訪問介護 正社員の給料

訪問介護の正社員給料と将来性とは

 

少子高齢化の影響で、利用者の需要、そして訪問介護の事業所は増えていますが、一方で一番大切な介護士の人手が足りていないのが現状と言えます。

 

そのため、人手を確保するために、好待遇で介護士を雇用する事業所も増えています。

 

訪問介護の働き方と待遇

訪問介護のヘルパーとして働いている人の多くが登録制で仕事をしている人が多いですが、正社員として働ている人もいらっしゃいます。

 

基本的に正社員で、長期的に働くことを目標にするのでしたら、将来的にはサービス提供責任者として働いて行くことが期待されていると思います。

 

そのため、登録型からのパートではなく、正社員として転職する場合は、介護福祉士や看護師、実務者研修等の資格(サービス提供責任者になるための資格)が求められることがあります。

 

もちろん、働きながらでもサービス提供責任者になるための資格は取得できますし、それほどハードルは高くないので、絶対に必要とされることはありません。

 

パートとして働く場合は、介護施設と違って無資格で働く事はできず、最低でも介護職員初任者研修(旧名称:ヘルパー2級)以上の資格が求められます。

正社員の給料と出世

給料は、通常の正社員のヘルパーとして働く場合は、手当てを含めて月額19万円〜25万円で、日曜日、祝日に別途手当が付くことが多いです。

 

サービス提供責任者の場合は、22〜25万円程を多く見受けられます。

 

ただ、求人によっては30万円に届く事もあります。

 

人手不足の状態、経営が順調に進んでいる等々の状況に給料は変わると言えるでしょう。

 

また、サービス提供責任者については規模によっても変わり、起業した方がサービス提供責任者をしている場合は、年収1000万円以上稼ぐ方や、それ以上稼ぐ方もいらっしゃいます

 

雇われの場合は、やはり前述したように20万円前後が通常ですが、それでも30万円〜40万円程貰っている方も少数ですがいらっしゃいます。

 

また、後者の求人は通常の一般公開による求人ではなく、紹介会社等を通しての非公開求人が多いので、目に付くこともあまりないと思います。

 

パートの賃金と働き方

 

パートして働く場合は、基本的には1件の訪問に対して賃金が発生ます(稀に時給掲載の事業所もあります)。

 

1件の報酬は、身体介護か生活補助でも変わってきますし、当然ですが1件あたりの時間でも変わってきます。

 

時給換算すると、身体介護の場合は時給1500〜1900円程になり、生活補助の場合は900〜1300円程が一般的です。

 

需要の高い都市部程に1件あたりの報酬が高くなる傾向があります。

 

時給換算にすると、介護施設よりもお得な感じがしますが、1件あたりの所要時間は1時間〜1時間半程が一般的になりますし、次の訪問介護の仕事が始まるまで待機時間が発生します。

 

待機時間を使って自宅に帰れるといったメリットはありますが、扶養控除以上に稼ぎたい方にオススメしにくいかもしれません。

 

ただ、育児と両立して働きたい方や、緩く働きたい方には、施設介護よりもオススメです。

 

訪問介護の将来性

 

 

国の指針としては、『施設から在宅』、『医療から介護』というコンセプトを掲げて今後の高齢者社会に取り組んで行くことが明示されています。

 

そのため、訪問介護の需要はより増えていく事を考えると将来性はあると言えるでしょう。

 

ただ、この将来性という言葉に給料の上昇や待遇の改善が含まれているかと言われると、現状では厳しいと言えます。介護業界…に関わらずかもしれませんが、やはり企業によって給料や福利厚生といった待遇の差は激しいです。

 

正社員で月収25万円以上で、賞与を合わせて年収400万円に届けば貰っている方と言っても良いかもしれません。

 

ただ、介護業界全体で給料が低い理由としては、転職者が多い事も理由の一つに挙げられます(勤続年数が短い事が多い事による平均年収の低下)。

 

先ほど述べたように、訪問介護だけではなく介護の仕事自体には需要があるので、就職先を探すのにはそれほど困りませんし、安定していると見ることもできます。

 

正社員ではなく、パートして働くのでしたら、訪問介護は賃金も良く、柔軟に働けるのでオススメと言えます。

 

ただ、正社員として働くとなると、訪問介護の事業所の場合は、雇用する人数も少なく、役職も少ないので給料が上がりにくい傾向があります。

 

そのため、施設介護士よりも年収が低い社員が多いかもしれません。

 

介護施設でしたら、20代の前半から十数年以上勤務を続けて、介護主任や施設長になっていれば年収500万円以上を貰っている方もいらっしゃいます。

 

訪問介護の正社員でも目指せない事はないですが、かなり大きな訪問介護の事業所に入社しないと望めない可能性があります。

 

 

 

注意して欲しいのは、く施設勤務、訪問介護に関わらず、運営している企業に問題があったり、経営が上手くいっていないと給料は上がりません。

 

逆に中規模な施設・事業所でも経営が順調なら月給・時給が良い場合もあります。

 

そのため、将来性がないと思ったら、見切りを付けて待遇の良い施設、訪問介護の事業所に転職しましょう。

 

経験ありで、介護リーダー、施設長、サービス提供責任者といった役職で働いていた経験があれば、優良な企業でしたら好待遇で向い入れてくれる事もあります。

 

もし、現在の給料に不満があるのでしたら、他の企業の求人等も確認してみるのもいいですよ。

 

また、紹介会社等には一般には公開されていない非公開求人を扱っていることもあります。

 

非公開求人には、通常の求人では見られない好待遇な条件による雇用もあるので、本気で給料を上げたい、良い待遇の企業で介護の仕事で働きたいと思っているなら登録してみてもいいかもしれません。

 

パートの人の場合でも、稼ぎたいのに担当の利用者を持たせてくれない、1件当たりの報酬(時給)が低いといった不満を感じているのでしたら、掛け持ちを考えたり、他の事業所に移る事を考えても良いと思います。

 

⇒給料の高い訪問介護の事業所を探す

オススメの介護専門の紹介会社

関連ページ

介護士 オススメ紹介会社 月収30万を目指す
ケアマネージャーの年収を転職で上げる方法
介護の転職  すぐに新しい転職先を決めたい方へ
介護職から看護職へ転職をできるのか
介護の仕事  40代からの転職
介護職員への転職では紹介会社とハローワークどちらを使うべきか
介護業界のホワイト企業に転職する方法
介護施設の施設長・管理者になるには
パートの介護職員の時給は少しずつ上昇している!?
介護福祉士の資格は転職で有利になる材料になるか
未経験で介護の施設長の求人に応募するか悩んでいる方へ
未経験・無資格で介護職に転職する時の職場選び
介護職として出世して行く方法と求められる能力
サービス付高齢者向け住宅の求人を選ぶ上での注意点
需要が増していく訪問介護の将来性
訪問介護のオペレーター業務とは
介護職派遣のメリット・デメリットとは
他業界から介護職へ転職する前に知っておくべき事
介護職として復職する際の注意点とは
介護職の転職 非公開求人
ブラック企業が運営している介護施設から転職する
サービス提供責任者になると給料は上がるのか
介護施設と訪問介護 どちらが働きやすいのか
フリーターから介護職の正社員に就職する
残業のない介護施設の探し方
介護職 育児と仕事を両立して働きたい
親の介護の経験から介護職に就くことはできるのか
忙しくない楽な介護施設で働きたい
介護職でも転職回数が多いと採用で不利になるのか
長年勤めた介護施設から転職
介護職として働きたいけど採用されない
辞めたい介護施設から引き止めを受けて辞められない
30代で介護職に転職するのは難しくないか

 
TOP 転職の悩み 資格 悩み・相談 転職サイト