介護職として復職する際の注意点

介護職として復職する際の注意点について


結婚・出産・育児を期に介護職を退いた方が、ある程度育児にも落ち着いて、介護職に復職する方は多いです。

 

パートや派遣として復職するかたもいらっしゃれば、正社員として復職する方もいらっしゃいます。

 

介護職は、基本的には常に人手不足なので、施設を選ばなければ比較的に簡単に働く事はできます。

 

しかし、10年以上のブランクもあると復職するにあたって不安も沢山あると思います。

 

特に、介護業界はブラックのイメージが強いので、復職先がブラック企業が運営しているの介護施設だったり、訪問介護の事業にならないか不安に感じると思います。

 

このページでは、介護所の復職にあたっての不安を少しでも解決できるように情報を発信して行きます。

 

復職にあたって介護スキルに不安を感じている方へ


長期間のブランク期間があると、介護の仕事を上手くできるか不安に感じる方もいらっしゃると思います。

 

就職はできても、職場でいきなり介護の仕事をフォローなしで任せられる可能性を考えると不安に感じる方もいらっしゃると思います。

 

そして、実際にそのような介護施設も存在します。

 

そもそも、忙しい介護施設ですと未経験の介護職員に対しても碌な教育がなされないこともあります。

 

そのような介護施設に就職してしまうと、ブランクが長くても、経験があるのだからと慣れる前に仕事を大量に押し付けられる可能性は存在します。

 

ただ、一方でブランク期間の長い復職した方のフォローや、未経験者の教育体制を整備している施設も存在します。

 

そのため、復職する際は、しっかりと教育体制が整っている施設に就職すると、復職して仕事を思い出すまでは他の職員がフォローをしてくれます。

 

訪問介護でも、少しの間は先輩の職員の付き添いとして何回か働く事できると思います。

 

したがって、もし介護職の復職に不安を抱えている方は、安易に就職先を決めずに、しっかりと就職先を見定めるようにしましょう。

 

育児や家事と介護の仕事を両立して働きたい

 

 

育児が多少落ち着いたといっても残業や夜勤ができる程の余裕はない家事もある…となってくると、復職しても介護の仕事と両立できないのではと不安に感じる方も多いと思います。

 

安心して欲しいのは、最近は高齢化いよる利用者の増加と少子化による人材不足によって、時短勤務や夜勤専従の採用などが進み、残業の無い職場環境や無理な夜勤の強要をする職場がない介護施設も増えてきています。

 

注意点としては、待遇が悪く人手不足が深刻で残業が多く、夜勤も無理やり強要するブラックな施設も存在する点になります。

 

そのため、復職する介護施設を探す際は、そのようなブラックな職場に入社しないように注意する事が求められます。

 

ブランク期間が長くても優良な介護施設・事業所に入社できる方法

オススメの方法としては、介護士の求人に特化した紹介会社を利用する事です。

 

紹介会社とは、簡単に言えば人材を必要としている企業が紹介会社に求人を出して、紹介が者に登録した労働者に提案する仕組みになります。

 

単純に求人を掲載する求人サイトと違って、紹介会社のスタッフが間に入って、お互いの希望に合った人材/企業を引き合わせるようにしてくれるのです。

 

そのため、自分で求人を選ぶよりも希望に近い求人に出会える可能性が上がります。また、紹介会社は、労働者側である介護士には無料でサポートして、採用が決まった際に企業側からだけ成功報酬を貰うのが一般的です。

 

したがって、ブラック企業の求人を扱っても意味がありません。なぜなら、応募されないような求人を紹介しても意味がありませんし、自社の評判が悪くなるからです。

 

絶対にブラック企業と出会わないとまでは言いませんが、自分で探すよりも大幅にリスクは下げることができます。

 

また、利用したからといって介護士側は絶対に応募する必要はないので、複数の紹介会社を利用して、自分に合った求人を見つけて応募すれば大丈夫です。

 

紹介会社によって扱っている求人の地域なども違うので、興味がある方は下記の記事を参考にしてみてください。

 

⇒オススメの介護専門転職サイト

オススメの介護専門の紹介会社

page top