ブラック企業が運営している介護施設から転職する

ブラック企業が運営している介護施設から転職する方法

 

 

介護職業界に限らずに、必ずブラック企業は存在します。介護業界の場合は、少子高齢化の影響により、ビズネスを知らない人間が、参入すれば儲かるだろうと甘い考えで参入する企業も少なからず存在します。

 

そのような企業が運営している介護施設に間違って就職してしまうと、当然ですが職場環境も待遇も悪く、長期的に働く事は難しいです。

 

そのため、もしブラックな介護施設に転職してしまったのでしたら、早い段階で転職活動に移りましょう。

 

介護施設は、全国に多く存在するので、待遇の悪いブラック企業に固執して働く必要性はありません。

 

もしかしたら、利用者の事を考えると、簡単に転職を決断できない方もいらっしゃるかもしれませんが、あなた自身の事を優先して介護の仕事をするよう事をオススメします。

 

介護業界に限らずにブラック企業で働き続けていると、心身ともに衰弱してしまい、最終的に仕事ができなくなってしまいます。

 

また、介護職の方が無理をして働かないと行けない職場では、利用者様に対しても十分な介護等できません。

 

そのため、早い内に転職して、次の職場で介護の仕事を通して利用者に貢献するように努めましょう。

 

ブラックな介護施設に転職しない方法

 

偶に介護施設は、ブラックしかなと言われますが、そのような事はありません。

 

実際に介護業界の離職率は、業界全体の離職率と同程度の15%前後になります。ただし介護職の離職率は、介護施設によって離職率の差が激しいです。

 

離職率が高い介護施設ですと、離職率30%以上になります。一方で離職率が低い介護施設は、離職率5%程度になります。

 

長期的に働ける介護施設の場合は、待遇も整っており、20代からコツコツと働いて行けば、30代後半では介護主任として年収500万円を超える方もいらっしゃいます。

 

そのため、介護職として働き続ける事を考えている方は、離職率が低く、長期的に働き続けることができる介護施設に転職するように心がけましょう。

 

肝心の転職方法としては介護専門の紹介会社を利用する事です。

 

 

 

大切なのは、紹介会社なら何でも良いのではなくブラックな介護施設・訪問介護の事業所を扱っていない信頼できる紹介会社を利用する事です。

 

優良な紹介会社には、当然ですが優良な介護施設や事業所が求人の依頼を出します。一方でブラックな紹介会社には、ブラックな介護施設や事業所が求人の依頼を出します。

 

信頼できる優良な紹介会社の場合は、依頼された職場に実際に足を運び、職場の雰囲気等を確認した上で依頼を承諾します。

 

仮にブラックな介護施設を登録者に紹介してしまうと、あっという間に信頼が崩れてビジネスが成り立たなくなるからです。

 

長期的にビジネスを継続して行くには、Win−Winの関係が必要不可欠です。ただ、ブラックな紹介会社や施設の場合は、短期的な利益に目が眩んだり、ビジネスを知らずに参入した事業者が多いです。

 

信頼できる紹介会社の見分け方

 

 

見分ける方法としては、登録後の対応の違いになります。ブラックな紹介会社ですと、簡単なアンケートをメールで送るだけです。その後は、電話やメールで条件に合う合わない関係なく求人が紹介されます。

 

一度私も経験がありますが、後悔する程面倒な状況になるので注意しましょう。

 

逆に、優良な紹介会社の場合は、登録後はメールと電話で希望条件を入念に相互確認した後に、希望にあった求人をメールで送ってくれます。

 

もちろん、求人の応募を断っても文句は言われませんし、希望条件を変える事も出来ます。

 

希望に合った求人がなければ、無理に求人を紹介されることもありません。

 

他にも応募書類の書き方や面接のアドバイス、そして職場の雰囲気といった施設の細かい情報も教えてくれます。

 

紹介会社によって多少の差異はありますが、信頼できる紹介会社の場合は、無料でトータルサポートしてくれますし、ブラック企業も取り扱っていないので転職する上で非常に安心できます。

 

そのため、もしブラックな介護施設に転職するリスクを抑えたのでしたら、信頼できる紹介会社を利用するようにしましょう。

 

もし、信頼できる紹介会社を探しているのでしたら、『介護士 オススメ紹介会社 月収30万を目指す』を参考にしていただければ幸いです。

オススメの介護専門の紹介会社

page top