他業界から介護職へ転職する前に知っておくべき事

他業界から介護職へ転職する前に知っておくべき事とは

 

 

他業界から30代、40代の方が介護職に転職して来る方は意外にいらっしゃいます。

 

理由として多いのが、『社会貢献』です。

 

利益最優先の仕事に疲れ、より社会の役に立てる仕事がしたいと感じて、介護の現場で働きたいと決意する方が多いようです。

 

それこそ、年収が100万円近く下がっても構わないと言って転職した方もいらっしゃいます。

 

転職する前に考える事

 

 

今まで介護の仕事に携わっていた方が職場を変えたり、資格を取得してキャリアップを狙って相談員や計画作成担当者などに転職する場合は、経験年数が転職先でも反映されます。

 

しかし、他業界から介護職に転職すると、給与は基本的に未経験扱いになります。

 

つまりは、新卒と同じ金額からのスタートになるか、多少手心を加えてくれる程度に止まります。施設長候補やエリアマネージャー候補なら、後々手当なども付きますが、やはり入社当初は給与が低いことを覚悟してください。

 

特に家庭をお持ちの方は、率直に言うと他業界から介護職に転職するのはオススメしません。

 

転職前の決意を後悔する方が結構いらっしゃいます。

 

介護の現場の仕事は、あなたが思っている以上に肉体労働です。

 

将来的に専門的な知識やスキルを活かして、施設長、エリアマネージャー、ケアマネジャーの職務に就かないと定年まで働くのは厳しいと思った方が良いです。

 

また、現場の介護職員の給与は低い傾向があります。

 

資格などがあれば、手当がでますが、未経験・無資格で家族を養うのは難しいと思った方がいいです(配偶者の方が共働きしてくれるなら別ですが)。

 

未経験から介護職に転職する覚悟が揺るがない方へ

 

 

家族とも話し合った、独身だから多少の無理はできるという方で、既に他業界から介護職への転職を決意している人は、必ず目標を持つようにしましょう。

 

将来的に介護の現場で働き続けるというのは、オススメしません。

 

必ず、役職のある施設長やエリアマネージャー、または施設を運営をしている本社に呼ばれる等の目標を持ちましょう。

 

また、より介護業界と密接に働きたいのでしたら、介護福祉士とケアマネジャーの資格を取得して、利用者のケアプランの提案・作成や市と施設の仲介役としての立ち回る仕事等もオススメです。

 

介護福祉士のみですと、現場のプロとして扱いですが、ケアマネジャーの資格も取得すれば、専門的な知識を持って、現場の事も分かる人として重宝されます。

 

給与の方は、施設の規模で差は激しいですが、稼ぐ人は結構稼ぎます。

 

独立する方も極少数いらっしゃり、失敗すると悲惨ですが、成功すると年収数千万行く事もあります(こちらはオススメしませんが)。

 

介護業界で働き続けるのでしたら、このような目標を明確にして、介護の現場で働きましょう。

 

なお、一つの施設にこだわらずに、スキルや知識をもっと活かせる職場を探して職場を変える等も重要です。ただ、何も考えずに現場の仕事だけをしていると、何時か体を壊すことになるかもしれませんよ。

 

⇒未経験・無資格で介護職に転職する時の職場選び

オススメの介護専門の紹介会社

page top