パワハラのある介護施設を辞めたい

パワハラのある介護施設を辞めたいと思ったら

 

介護士として働いている人の悩むを聞くと、やはりパワハラの話を聞く事は少なからずあります。

 

介護士の職場の中でも介護施設は、閉鎖的な職場になりますし、最近は男性が少しずつ増えてきていますが、それでも女性のみしかいない施設は多い傾向があります。

 

そのため、女性同士の派閥もできやすいです。

 

だからこそ、施設長やエリアマネージャーといった管理者が、職場が荒れないようにすることが求められるのですが、一部のブラックな介護施設では、放置されやり、施設長が派閥を作ってしまっているようなケースもあります。

 

そうなってくると、新人の介護職員は職場に馴染むことが難しいですし、立場が弱い事からサービス残業を強いたり、他の介護職員の仕事を無理やり負わせるといったパワハラが発生することもあります。

 

物理的な暴力が発生する事はありませんが、無視や悪口から始まり、前述した仕事に直接影響を与えるものまで幅広いです。

 

パワハラに悩まされている時の対処法

 

 

パワハラを自力で解決することは非常に困難です。そのため、周りに相談すれば解決できるパワハラなのか、それとも迅速に他の介護施設などに転職するべきなのか判断すべきと言えます。

 

面倒だったり、今の職場環境に少しでも耐えられない程に追い詰められているのでしたら、どちらを選ぶか悩まずに、転職をすべきですが、ここでは両方について述べて行きたい思います。

 

職場のパワハラをどうにかしたいなら

まず、他の介護職員に相談して、仲間になって貰えるかどうかが大切になります。

 

具体的には、パワハラをしているのが、特定の人物、または数人だけというケースです。

 

その場合でしたら、同じように不快に思っている人と一緒に施設長などに相談して、解決して貰うようにしてください。

 

解決できないなら退職をすることを告げれば、突然多くの介護職員が辞めることになるので、何らかのアクションはあると思います。

 

もし、施設長が何もしなかったり、施設長がパワハラをしているのでしたら、運営本社に直接パワハラを報告するのも良いと思います。

 

仲間が多い程に、介護施設の管理者にとっては大きなプレッシャーになりますし、証言をしてくれる仲間もいるので、スムーズに解決に進む可能性があります。

 

転職すべきケース

転職すべきケースとしては、仲間がほとんどないケースになります。

 

具体的には、派閥ができてしまっていて、パワハラを受けても、他の介護職員は見て見ぬふりをしている状態と言えます。

 

このような介護施設では、あなた一人だけで施設長などに相談しても、受けつてくれない可能性が高いですし、前述したように施設長が関わっていたら意味がありません。

 

本社などに相談するのも一つの手ですが、小規模な施設ですと、そのような窓口が無い事の方が高いです。

 

パワハラなどを日記などにまとめて、証拠を残して、訴えを起こしたりする手段もありますが、手間もかかりますし、相応のメリットがあるかといわれると無いと言わざるを得ません。

 

そのため、打つ手が無い、またはパワハラの解決が仕事よりも労力が掛かると思ったのでしたら、素早く転職するようにしましょう。

 

辞められない介護施設はない

辞めたいといっても、施設長が退職願・退職届を受け取ってくれないのでしたら、無理やり辞めてよいです。

 

退職願いは、相手の承諾が必要ですが、退職届は労働者側が一方的に辞める事を申請するので、撤回が自分からではできない代わりに、会社側も拒否することはできません。

 

法律上は、退職の意思を示してから14日経過すれば、辞める事ができるので、無理やり辞めましょう。

 

もし、受け取ってないとシラを知られる可能性があるのでしたら、内容証明郵便などを利用して、証拠を残しても良いと思います。

 

ブラックな介護施設ばかりではない

 

 

勘違いしないで欲しいのが、介護業界の企業全てブラック企業ではない事です。

 

パワハラやイジメなどが起こらないように、施設長やエリアマネージャーがしっかりと施設を管理している職場もありますし、待遇面も長期的に働けるように整備されている職場もあります。

 

ただ、そのような介護施設に巡り合うことが難しいのは事実です。

 

求人で記載されている内容が、実際の待遇と異なることも珍しくありません。

 

そのため、働きやすい介護施設に就職できるかは運の要素も強いと思ってしまうかもしれません。

 

しかし、自分だけで求人を探さず、周りにもサポートして貰えば、希望にあう介護施設に出会える可能性を上げることはできます。

 

介護専門の紹介会社を利用する

 

 

介護専門の紹介会社とは、介護の求人に特化した会社を言います。

 

普通の転職サイトと違って、担当のスタッフが一人一人に付き、あなたの希望する条件に合った介護施設の求人を厳選して紹介してくれます。

 

信頼できる紹介会社でしたら、スタッフが事前に足を運んで、職場の雰囲気などを確認してくれますし、実際に紹介で就職した人の離職率なども教えてくれると思います。

 

また、求人には載っていない情報も扱ってくれるので、事前に様々な情報を知った上で求人に応募することができます。

 

もし、待遇が良く、働きやすい介護施設で働きたいのでしたら、介護専門の紹介会社の利用を検討してみてはどうでしょうか?

 

⇒介護専門転職サイト

オススメの介護専門の紹介会社

関連ページ

介護の仕事 有給休暇がとりにくいのか
子育てと介護職の両立はできるのか
介護の夜勤業務の内容とは
介護の仕事で人間関係に疲れてしまった方へ
介護の仕事を辞めたいと思ったら
介護職員 未経験でも正社員にすぐなれるのか?
介護職 仕事に自信が持てない方へ
介護の仕事が好きじゃないと介護職は務まらないのか
男性介護職員の不安 定年まで働けるのか
介護職 パートと派遣どちらで働くべきか
介護職 残業の悩みを解決する働き方
介護職 サービズ残業のない職場への転職方法
介護職 ストレスで仕事を辞めたいと感じたら
介護職の給料は安くて結婚できないのか
介護職 勤続年数によって昇給しないのか
介護福祉士なのに給料が低い
介護職 出産後の復帰
介護職 仕事を正当に評価して貰えない場合の対処法
介護士の休日の過ごし方
介護施設の休日が少なくて辞めたい
特養より有料老人ホームやグループホームの方が楽なのか
人見知りで介護職として働く事は難しいのか
介護職員でも連休の取得を増やすことはできる
介護職は退職金を貰う事ができるのか
介護職を使い捨てにするような介護施設からは転職する
介護職として働き続けるモチベーションが湧かない
他の介護職員から無視されたり暴言を言われたりする
先輩介護士から嫌われてしまった場合の対応
就職した介護施設がシフトの希望を聞いてくれない

 
TOP 転職の悩み 資格 悩み・相談 転職サイト