介護の転職ではハローワークではなく紹介会社を使いましょう

介護職員への転職では紹介会社とハローワークのどちらを利用すべきか

 
介護職員への就職、転職をする場合は、紹介会社とハローワークのどちらを使って活動をした方が良いと思いますか?

 

私としては、両方を使って行くべきだと思いますが、闇雲に介護職員の求人を探すと、結構な数の介護職員の求人に戸惑う可能性があります。

 

特にハローワークに載っている求人は、求人を載せるのに費用がかからないために、募集が終わっているのに載せたままでいる企業も存在します。

 

ただ、ハローワークや検索型の転職サイトを使うと結構な数の求人を探すことができるので、楽に転職ができるのでは?と感じるかもしれません。

 

そして、その考えは正しいです。

 

ただ、闇雲に求人に応募すれば、高確率で自分の条件に合わない介護施設で働く事になると思います。

 

だったら、ハローワークの職員の方に事前に応募する企業について聞けばどうでしょうか?

 

残念ながら、ハローワークの職員はあまり頼りになりません。良くも悪くももお役所仕事といった感じです。人当りは悪くありませんが、業界の専門的な知識全くありません。

 

企業について調べてくれるのは、ハローワークの規定にそっているかどうかです。

 

そして、ハローワークに掲載されている求人の半分以上はブラック企業と呼ばれています。就職してみたら募集要項と全く違う・・・なんて事は頻繁にあります。

 

そのため、ハローワークの求人で、あなたの条件を満たす優良施設を探すには、相当の運が必要になるでしょう。

 

しかし、ハローワークの求人で就職して、楽しく働いている方もいらっしゃいます。

 

ハローワークを活用する時のアドバイスとしては、ハローワークの職員だけに頼らず、あなた自身の足で事前に施設の見学を行い、施設に問題がないか確認する必要があります。

 

他にも、あなたの目で施設の管理者の人柄を判断しましょう。

 

その上で、問題がいない事を確認した上で、妥協せずに就職先を決めていきましょう。

 

面倒と感じるかもしれませんが、前述した手間を省いて、いわゆるブッラク企業と呼ばれる企業が運営している施設を職場に選らんでしまうと・・・

 

きっと長続きはしない結果になると思います。

 

条件を満たす求人が探せるのが介護専門の紹介会社

 

 

優良な介護施設の求人を効率よく探すのでしたら、介護専門の紹介会社が運営している転職サイトを使うことをお勧めします。

 

理由は、非公開求人を扱っていることが一番大きな理由となります。

 

非公開求人は、介護施設側が人手が足りないから「誰でもいい」という思いで求人を出しているのでしはなく、「人の質、将来性を見た上で一緒に働けるか決めたい!」という思いで非公開求人として介護専門の転職サイトに持ち込まれます。

 

したがって、非公開求人を出す施設の多くは(絶対ではないですが)高い質を保ったサービスを提供しており、職員のチームワークも良い傾向があります。

 

そして、その職員が安心して働けるように、給与、福利厚生も高い水準になっています。

 

ただ、その反面として面接も通常の介護職員の面接と違い、入念に面接が行われます。

 

特に重点に置かれるのは、応募者の人となりです。経験よりも、その人が真面目にチームワークを重視して働いていけるかどうかを見ます。

 

そして、面接をする前に、面接を受ける最低基準を満たしているかどうか紹介会社に判断してもらうために、非公開求人として介護専門の紹介会社に持ち込まれます。

 

介護専門の紹介会社は応募に時間がかかる

 

 

介護専門の紹介会社に登録した人に合わせた求人を紹介してくださるため、専門のアドバイザーの方と応募条件等を綿密に話し合うことになります。そのため、応募するのに時間がかかる傾向があります。

 

したがって、アドバイザーと相談するのが面倒だったり、職場探しに時間と労力をかけたくないという方には介護専門の転職サイトはお勧めできません。

 

ただ、安心して働きながら、介護の技術を確実に向上させて、質の高い介護サービスを提供していける職場で働きたい!そのため、妥協せずに徹底的に就職・転職活動をしたい!と思う方にお勧めします。

 

もちろん、転職・就職のチャンスを単純に増やしたいと思う方にもお勧めできます。

 

最初に述べたように、介護専門の紹介会社に登録しながら、ハローワークや転職サイト等を活用するのも一つの方法です。

 

それぞれにメリットとデメリットがあるので、自分の転職・就職活動に適した手段をとるようにしていきましょう。

 

(介護専門の紹介会社について詳しく知りたい方はコチラの記事も参考にしてください)

 

職場変更(転職)と退職を繰り返さないために

 

ただ、私は妥協しない転職活動をして欲しいと思っています。

 

介護職員方の中には、初日で辞めてしまう方も少数ですがいらっしゃいます。

 

入職して3ヶ月で辞める方は、結構いらっしゃいます。

 

退職してしまった人に問題がある場合もありますが、介護施設とのミスマッチが一番の原因だと私は感じています。介護施設とのミスマッチで辞めた後に、また転職活動をするのは相当な体力が必要になります。

 

それでしたら、時間をかけても、介護専門のアドバイザーの方と話し合った上で、働く職場を精査して決めた方が、結果的に時間を無駄にしないのでと思います。

 

ただ、これは私の個人的な感想でもあります。人によっては、じっくりと転職活動をできない状況の方もいます。

 

ただ、それでも最低限は職場になるかもしれない施設の見学等は事前にしておきましょう。

 

お勧めの紹介会社

お勧めの介護士の転職・求人情報ならメドフィットがお勧めです。

 

持ち込まれている求人の量がとても多く、非公開求人も数多く取り扱っています。

 

また、担当のスタッフが親身に相談に応じてくれるので、希望の条件に合った、または近い求人を紹介してくれます。

 

詳しい内容は別記事でも紹介しているので、下記を参考にして見てくださいね。

 

⇒介護士の転職を成功させる

オススメの介護専門の紹介会社

関連ページ

介護士 オススメ紹介会社 月収30万を目指す
ケアマネージャーの年収を転職で上げる方法
介護の転職  すぐに新しい転職先を決めたい方へ
介護職から看護職へ転職をできるのか
介護の仕事  40代からの転職
介護業界のホワイト企業に転職する方法
介護施設の施設長・管理者になるには
パートの介護職員の時給は少しずつ上昇している!?
介護福祉士の資格は転職で有利になる材料になるか
未経験で介護の施設長の求人に応募するか悩んでいる方へ
未経験・無資格で介護職に転職する時の職場選び
介護職として出世して行く方法と求められる能力
サービス付高齢者向け住宅の求人を選ぶ上での注意点
需要が増していく訪問介護の将来性
訪問介護 正社員の給料と将来性
訪問介護のオペレーター業務とは
介護職派遣のメリット・デメリットとは
他業界から介護職へ転職する前に知っておくべき事
介護職として復職する際の注意点とは
介護職の転職 非公開求人
ブラック企業が運営している介護施設から転職する
サービス提供責任者になると給料は上がるのか
介護施設と訪問介護 どちらが働きやすいのか
フリーターから介護職の正社員に就職する
残業のない介護施設の探し方
介護職 育児と仕事を両立して働きたい
親の介護の経験から介護職に就くことはできるのか
忙しくない楽な介護施設で働きたい
介護職でも転職回数が多いと採用で不利になるのか
長年勤めた介護施設から転職
介護職として働きたいけど採用されない
辞めたい介護施設から引き止めを受けて辞められない
30代で介護職に転職するのは難しくないか

 
TOP 転職の悩み 資格 悩み・相談 転職サイト