未経験で介護施設の施設長の求人に応募していいのか

未経験で介護施設の施設長の求人に応募していいのか悩んでいる方へ


新卒から目指す方、転職で未経験から目指す方、キャリアアップのために目指す方等、介護施設の施設長を目指す方のスタートラインは様々だと思います。

 

相談員の業務と介護の業務を兼務している方なら、一からスタートするよりも、スムーズに施設長の業務が出来るでしょう。特に相談員の仕事は施設長の仕事と被っているので、場合によっては本社から推薦されるこもあります。

 

ただ、最近は未経験から将来の施設長として候補生の求人も目立つようになりました。

 

ただ、応募する側としては、本当に未経験からでも施設長になれるのか心配だと思います。

 

施設長の仕事の主軸は介護ではない

 

 

施設長は、施設の管理者なので実は介護の資格がなくても平気だったります。

 

ただ、仕事内容は多岐に渡ります。

 

職員の都合を勘案した上でのシフト作成。

 

利用者が事故で怪我をしたり、死亡した場合は休みを返上してでも施設に駆けつけて対応し、施設を運営している本社や市や県庁の介護課に報告書を送る必要が出てきます。

 

また、施設を満床にするため、サービスの向上に向けて職員の指導をする必要もあります。

 

この時に、現場での介護経験がないと、現場で働く介護職員から不満が出る場合があるので、事前に施設内の信頼を得るために行動して置く必要も出てきます。

 

それ以外にも、施設職員の採用、相談員と一緒に利用者家族との対応をしたり、契約書の作成等多岐に渡ります。

 

これだけ、聞くと未経験では無理でないのか?と思いますが、施設長がする仕事は明確に決まっていません。

 

やるべき仕事は多岐にありますが、全てを自分がやる必要もまたありません。極端に言えば、ほぼ全部を相談員や事務員の人に仕事を投げることも可能ではあります。

 

ただ、それができるのは、本社から派遣されるような名ばかりの施設長だと思います・・・

 

ただ、未経験で施設長候補生として、または最初から施設長に配属されても、徐々に周りの職員さんから教えてもらう形でも大丈夫とも言えます。

 

介護の仕事と相談員の資格を目指そう

 

 

介護の経験や資格がなくても施設長になれますが、給料が本来よりも低くなる可能性があります。

 

現場の仕事がサポートできれば、それだけで施設のサービスを向上できますし、施設職員の評価も上がります。

 

また、施設長が相談員の配置に入ることができれば、それだけでシフトの作成も楽になります。

 

会社からの価値も上がるので、当然給料も上がります。

 

そのため、未経験で施設長になっても、介護の資格を取得する努力をして、自分の価値を上げるように努力する事をお勧めします。

 

もしくは、施設長の求人に応募する前に介護職員初任者研修の資格を取得しておいても良いでしょう。

 

資格を取得しておいた方が、求人を選らべる幅はやはり広がるので、選択肢を増やすためにも資格を事前に取得しておいて損はありません。

 

(資格の取得を考えているのでしたらコチラを参考にしてみてください)

 

施設長の仕事は施設によって違う

施設長の仕事は施設によって全く違います。

 

施設長の仕事を簡単に挙げれば労務管理、運営管理、経営管理、備品管理、市や県庁に提出する書類の作成などのありますが、施設によっては運営している本社が行っている場合もありますし、エリアマネージャー等が入れば、一緒に仕事をしてくれる事もあります。

 

職員同士で教育体制が整っていれば、更に負担は減ります。

 

全ての仕事を押し付けられる場合もあれば、業務が分割され負担が少ない場合もあります。

 

そして、もしあなたが施設長を目指しているのでしたら、後者で働きたいと感じると思います。

 

沢山の仕事を学びたいと思う方もいると思いますが、施設長の仕事は探せば際限がありません。ある程度仕事内容が明確にされないと、過労でぶっ倒れます・・・

 

そうならないためにも、働く施設はしっかりと見定めましょう。

 

もし、施設の良し悪しが分からないのでしたら、紹介会社等を使いましょう。

 

⇒好待遇な介護施設の求人を紹介して貰える紹介会社

オススメの介護専門の紹介会社

page top