介護の転職で新しい転職先をすぐに決めたい方へ 

すぐに転職できる介護の職場を探す方法

紹介会社のメリット・デメリット

 

 

紹介会社を使うことで、紹介会社側があなたの希望にあった条件の求人を用意してくれる上に、待遇面の交渉も変わりに行ってくれます。

 

また、紹介会社だけが扱っている優良な非公開求人も紹介して貰う事ができるので、時間を掛けて転職活動に取り組めば、現在の職場よりもより良い待遇で働ける場所を見つけることができます。

 

ただ、デメリットとして、紹介会社を使うと転職までに時間が掛かる傾向があります。

 

優良な非公開求人を紹介して貰うには、アドバイザーと綿密な相談することになります。そのアドバイザーとの相談が終わった後に、非公開求人が紹介会社側から提示され、その非公開求人から選ぶことになります。

 

ここまでも、結構時間が掛かるのと、アドバイザーとの相談した時にお互いの認識がズレてしまうと、思った通りの求人が紹介されない場合もあります。そうなると、なかなか転職活動が進まなくなります。

 

また、施設との面接も紹介会社を通して設定されるので、一度に多数の面接を申し込む事ができない場合があります。

 

したがって、紹介会社だけを使う場合は、ある程度の長期戦を覚悟してでも自分に合った仕事場を探すことが前提になります。

 

ただ、専任アドバイザーと相違が発生せずに、順調に進むと1〜2週間で就職先が決まることもあります。また、当然ですが、あなたの条件や希望によっても変わってくると思ってください。

 

⇒オススメの介護専門の紹介会社

 

介護専門の転職サイトで自分で求人を探す

 

 

 

私の個人的な意見としては、紹介会社と求人サイトの両方を使って転職活動をする事をお勧めします。

 

求人サイトの場合は、自分で一般公開されている求人の良し悪しを見極める必要があります。

 

紹介会社と違って、全て自分で判断する必要があるので、リスクがありますが、その分仲介がないので、気に入った求人があればスピーディーに応募ができます。

 

また、求人サイトは紹介会社と違って求人数がとにかく多いので、中には優良な求人も存在します。

 

紹介会社だけを使うと、おそらく日程が空いてしまうことになると思うので、その時間を無駄にせず、自分でも積極的に転職サイトを使って希望の条件に合う求人を探す事をおすすめします。

 

オススメの介護専門の転職サイト介護や福祉の仕事を専門に扱った業界No.1の求人サイト・カイゴジョブ!

オススメの介護専門の紹介会社

page top