ケアマネージャーの年収を転職で上げる

ケアマネージャーの年収を上げる方法

 

 

ケアマネージャーの平均年収は、約370万円で平均月収が26万円、年間ボーナスが57万円とされています。

 

男女間で平均年収の差がほとんどないのも特徴になります(男女比は、大体ですが女性3:男性1です)。

 

ただ、注意して欲しいのは、ケアマネージャーの方のほとんどは、ケアマネージャー以外にも介護職(介護福祉士)、相談員、看護師等を兼務しており、平気年収370万も兼務の仕事を含めての金額になります。

 

そのため、ケアマネージャーが担当するケアプラン作成等のみの給料、年収を調べることはできないと言えるでしょう。

 

ただ、ケアマネージャーが請け負うケアプランの作成報酬は、1件あたり1万円〜1万5千程になります。

 

なお、ケアプランの質を保つために、ケアプランを担当できる人数は35人と制限されています(担当している利用者が介護保険を利用するサービスを一切使わないとケアプランは不要なので作成報酬は0円になります)。

 

また、報酬は全て介護報酬として国が支払うことになるので、将来的にはケアプランの報酬金額も下がることが予想されます。

 

ただ、基本的に前述したようにケアプラン作成のみで働く方はおらず、その他の仕事と兼務しながら施設や事業所から全ての仕事を含めた給料を貰う形なので、目に見える形ですぐ年収に影響がでる事はないと思います。

 

少しずつ変化しているケアマネージャー業務

前述したケアマネージャー業務と介護業務の兼務が普通ですが、国が地域包括ケアシステムといったより地域密着の介護サービスを提供するように推進していることから、ケアマネージャーのケアプランの作戦やモニタリング、介護保険申請代行といった業務から、地域包括支援センターとの連絡や、市町村との相談、連携、など通常の介護職員では荷が重い業務を任されることも増えてきました。

 

したがって、介護や看護を兼業せず、ケアマネージャー業務とその他の高度な事務業務専門の立ち位置として求人を募集する施設、事業所も少しずつ増えています。

 

ただ、責任は重く、楽な仕事ではありません。その代わり、現場の仕事とは違う介護の関わりをできるようになります。

 

転職でケアマネージャーの年収を増やすことはできるか

ケアマネージャーの年収は、職場によって結構差が出ます。
下記の割合は、ウェブサイト「ケアマネジメント・オンライン」が現役ケアマネジャー約1000名にアンケートの調査を実行し、有効回答に記載がされた収入になります。看護業務を兼務している方もいらっしゃると思いますが、給料の差が結構ある事が分かると思います。

 

・6万円 〜10万円以下:4.2%
・11万円〜15万円以下:4.1%
・16万円〜20万円以下:15.2%
・21万円〜25万円以下:31.2%
・26万円〜30万円以下:22.7%
・31万円〜35万円以下:12.2%
・36万円〜40万円以下:4.9%
・その他:5.5%
(http://kaigo-must.jp/mustnews/1533)

特に規模の大きい介護施設や訪問介護の事業所と規模の小さい施設、訪問介護事業所とでは約100万円の年収差がでる事もあります(賞与を含めてになります)。

 

ただ、規模が大きい程にケアマネージャーの仕事は大変になります。

 

反面として規模が大きい程介護をする余裕がない事も施設や事業所も分かってくれるはずなので、介護等の兼務も緊急時以外は減少します。

 

そのため肉体労働の介護現場の仕事が辛い方や、年収を上げたい方、デスクワークや利用者、市役所といった人達と相談しながらの仕事がしたい方はケアマネージャーの仕事の方がおすすめです。

 

逆に、規模が小さいとケアマネージャーの仕事も少ないので、兼務している介護の仕事の比重も増えますし、年収も下がる傾向があると思ってください。

 

ケアマネージャーとして少しでも年収が高く福利厚生の良い企業で働きたい

 
老人ホーム、介護視閲、訪問介護、どれも規模の差だけと思わないでくださいね。

 

規模が大きくたって、それを末端の従業員に還元しない施設もあれば、規模が小さくても福利厚生を充実させ、給料にもできる限り反映させる施設もあります。

 

職員の事を考えて給料・福利厚生を考えくれることを前提にすると、規模が大きい施設の方が待遇が良いということだけです。

 

まあ、当然ながら介護業界に限らず、職員を思ってに利益を還元してくれる企業は少ないです。ただ、探せば存在するのも確かです。

 

しかし、普通に探すと、そのような求人を探すのは至難の技です。

 

見つけても求人倍率が高いことは予想できます。

 

現在ケアマネジャーの数は増える一方なので、待遇の良いケアマネージャーの求人は競争が激しいと思った方がいいです。

 

※ここでいう待遇のよい求人とは、年収約350万円〜400万円前後(賞与含む)、休日106日以上、有給あり、夏休み3〜5日、時間外手当、社会保険完備、退職金ありといった条件を前提にしていますので注意してください。また、看護の資格手当は含まない事を想定しています。

 

もし、効率よくケアマネージャーの求人を探すのでしたら、紹介会社を活用することをおすすめします。

 

オススメの紹介会社

 

⇒介護の転職ならメドフィット

 

『メドフィット』は、一般公開されていない優良な求人情報を多数抱えています。

 

サイトで公開されている求人も結構優良な求人も多いですし、非公開求人の場合はあなたの経験と条件に合わせて紹介してくれるので競争も少なく、倍率も低いです。

 

非公開求人の中には、月収が30万円を超えることもあるので、もし待遇のよい施設に転職したいと思っているのでしたら、登録してみることをオススメします。

 

また、メドフィットの特徴は対応が柔軟なところです。

 

通常の紹介会社の場合は、登録すると面談の予約を取り付けられますが、メドフィットはメールと電話で介護の仕事の希望と条件、そして今までの経歴などを確認します。

 

理由としては、メドフィットは、全国の求人を扱っていることから、遠方に住んでいる方は面談のために足を運べず、サービスを受けられない事を回避するためです。その代わり、メールで簡単に質問事項を返信した後は、電話でメールに送信した内容を元に詳しい求人の希望、条件等を聞かれることになります。

 

そして、その内容を元にメールで、あなたの希望、条件に合った求人のみが厳選されて送られてきます。

 

また、他の紹介会社と違って、求人を断っても小言を言われたりしないので安心してください。

 

電話も頻繁にかかってこず、2週間に1回程のペースで状況確認の電話がきます。

 

メドフィットで受けられるサービス

応募書類の書き方から、面接の日時のセッティング、面接のアドバイス(関東在住の方は本社で面接の練習もできます)、面接時に専任のアドバイザーが同行、内定後の契約書と募集要項に相違がないか等のチェックなどのアフターフォローまで無料でしてくれます。

 


ケアマネージャー 大阪 (50代前半 女性)の声
弊社サービスについて】
スマホで仕事を探しているうちに、偶然初めて転職サポートにお世話になる事になりました。
いつの間にか2ヶ所でお世話頂いたのですが、メドフィトさんの細やかなサポートは、
本当に力になり安心出来るもので有難かったです。
又、履歴書や職務経歴書の添削にまで気を配って頂き助かりました。
お陰様で思っていたより良い条件で転職出来る事になり感謝しています。
これからも、転職者の強い味方になって運営を続けていって頂きたいと思います。

 

【担当エージェントについて】
細やかな所まで気を配って頂き感謝しています。
面接の設定や後のフォローまで、お任せ出来たのは安心でした。
又、面接時の条件でお給料の部分で後から交渉して頂けると言って頂いたのは面接時の負担がなく有難かったです。
私のおかしな質問にも丁寧に対応して下さり感謝しています。
お陰様で、スムーズに仕事が決まりほっとしています。
いつも、安心出来る言葉掛け に励まされました。
本当にお世話になり、感謝しています。 ありがとうございました。


他の検索サイトと併用してもいいので、時間にある程度余裕を作れるのなら登録する事をおすすめします。

 

何よりも、将来的にケアマネージャーとして生活していくのでしたら、必ず待遇の良い職場を見つけるべきです。

 

ケアマネージャーの仕事は社会的貢献度が高い仕事ですが、あなた自身が良い職場にいないと、心から利用者の事を思ってケアマネジャーの仕事をすることは難しいと思います。

 

もし今の職場に満足しておらず、それでもケアマネージャーとして仕事をしていくのでしたら、一度腰を据えて満足して働ける職場を探してみたらどうでしょうか?

 

⇒介護の転職ならメドフィット

オススメの介護専門の紹介会社

関連ページ

介護士 オススメ紹介会社 月収30万を目指す
介護の転職  すぐに新しい転職先を決めたい方へ
介護職から看護職へ転職をできるのか
介護の仕事  40代からの転職
介護職員への転職では紹介会社とハローワークどちらを使うべきか
介護業界のホワイト企業に転職する方法
介護施設の施設長・管理者になるには
パートの介護職員の時給は少しずつ上昇している!?
介護福祉士の資格は転職で有利になる材料になるか
未経験で介護の施設長の求人に応募するか悩んでいる方へ
未経験・無資格で介護職に転職する時の職場選び
介護職として出世して行く方法と求められる能力
サービス付高齢者向け住宅の求人を選ぶ上での注意点
需要が増していく訪問介護の将来性
訪問介護 正社員の給料と将来性
訪問介護のオペレーター業務とは
介護職派遣のメリット・デメリットとは
他業界から介護職へ転職する前に知っておくべき事
介護職として復職する際の注意点とは
介護職の転職 非公開求人
ブラック企業が運営している介護施設から転職する
サービス提供責任者になると給料は上がるのか
介護施設と訪問介護 どちらが働きやすいのか
フリーターから介護職の正社員に就職する
残業のない介護施設の探し方
介護職 育児と仕事を両立して働きたい
親の介護の経験から介護職に就くことはできるのか
忙しくない楽な介護施設で働きたい
介護職でも転職回数が多いと採用で不利になるのか
長年勤めた介護施設から転職
介護職として働きたいけど採用されない
辞めたい介護施設から引き止めを受けて辞められない
30代で介護職に転職するのは難しくないか

 
TOP 転職の悩み 資格 悩み・相談 転職サイト