サービス付高齢者向け住宅の職員募集の求人の選び方

サービス付高齢者向け住宅の職員募集の求人が増加している理由

 

 

求人を見るとサービス付高齢者向け住宅の求人が増えていると感じないでしょうか?

 

実は、国が特別養護老人ホームの待機者のために、サービス付高齢者向け住宅の増加を推進しているのです。具体的には、税の優遇、補助金の支給、融資の優遇などになります。

 

そのため、サービス付高齢者向け住宅は年々凄い勢いで増加しています。

 

ただ、増加に反して増えないのが、介護職員になります。

 

深刻になっている高齢化問題ですが、いくら施設が増えても働く職員がいなければ機能しません。

 

特に、特別養護老人ホームの待機者としての機能を持たせたい国としては、従来のサービス付高齢者向け住宅と違って自立の方が中心ではなく、要介護度の重い方も受け入れて貰わないと意味がありません。

 

そのため、サービス付高齢者向け住宅を運営している事業者にとって職員の確保は急務といえるでしょう。

 

施設によって異なるサービス付高齢者向け住宅の介護職員の待遇

 

 

通常は職員が確保できないのでしたら、職員の待遇を良くしようとするのでが一般的ですが、介護ビジネスには多くの企業が参戦しています。

 

特に低価格で競争する場合は、一番のコストにある人件費は抑えたいというのが施設側の本音です。

 

また、施設側からしたら貴重な雇用を生み出す施設が地方にできるなら、むしろ職員の確保に苦労しないのではと思い違いしていることもあります。

 

ただ、地域によっては必要最低限揃ってしまったりするのが現在の地方の求人の少なさでもありますが……

 

全国規模で展開している企業が運営している企業の場合は、給料・時給・福利厚生がある程度統一されていますし、不払いになるといったリスクは少ないです。

 

その分特別待遇されることも少ないですが。

 

私個人としては、サービス付高齢者向け住宅の求人全てが悪いとは言いませんが、これから施設同士の競争が激しくなることを考えると、就職を決める前の面接の質問、見学を徹底するべきだと思います。

 

正直いって求人だけみても、実情は一切分かりません。競争が激しくなると、職員確保のため、土壇場で雇用条件を勝手に変更してくる事もあります。

 

また、施設の良し悪しは、施設で働く職員によって左右されるといってもいいので、必ず施設の見学、そして雇用条件の確認はするようにしましょう。

 

もし、自分の目で求人の雇用条件や施設の良し悪しが分からない場合は、紹介会社等を利用して、信頼のある施設の求人を見繕って貰うようにしましょう。

 

特にオープン前のサービス付高齢者向け住宅になってくると、見学で判断できません。

 

それよりも、紹介会社で実績と信頼がある企業が運営している施設を紹介して貰って、あなたが満足して働ける施設を見つけるようにしましょう。

 

不安なく、待遇の良い施設で働きたいと思っている方は下記の記事を参考にしてください。

 

⇒介護士 オススメ紹介会社 月収30万を目指す

オススメの介護専門の紹介会社

page top