉士の資格を取得する事をオススメします。

 

理由としては、介護福祉士の資格は出世の時の評価材料にされることもあります。

 

理由としては、介護スキルが合っても介護福祉士を持つ職員をまとめる介護主任や施設長が介護福祉士の資格を持っていないと示しが付かない事が想定できるからです。

 

もちろん、本当に実力があれば資格の有無等関係ありませんが、少数の余計な不満を噴出させないためにも、介護福祉士の資格は持っていて損はありません。

 

また、将来的には介護福祉士の上の資格となる、認定介護福祉士の資格が作られる予定になっています。

 

正式に決まってはいませんが、資格手当や処遇改善加算といった給料が増える可能性もあるので、事前に介護福祉士の資格を取得しておくと将来的に得をするかもしれませんよ。

 

介護福祉士の資格を活かして転職できるサイト

 

 

オススメとしては、前述したように介護専門の転職サイトや紹介会社を利用することになります。

 

介護専門の紹介会社に求人を載せている施設には、未経験者でも歓迎する求人から、介護福祉士の資格を持っている方のみを採用している施設まで幅広く扱っています。

 

そのため、求人の中には他の介護企業よりも待遇のよい求人もあります。

 

また、紹介会社は検索では表示されない非公開求人も多数扱っている事が多く、あなたの希望条件と、企業側の条件が合えば、紹介会社から紹介して貰う事ができます。

 

もし興味がありましたら下記を参考にして頂ければ幸いです。

 

オススメの介護専門転職サイト

オススメの介護専門の紹介会社

page top