サービス提供責任者になると給料は上がるのか

サービス提供責任者になると給料は上がるのか

 

サービス提供責任者の中には、年収500万円以上稼ぐ事ができている人も少なからずいらっしゃいます。

 

ただ、サービス提供責任者として給料を上げて行く事に関する話をする前に、簡単にサービス提供責任者になる方法ついて述べたいと思います。

 

まず、サービス提供責任者になるには、以下の1つを満たしていることが条件になります。

・介護福祉士、准看護師、看護師、保健師のいずれかの資格が必要
・実務者研修を修了している
・ホームヘルパー1級取得(既に廃止されています)
・介護基礎研修を修了している(既に廃止されています)

なお、サービス提供責任者は訪問介護の事業所には配置が義務付けられている(利用者40人に1人)ために、求人の需要自体は比較的に高いと言えます。

 

⇒介護の資格の取り方一覧

サービス提供責任者は給料が高いのか

 

 

サービス提供責任者は、資格を持っている方の専門業務になるため、通常の介護職員や訪問介護職員よりも高いと言えます。

 

ただ、平均年収としては350万円届かない程度になります。一般の介護職員の平均年収が300万円前後ある事を考えると、多少は給料が高いと言えます(資格手当もでます)。

 

しかし、介護の仕事の待遇は幅が広いため、サービス提供責任者になったことで給与が変わる、または変わらないかは働いている訪問介護の事業所によって異なってきます。

 

基本的に訪問介護の事業所は、規模によって給料が大きく変わってきます。

 

また、訪問介護は、個別に自宅を回ることもあれば、訪問介護の事業所を運営している同じ企業が運営しているサービス付き高齢者向け住宅といった施設にサービスを提供することもあります。

 

大規模な事業所の場合は、後者の場合が多く、お抱えの高齢者向け住宅と地域周辺の訪問介護を一手に引き受けているような場合は、給料や福利厚生も好待遇な事があります。

 

年収も500万円を超えることもあります。

 

一方で規模の小さい訪問介護の事業所は、利益も上がらず、待遇も悪い事が多いです。

 

そのため、サービス提供責任者になって給料を上げたいと感じているのでしたら、一度あなたが勤めている事業所の規模などを考えても良いでしょう。

 

訪問介護の需要は増えているが人手不足は加速している

高齢化の影響で訪問介護の需要年々増えていますし、訪問介護の事業所も増えています。

 

一方で、一番大切な介護士の数が足りていないのが現状と言えます。

 

そのため、正社員、パート、派遣共に待遇面、特に給料はは上がっている傾向があります。

 

特にサービス提供責任者といった事業をする上で必要不可欠な職種は好待遇の条件を出していることも珍しくなくなってきています。

 

しかし、人手が足りなかったり、それが原因で大手に利用者を取られてしまった小規模な事業所だと前述したように待遇面を上げられず、頑張って働いても忙しさに見合った給料を貰えない可能性が高いです。

 

また、突然倒産したり、大手の事業所に買収されることも少なくありません。

 

訪問介護の介護士として働く事は、今後の需要の拡大を考えると将来性はありますが、だからこそ何度も言うように働く職場は慎重に選ぶようにしましょう。

 

転職を考える前の注意点

 

 

前述では、サービス提供責任者の年収は350万円に届かない程度と言いましたが、一方で年収が500万円を超える方いる理由としては、事業所の大きさ以外にも理由があります。

 

その理由の一つは、長年介護士として働いているか否かの違いになります。

 

介護士は、結婚を期に離職して、ブランク期間を経て復職する方や、異業種から転職して来る方が多い業界になります。

 

そのため、平均年収は全体的に下がりやすく傾向があります。

 

一方で、10代、20代から介護士として経験を積んで働いてきた方は、資格を取得し、介護のスキルを磨き、責任ある役職に就いている方が多いので、30代、40代で年収500万〜600万程稼いでいる方もそれなりにいらっしゃいます。

 

そのため、転職してすぐに年収500万円近く貰える職場を見つける事は難しいです。

 

したがって、転職する場合は、長期的に働き続けられる職場か、そして経験とスキルが評価される職場かを確認するようにしましょう。

 

⇒待遇の良い介護士の職場に転職する方法

オススメの介護専門の紹介会社

page top