40代未経験で介護の仕事に転職する選択肢

40代で介護の仕事に転職を決める覚悟

 

40代になって介護の仕事に興味を持って就職・転職を考える人は少なからずいらっしゃいます。

 

理由は子育てに手がかからなくなり、生活資金を稼ぐためという主婦の方から、他業界から純粋に介護の仕事に興味を持って転職を考える人まで幅広いです。主婦の場合は基本的にパートの方が多く、他業界からの方は正社員希望で考えている人が基本的に多い傾向です。

 

40代から介護の仕事に転職できるのか 

主婦の方は、介護の仕事を選ぶ場合の多くは経験があったり、ヘルパー2級の資格を持っている事が多いと思います。

 

現在介護業界は深刻な人手不足なので、過去に介護の仕事の経験がある人ならば、多少のブランクがあってもハンデになることはないと思います。

 

ただ、それなりにブランクがある場合は、現在の介護の現場とのギャップに戸惑う人が多いので、最初の内は初心に返って勤める事をお勧めします。

 

特に昔と比べ、最近の介護現場は医療行為や衛生管理等が細かくなっているため、ブランクがあると知らない内に法律違反をしてしまうこともあるので注意しましょう。

 

では、今まで介護の経験も資格もない方が介護業界に就職・転職する場合はどうでしょうか。

 

人手不足に悪戦苦闘している介護業界ですが、実は40代で経験も資格がないと、少し転職は難しかったります

 

理由は、幾つかありますが、一つは未経験者の介護の離職率が高いことが挙げれます。

 

特に他業界からの転職者の場合は予想していた仕事と違い辞めてしまうことが多いからです。

 

また、他の業界も同じですが、前職を辞めてブランクがあると、介護業界でも他業界同様に警戒されます。

 

他に働き口がないから未経験でも介護職に・・・という考えが悪いわけではありませんが、それで仕事に手を抜いてしまう方や、やる気を感じれない方も実際にいらっしゃるので施設側も警戒してしまうのです。

 

そのため、もし40代から介護の仕事を目指すなら、まずは介護初任者研修を修めて介護の仕事に真面目に取り組む姿勢を見せるのも一つの手だと思います。

 

ただ、資格取得などの時間がなく、一刻も早く仕事を始めたいのでしたら、施設を選ばなければ無資格・無経験でも勤める事はできると思います。

 

その場合は条件が少し悪くなる可能性が多いので、その辺りの覚悟はしておくようにしましょう。 ある程度の経験を積んで、もっと条件の施設に転職するという方法もありますので。

 

強い気持ちこそが、介護の転職を成功させる

 

 

40代からの介護の転職は、結論を言えば問題なくできると思います。

 

今までの経歴によって多少は、就職・転職活動の時間は変わりますが諦めなければ基本的に働けると思っていいと思います。

 

ただ、良い条件の職場となると難しく、経験と資格を取得し、再度転職活動をすることになるかもしれません。

 

注意:未経験・無資格だと条件の良い施設に就職・転職できないわけではないので注意してくださいね。

 

ただ、無経験・無資格ですと専門の転職サイト等が使えない場合も多く、条件が良い施設は求人数も少ないという理由があるからです。

 

なお介護業界への転職に興味がある方は

 

介護の仕事 好条件の職場に出会うには

介護士 オススメ転職サイト 月収30万を目指すサイト

 

も参考にしてみてくださいね。

オススメの介護専門の紹介会社

page top