介護職 仕事を正当に評価して貰えない場合の対処法

介護職 仕事を正当に評価して貰えない

 

介護職として働いている人の不満や悩みのアンケートを取ると、人間関係の次に多い不満・悩みが『正当な人事評価』になります。

 

正当な評価を受けていないと感じるケースとしては、正社員やパートといった雇用形態でも変わってきますが、

・自分よりも仕事ができない人の方が優遇されている
・介護技術が低いのに施設長として働いている
・時給・給料がなかなか上がらない
・賞与が貰えない(賞与が貰えるパートと貰えないパートがいる)

上記のような部分で不満を感じる人が多いと思います。

 

現場の介護職員の評価を決めるのは難しい

 

介護職の評価の基準とは何か…と考えると実はかなり難しいです。

 

介護という無形のものを提供する上に、介護職員一人一人が利用者に対して介護というサービスを営業のように直接売るわけではもありません。

 

そのため、営業などと違って数字面から評価する事ができません。

 

だったら介護技術のみで判断すれば良いのか?

 

確かに一つの基準と言えるかもしれませんし、実際に勤続年数に応じた技術を持っていれば時給や給料が上がる事もあります。

 

ただ、いくら介護技術があっても利用者からの評判が悪かったり、他の介護職員との連携に問題があると、それらを無視して評価する事は出来ないと言えます。

 

実際に、介護リーダー・介護主任・施設長と出世する上で介護技術だけあっても、仕事が務まりません。

 

他の介護職員を教育したり、指揮する能力も求められます。また、施設長に関しては介護技術だけではなく、利用者を入居させるための営業力も必要になります。

 

偶に介護技術が低いのに施設長をしている人がいる理由としても、営業能力や管理者としてのスキルが高いことから抜擢されているケースもあります。

 

そのため、同じ介護施設内でも就いている職種によっても、評価される基準は変わってきますし、施設によって何を優先するかも変わって来ると言えます。

 

パート同士の評価が変わる主な理由とは

 

パートの賞与の有無に関しては、フルタイムか否かで基準が変わる事があります。

 

また、評価に関しても、シフトに入る回数も考慮される事が多いので、介護技術が高くても、シフトに入る回数が少ないと、介護技術が自分よりも低い職員よりも評価が下がる事が多いです。

 

 

確かに介護技術は大切ですが、一方でシフトに入る回数が少ないのに、多い人よりも評価されて時給が上がる…というのも納得しにくい部分があり難しい側面を持ちます(介護資格による時給加算ですと恣意的な判断が含まれないので文句は出にくいのですが)。

 

介護施設に対する貢献をどのような側面から、どの項目を重視するかでも評価は変わる事があると思った方が良いと思います。

 

勤続年数と仕事内容に応じた評価をしている施設が一番多い

 

 

施設によって評価基準は多少異なってきますが、一般的に正社員・パートの評価の基準となるのは、介護技術よりも勤続年数と仕事内容になります。

 

具体的には、勤続年数に応じてリーダー職といった管理者として側面に近い職種を打診されます。

 

それを受けるかどうかで、給料や時給の金額も変化していきます。最初は役職に見合わない実力でも、人手不足の役職で頑張って貰って成長して貰った方が施設としてもメリットは大きいです。

 

逆に、介護技術が高く、周りの介護職員と摩擦を起こさなくても、仕事内容に変化がないのでしたら、一定水準以上の給料・時給で止まってしまう事が多いです。

 

現場の介護職員として評価を上げる方法

出世はしたくないけど、時給や給料を少しでも上げたいと思うなら、前述したように介護福祉士といった資格を取得するのが一つの方法と言えます。

 

もう一つは、替わりが見つかりにくい人材となる事です。具体的には、現場の介護の仕事をしながら、後輩の教育をしたり、介護主任やリーダーの仕事をサポートするといった点になります。

 

少し厳しい事を言えば、介護の仕事だけでができても、一定以上の評価は得られません。それ以上の貢献を目に見える程に努力する必要があると言えます。
ただ、出世を拒否して、役職持ちの人と同じ給料・時給水準を貰う事は難しいと思って下さいね。

 

明らかに不当な評価をされている感じたら

 

 

ブラックな介護施設になると施設長が自分が好きな一部の介護職員だけを優遇するような事をしている場合も残念ながらあります。

 

また、そもそも出世しても給料が全く上がらなかったり、評価基準などが決まっていないような介護施設もあります。

 

もし、施設長に問題があるのでしたら、一度本社に直接メールをして訴えるのも良いと思います。

 

施設長や一部の役職持ちの職員だけが問題で運営している企業に問題がないのでしたら、適切に対応してくれると思います。

 

ただ、対応してくれないとなると、現場で働く介護職員では打つ手がありません。我慢して働くか、他の介護施設に転職するかの選択肢になります。

 

納得できない評価をする介護施設なら他の介護施設と比較してみる

 

 

今の人事評価に納得いかないのでしたら、一度転職活動を始めても良いと思います。

 

実際に転職するかどうか決める必要なく、転職活動をした上で、今の経験年数と資格、そして介護技術でどのような待遇で他の介護施設に迎えて貰えるか比較して貰いましょう。

 

もし、転職した方が給料や休日面が大きく改善されるのでしたら、思い切って転職しても良いと思います。

 

自分で求人を探して比較するのは難しいですし、求人の内容に虚偽がないか確認するのも難しいので、出来れば介護専門の転職エージェントを利用する事をオススメします。

 

無料で利用できますし、優良な介護施設の中からあなたの希望に近い求人を厳選してくれます。その紹介して貰った求人と今働いている介護施設の待遇を比較してみてください。

 

もしかしたら、あなたの事を今の介護施設よりも正当に評価してくれる職場があるかもしれませんよ。

 

⇒オススメの介護専門の転職エージェント一覧

 

オススメの介護専門の紹介会社

page top