介護業界のホワイト企業に転職する方法

介護業界のホワイト企業とは

 

介護業界と聞くとブラックなイメージが強く、ホワイトな企業なんてあるのかと感じる方もいらっしゃると思います。特に今まで、それ程待遇の良くない職場や、働きにくい職場でしか働く事ができなかった方ほど、介護業界に対しての不信を募らせているといます。

 

また、介護の仕事を始めたばかりの方も、仕事の忙しさに対して給料が低いのではないかと感じている方もいらっしゃるのではと思っています。

 

まず、注意して欲しいのは、ここで言うホワイト企業とは、給料・休日・人間関係・やりがいといった仕事をする上で重要な項目全てを高い条件で満たしている事を指していません。

 

あくまでも、それなりに待遇が良く、働きやすい介護施設や事業所を指します。

 

※この記事は正社員の方を対象にしているので、パートを希望している方は高時給・子育てしながら働ける職場の探し方を参考にしてください。

 

介護業界に向かない方

「高年収を稼ぎたい(800万円〜1000万円」、「年間の休日が多い(120日以上)」、「有給休暇を自由に使える」といった条件を求めるのでしたら、そもそも介護業界を選ぶのはオススメできないと言えます。

 

介護業界で働く方の多くは、待遇よりも「介護」という仕事にやりがいを持っていたり、今まで勤めていた企業を諸事情で辞めることになり転職した方が多いです。

 

そのため、給料や休日を最優先とした方が、介護業界で働く事はオススメしません。

 

介護業界のホワイト企業の基準

 

 

平均的な30代、40代のサラリーマンの平均年収である、500万円〜600万円でしたら、それなりに優良な介護施設・事業所でしたら達成することができます。

 

また、給料の面で多少妥協できるのでしたら年間休日も110日〜120日前後取得する事はできます。

 

そして、このページで述べるホワイト企業の水準ラインにもなります。

 

なお、起業に成功した方でしたら年収数千万円稼ぐ方もいらっしゃいますし、介護企業の幹部クラスになれば年収一千万円を超える事もありますが、ここを目指すのに努力だけでどうにかできるものではないので例外とさせてもらいます。

 

今の職場からホワイトな介護施設・事業所に転職したい

 

ホワイト企業といっても、個人によって求める要件は変わってきます。前述したように、全てを高い条件にすると探すのが至難になりますし、介護業界に求めるには現実的ではない条件もあります。

 

そのため、転職を考える前にある程度条件の優先順位を付けるようにしましょう。

 

条件としては、「給料」、「休日」、「仕事内容(やりがい)」になります。

 

人間関係に関しては、仕事をして行く中で職員の入れ替えが行われるので、求めすぎる事はオススメしません。

 

また、個人的な意見になりますが、それなりの待遇が整っている職場でしたら、人材不足も陥り難いですし、赤字経営をしている事も少ないので、問題のある人材を無理に雇う事は少ないと思います。

 

絶対ではないですが、それ程敏感になる必要もないですし、事前に見学や面接の質問でもリスクを抑える事も出来ます。

 

問題は、「給料」、「休日」、「仕事内容(やりがい)」になります。

 

給料

給料に関しては、今までの介護職としての経験、そして介護の資格によっても変わってきます。

 

偶に介護福祉士の資格にそれ程価値がないと言われますが、そんな事はありません。

 

資格手当が貰えるだけではなく、転職の条件で介護福祉士の資格を求める事は結構あります。

 

特に深刻な人手不足ではなく、順調に運営している施設・事業所程、それなりの実力と経験を保証している介護福祉士の資格を応募条件としている事が多いです。

 

そのため、給料の金額を考える場合は、あなた自身の経験や資格を考慮するようにしましょう。

 

なお、これはパートの時給を上げたい方も同様になります。

 

休日

休日に関しては、実は少ないから給料が高いという訳ではありません。

 

理由としては、赤字運営している介護施設・事業所程に人手不足…というよりも雇える体力が少ない事からギリギリの人員で職場を回しているのです。

 

そのため、離職率が高く、職員の負担も高いと言う負のスパイラルに陥っている事が多いです。そのため、一概に休日か給料のどちらかを妥協しないといけない事はないかもしれません。

 

仕事内容(やりがい)

仕事内容は、給料や休日と直接的に関わってきます。

 

現場の介護職として働くのか、それとも相談員やケアマネジャーといった専門職に分類される職種に就くのか、それとも施設長候補として雇用されるのか…職種によっても給料や休日が変わって来ることがあります。

 

一概に責任が重い程に休日が少ない訳ではなりませんが、仕事の忙しさや、残業の可能性は変わってきます。また、給料は大幅に変わって来るので、何処を目指し、どのような仕事をするのか明確にするようにしましょう。

 

なお、上記では介護施設を前提にしましたが、訪問介護の場合もヘルパーとして働くのか、サービス提供責任者を目指すのかでも変わってきます。

 

また、職場によっては、専門職と介護職の兼務の有無でも待遇が変わってくるので、ある程度兼任を了承するか否かも考えて置くと良いでしょう。

 

転職すれば大幅に給料が上がると勘違いしない

 

年収500万円〜600万円というのは、10代や20代から介護の仕事に就き、30代、40代まで働き続けた方になります。

 

介護業界に限りませんが、日本は基本的に年功序列になるので、長く一つの企業、業界、職種等に勤めている程に賃金は上がります。

 

転職時に介護の経歴があれば考慮されますが、他業界からの転職でしたら、キャリアは考慮されません。

 

その場合は、高卒や専門卒の初任給と同じ程になります。

 

これは、介護業界が特殊という訳ではありませんが、給料が大幅に下がる上に、仕事内容も大幅に代わり、仕事も激務となると割り合わないと感じる方も多いです。

 

それに耐えられない方の多くは、転職してしまうのが現状です。また、介護業界は他業界の転職者が多い事が業界全体の平均年収が低い原因とも言えます。

 

もちろん、高年収が目指せる業界ではないですし、むしろ介護報酬という国の税金に頼った経営をしているので待遇は上がり難いです。

 

ただ、しっかり黒字を出している企業を選び、長期的に働き続け、資格も取得して行き、責任のある役職(介護主任、相談員、施設長、ケアマネジャー等)に就いて行く覚悟があるのでしたら、平均的なサラリーマンの年収程度は稼ぐ事はできるのも事実です。

 

また、介護業界の需要が今の所減少する傾向はありませんし、職員の人手不足の慢性的なので、経験と介護スキルのある方でしたら職探しに悩むこともないので安定して働けるとも言えます。

 

ブラック企業や将来性のない職場で働き続けてはいけない

注意して欲しいは、どのような職場でも我慢し続ければ給料が上がって行くと思わない事です。年収500万円〜600万円や休日が確保されている職場とは、企業が黒字経営をしていて、社員に利益を還元している優良な企業になります。

 

残念ながら、介護業界は需要が多い事から、ビジネスを知らない、または甘くみた事業者も参入しています。

 

そのような事業者が運営している介護施設や事業所で働いていても給料は上がりませんし、将来性もありません。また、企業の中には、利益を経営者や幹部が独占している事もあります。

 

ブラックな介護施設の場合は、働いていれば職場の環境の悪さや、教育体制や衛生管理の不備、そして管理者や施設長の人柄、仕事の悪さから判断できると思います。

 

客観的にて将来性がない、またはブラックな職場でしたら、迅速に転職するようにしましょう。

 

介護業界の転職方法

 

オススメの方法としては、介護専門の紹介会社を利用することになります。

 

通常の転職サイトに載っている介護施設・事業所の求人の中にもホワイト寄りの求人もありますが、探すのが難しい上に、競争率も跳ね上がります。

 

また、最近は大手の幅広い業界を扱っている転職サイトに載せている介護企業は減少しています。

 

理由としては、掲載料が高い事、不特定多数の応募があるため採用にコストと時間が掛かる、志望度の低い方や条件に合わない応募があるといったデメリットが存在するからです。

 

したがって、コスト管理を行いながら、介護に対する志望度が高く、条件に合った人だけを採用したい優良な介護企業は、介護専門の紹介会社を利用している事が多いのです。

 

オススメの紹介会社

 

 

メドフィット

 

介護専門の紹介会社でオススメなのがメドフィットになります。

 

全国の求人を扱っており、電話・メール・LINEといった媒体でヒアリングをしてくれるので、遠方の人で直接相談することができなくても求人紹介のサービスを受けることができます。

 

また、直接会って相談しなかったからとって、サービスの質が低い訳でも決してありません。

・月給、時給を上げたい
・出世していける職場で働きたい
・子育てと両立しながらパートとして働きたい
・残業、夜勤がない職場
・夜勤専従として働きたい
・職場から近い介護施設で働きたい

上記のようなハードルの高い条件が含まれていても、出来る限り満たしている求人を厳選して紹介してくれます。

 

その証拠として、メドフィットの友達紹介率は70%と非常に高い数字になっていおり、このことからも介護士間で信頼されている紹介会社であることが分かると思います。

 

※利用料などは一切掛からないので安心して下さい。

 

メドフィットの具体的なサポート内容

 

 

メドフィットは、求人の紹介以外にも、面接のスケジュール調整、給料・休日といった条件面の交渉、離職率や職場内の雰囲気といった求人に記載されていない情報の提供などをしてくれます。

 

また、エリアによってはメドフィットのエージェントが面接に同行もしてくれます。

 

転職をするか悩んでいる段階の方でも、一般公開されていない非公開求人の情報を提供してくれるので、今あなたが働いている介護施設の職場と見比べる事ができます。

 

介護士の転職活動で利用して損する事はないので利用してみてはどうでしょうか?

 

介護職の求人検索  「メドフィット 介護求人.com」

オススメの介護専門の紹介会社

関連ページ

介護士 オススメ紹介会社 月収30万を目指す
ケアマネージャーの年収を転職で上げる方法
介護の転職  すぐに新しい転職先を決めたい方へ
介護職から看護職へ転職をできるのか
介護の仕事  40代からの転職
介護職員への転職では紹介会社とハローワークどちらを使うべきか
介護施設の施設長・管理者になるには
パートの介護職員の時給は少しずつ上昇している!?
介護福祉士の資格は転職で有利になる材料になるか
未経験で介護の施設長の求人に応募するか悩んでいる方へ
未経験・無資格で介護職に転職する時の職場選び
介護職として出世して行く方法と求められる能力
サービス付高齢者向け住宅の求人を選ぶ上での注意点
需要が増していく訪問介護の将来性
訪問介護 正社員の給料と将来性
訪問介護のオペレーター業務とは
介護職派遣のメリット・デメリットとは
他業界から介護職へ転職する前に知っておくべき事
介護職として復職する際の注意点とは
介護職の転職 非公開求人
ブラック企業が運営している介護施設から転職する
サービス提供責任者になると給料は上がるのか
介護施設と訪問介護 どちらが働きやすいのか
フリーターから介護職の正社員に就職する
残業のない介護施設の探し方
介護職 育児と仕事を両立して働きたい
親の介護の経験から介護職に就くことはできるのか
忙しくない楽な介護施設で働きたい
介護職でも転職回数が多いと採用で不利になるのか
長年勤めた介護施設から転職
介護職として働きたいけど採用されない
辞めたい介護施設から引き止めを受けて辞められない
30代で介護職に転職するのは難しくないか

 
TOP 転職の悩み 資格 悩み・相談 転職サイト