介護の仕事で安定した生活を送る将来設計

介護士 転職を考えている人へ

 

今の職場に限界を感じていませんか?

 

人間関係が辛い、給料が少ない、サービス残業が多い、体が壊しそう等の自分で解決できない悩みを抱えているならば、一度職場を変えてみる事も検討してはどうでしょうか?

 

介護業界の1年間の離職率は約13%〜15%程で、全産業の平均離職率は約15%前後になります。ただ、介護業界は職場によって離職率の差が激しいのですが。離職率が低い介護施設は、約5〜8%程ですが、離職率が高い施設ですと50%を超える事もあります。
それらを合計して平均にした数字が、離職率13〜15%になります。

 

そのため、離職率が異様に高い、ブラック寄りの介護施設で働いていると感じているのでしたら、もっと働きやすい介護施設に転職できるように行動してみてはどうでしょうか?

 

⇒介護職員  後悔しない職場選び

 

⇒介護専門転職サイト

 

行動しなければ、現状は代えられませんよ!

 

※下記の記事一覧は、特定の転職を考えている人のケースになります。あなたの転職の悩み、転職して解決したい事の悩みがあれば、参考にして頂けれると幸いです。

介護士 転職を考えている人へ記事一覧

介護士 オススメ紹介会社 月収30万を目指す

介護職で月収30万円を目指す、またはパートとして高時給で働きながら、私生活も大切にしたいのでしたら、介護専門の紹介会社を活用する事をオススメします。介護専門の紹介会社には、それぞれ特徴がありますが、簡単にメリット上げると下記のようになります。・介護士専門の求人サイト・登録者のみに紹介される多数の優良...

≫続きを読む

 

ケアマネージャーの年収を転職で上げる方法

ケアマネージャーの平均年収は、約370万円で平均月収が26万円、年間ボーナスが57万円とされています。男女間で平均年収の差がほとんどないのも特徴になります(男女比は、大体ですが女性3:男性1です)。ただ、注意して欲しいのは、ケアマネージャーの方のほとんどは、ケアマネージャー以外にも介護職(介護福祉士...

≫続きを読む

 

介護の転職  すぐに新しい転職先を決めたい方へ

紹介会社のメリット・デメリット紹介会社を使うことで、紹介会社側があなたの希望にあった条件の求人を用意してくれる上に、待遇面の交渉も変わりに行ってくれます。また、紹介会社だけが扱っている優良な非公開求人も紹介して貰う事ができるので、時間を掛けて転職活動に取り組めば、現在の職場よりもより良い待遇で働ける...

≫続きを読む

 

介護職から看護職へ転職をできるのか

介護職に就いている人が、看護職に就くために資格を取得しようとする事は偶にいらっしゃいます。理由は幾つかありますが、一つは給料の差や、待遇の差があるでしょう。給料の差は特に大きく、同じ施設で働いていても介護職と看護職とでは、1,5倍〜2倍程の差があります。また、施設にもよりますが、介護職よりも残業が少...

≫続きを読む

 

介護の仕事  40代からの転職

40代になって介護の仕事に興味を持って就職・転職を考える人は少なからずいらっしゃいます。理由は子育てに手がかからなくなり、生活資金を稼ぐためという主婦の方から、他業界から純粋に介護の仕事に興味を持って転職を考える人まで幅広いです。主婦の場合は基本的にパートの方が多く、他業界からの方は正社員希望で考え...

≫続きを読む

 

介護職員への転職では紹介会社とハローワークどちらを使うべきか

介護職員への就職、転職をする場合は、紹介会社とハローワークのどちらを使って活動をした方が良いと思いますか?私としては、両方を使って行くべきだと思いますが、闇雲に介護職員の求人を探すと、結構な数の介護職員の求人に戸惑う可能性があります。特にハローワークに載っている求人は、求人を載せるのに費用がかからな...

≫続きを読む

 

介護業界のホワイト企業に転職する方法

介護業界と聞くとブラックなイメージが強く、ホワイトな企業なんてあるのかと感じる方もいらっしゃると思います。特に今まで、それ程待遇の良くない職場や、働きにくい職場でしか働く事ができなかった方ほど、介護業界に対しての不信を募らせているといます。また、介護の仕事を始めたばかりの方も、仕事の忙しさに対して給...

≫続きを読む

 

介護施設の施設長・管理者になるには

介護施設の管理者、施設長に出世したいけど、既にポストが埋まっている…という状況の方はいらっしゃると思います。勤めている企業が複数の介護施設を運営しているのでしたら、新しくオープンした施設の施設長や管理者になるチャンスはありますし、退職者が出ても抜擢される可能性はあります。ただ、例え勤続年数が高く、ス...

≫続きを読む

 

パートの介護職員の時給は少しずつ上昇している!?

正社員の給与までは、なかなか上昇しませんが、パートの方の時給は少しずつ上昇している傾向があります。なぜかと言えば、単純に介護職員が不足しているからです。時給が上昇しているのは、介護職員・訪問介護のヘルパーだけではなく、ケアマネージャーや看護師も例外ではありません。ただ、介護職員が不足しているのは、今...

≫続きを読む

 

介護福祉士の資格は転職で有利になる材料になるか

介護福祉士の資格は、転職時に活かせるか否かと問われれば、持っている方が待遇の良い職場に転職しやすいのは確かです。人手不足が深刻な介護施設の場合は、未経験者でも積極的に採用して行く必要がありますが、一方で堅実な施設経営をしている場合は、未経験者よりも即戦力となる経験年数を積み介護福祉士を雇った方が効率...

≫続きを読む

 

未経験で介護の施設長の求人に応募するか悩んでいる方へ

新卒から目指す方、転職で未経験から目指す方、キャリアアップのために目指す方等、介護施設の施設長を目指す方のスタートラインは様々だと思います。相談員の業務と介護の業務を兼務している方なら、一からスタートするよりも、スムーズに施設長の業務が出来るでしょう。特に相談員の仕事は施設長の仕事と被っているので、...

≫続きを読む

 

未経験・無資格で介護職に転職する時の職場選び

・子育てが一段落したから、空いた時間で介護の仕事を始めたい・社会貢献できる介護職で働きたい・職を失ったから、人手不足の介護職で早めに働きたい介護職として働き始める理由は様々だと思いますが、未経験として介護職として就く場合は、正社員・パート・派遣に関わらずに、入社する介護施設は慎重に選ぶ必要があります...

≫続きを読む

 

介護職として出世して行く方法と求められる能力

介護職の給料を上げて行くキャリアステップとしては、施設・事業所内で出世していく手段や、ケアマネジャーなどの専門職となる方法があります。そして、正社員として出世していく事を考えるのでしたら、ただ何となく現場で働き続けているだけでは難しい可能性があります。※ケアマネジャーに関して興味がある方は介護支援専...

≫続きを読む

 

サービス付高齢者向け住宅の求人を選ぶ上での注意点

求人を見るとサービス付高齢者向け住宅の求人が増えていると感じないでしょうか?実は、国が特別養護老人ホームの待機者のために、サービス付高齢者向け住宅の増加を推進しているのです。具体的には、税の優遇、補助金の支給、融資の優遇などになります。そのため、サービス付高齢者向け住宅は年々凄い勢いで増加しています...

≫続きを読む

 

需要が増していく訪問介護の将来性

政府の方針としては、今まで病院での看取りが全体の約8割を占めていた状態から、これからは徐々に老人ホーム・介護施設、そして在宅による看取りに移していくように推し進めることで決定しています。そのため、より地域密着の介護を目指すためにも、訪問介護といった地域全体で高齢者を見守れる体制が少しずつ整えられ始め...

≫続きを読む

 

訪問介護 正社員の給料と将来性

少子高齢化の影響で、利用者の需要、そして訪問介護の事業所は増えていますが、一方で一番大切な介護士の人手が足りていないのが現状と言えます。そのため、人手を確保するために、好待遇で介護士を雇用する事業所も増えています。訪問介護の働き方と待遇訪問介護のヘルパーとして働いている人の多くが登録制で仕事をしてい...

≫続きを読む

 

訪問介護のオペレーター業務とは

訪問介護のオペレーター業務とは、2012年4月に始まった定期巡回・随時対応型訪問介護と呼ばれる新しいサービスで配置されることになった仕事です。具体的には、日中・夜間の24時間として訪問介護と訪問看護をの連絡を随時受け付けながら、定期的な訪問介護も行うサービスになります。まだまだ参入している民間企業が...

≫続きを読む

 

介護職派遣のメリット・デメリットとは

求人があるようで実は結構少ないのが、介護職の派遣になります。全国の介護職として働いている人達の中で、介護職の派遣社員としてで働いている人達は1割未満とされています。基本的には、介護施設側が直接雇用で正社員・パートを雇う事がほとんど、派遣を使うのは本当に人手が足りなくなった場合、もしくは人材不足の地域...

≫続きを読む

 

他業界から介護職へ転職する前に知っておくべき事

他業界から30代、40代の方が介護職に転職して来る方は意外にいらっしゃいます。理由として多いのが、『社会貢献』です。利益最優先の仕事に疲れ、より社会の役に立てる仕事がしたいと感じて、介護の現場で働きたいと決意する方が多いようです。それこそ、年収が100万円近く下がっても構わないと言って転職した方もい...

≫続きを読む

 

介護職として復職する際の注意点とは

結婚・出産・育児を期に介護職を退いた方が、ある程度育児にも落ち着いて、介護職に復職する方は多いです。パートや派遣として復職するかたもいらっしゃれば、正社員として復職する方もいらっしゃいます。介護職は、基本的には常に人手不足なので、施設を選ばなければ比較的に簡単に働く事はできます。しかし、10年以上の...

≫続きを読む

 

介護職の転職 非公開求人

非公開求人とは、通常の検索サイトやハローワークといった不特定多数の閲覧者が自由に見ることができる求人ではなく、特定の人材紹介会社のみが扱っている求人になります。そのため、申し込む人数が少なく、労働条件も好条件なことが多いので、キャリアアップを狙った転職では非常に狙い目と言えます。非公開求人に応募する...

≫続きを読む

 

ブラック企業が運営している介護施設から転職する

介護職業界に限らずに、必ずブラック企業は存在します。介護業界の場合は、少子高齢化の影響により、ビズネスを知らない人間が、参入すれば儲かるだろうと甘い考えで参入する企業も少なからず存在します。そのような企業が運営している介護施設に間違って就職してしまうと、当然ですが職場環境も待遇も悪く、長期的に働く事...

≫続きを読む

 

サービス提供責任者になると給料は上がるのか

サービス提供責任者の中には、年収500万円以上稼ぐ事ができている人も少なからずいらっしゃいます。ただ、サービス提供責任者として給料を上げて行く事に関する話をする前に、簡単にサービス提供責任者になる方法ついて述べたいと思います。まず、サービス提供責任者になるには、以下の1つを満たしていることが条件にな...

≫続きを読む

 

介護施設と訪問介護 どちらが働きやすいのか

介護士が働く職場としては、大雑把に分けると介護施設と訪問介護に分ける事ができます(病院に関してコチラをどうぞ)。パートや正社員によってもメリットやデメリットが変わってきますし、施設・事業所の良し悪しもあるので、どちらが働きやすいかを決めつける事はできないので、ブラック企業ではない事を前提に客観的に説...

≫続きを読む

 

フリーターから介護職の正社員に就職する

介護とは全く関係の無い業種のフリーターから介護職の正社員に転職できるのか…と悩んでいる方はいらっしゃると思います。結論から言えば、未経験者・無資格の方でも介護職の正社員に転職する事は可能です。ただ、介護職の仕事は給料が低い、仕事が辛いといったブラックなイメージが強いことから、正社員として働ける事を考...

≫続きを読む

 

残業のない介護施設の探し方

この記事を見ている方の多くは、介護施設の残業に嫌気が差している人や、残業がなければ育児や家事と両立しながら介護職として働き始めたい、または復帰したい人になると思います。一般的に介護の仕事となると給料が安く、仕事内容もきついというイメージが強いと思います。そのため、残業も多いイメージを持っている方や実...

≫続きを読む

 

介護職 育児と仕事を両立して働きたい

介護職の方が仕事を辞めた理由として一番多いのが、結婚・出産・育児になります。割合としては、介護職を辞めた方の約3割を占めるとされています。ただ、辞めた介護職員の方に話を聞くと、育児・家事と仕事を両立できるのなら、復職したいと思っている方がも多いようです。実際に、この時期を読んでいる何割かは、保育園か...

≫続きを読む

 

親の介護の経験から介護職に就くことはできるのか

もし、親の介護で忙しくて、あまり社会に出た事が無く、これから親の介護を切っ掛けに介護業界に就職する事を考えているのでしたら、一つの選択肢と検討しても良いと思います。介護職自体は、未経験者・無資格でも挑戦できる職種になりますし、親の介護の経験があるなら少なからず活かすことが出来ると思います。ただ、親の...

≫続きを読む

 

忙しくない楽な介護施設で働きたい

介護職の仕事をしたことのない未経験者の人ですと、「仕事が忙しくない介護施設で未経験者として働きたい」と思いながら、求人を探している人も少なからずいらっしゃると思います。確かに介護施設によっても、職員数が違ったり、平均要介護度の違いもあるので、仕事が忙しさにも差がある事は事実です。ただ、仕事の忙しさに...

≫続きを読む

 

介護職でも転職回数が多いと採用で不利になるのか

介護職に限らず、医療・福祉に関わる職に就いている人の転職回数は業界全体から見ると、比較的に多い傾向があります。しかし、転職回数が多くて有利になることは基本的にないと思った方が良いです。介護施設や事業所にもよりますが、一定以上を超えたら応募書類の段階で落とすケースもあるので安易に転職回数を増やす事はオ...

≫続きを読む

 

長年勤めた介護施設から転職

一つの介護施設に長年勤めていたが、待遇に不満があったり、施設の方針が変わって自分に対する扱いが悪くなった…といったことから他の介護施設への転職を考えている人もいらっしゃると思います。一方で長年勤めていた介護施設からの転職に不安を感じない人はいらっしゃらないと思います。・転職先の待遇の方が悪かったりし...

≫続きを読む

 

介護職として働きたいけど採用されない

「介護業界は人手不足だから誰でも採用する」といった話を聞く事がありますが、誰でも採用するような事は決してありません。採用されるハードルは高くない事は事実ですが、落とされる可能性は存在します。特に介護業界の中でも優良な企業になれば、しっかりと人柄や能力を考慮した上で採用するか否か決めます。ブラックな介...

≫続きを読む

 

辞めたい介護施設から引き止めを受けて辞められない

今の職場を辞めて転職したいのに、職場からの引き止めによって転職ができないと嘆いている介護職員の人は少なくありません。引き止められる内容としては、・今は人手が不足しているから辞められると困る・後任を育ててから辞めて欲しい・辞める3ヶ月〜1年に言うのがマナー、または就業規則で決まっている・他の職員迷惑を...

≫続きを読む

 

30代で介護職に転職するのは難しくないか

30代前半、または30代後半の人で、介護職に転職を考えている人は少なからずいらっしゃると思います。まず、結論から言えば、30代であることが、介護職に転職する上で大きなハンデになる事は基本的に少ないです。ただ、今まで何回も転職を繰り返していた場合は、他の業界同様に「すぐ辞めるのでは?」と思われる可能性...

≫続きを読む

 

オススメの介護専門の紹介会社


 
TOP 転職の悩み 資格 悩み・相談 転職サイト