介護職 出産後の復帰

介護職 出産後に現場復帰できるか

 

主婦の方で、出産後に生活費を少しでも稼ぐために介護職への復帰を考えている方もいるのではないかと思います。

 

ただ、介護職の仕事は、残業が発生したり、シフトの融通が悪くて子供が熱を出した際に休めるのか…といった不安が付きまとうので、なかなか踏ん切りが付かないも事実だと思います。

 

特に出産までに働いていた介護施設が、育児をしながら働けるか分からないような職場だったら尚更心配になると思います。

 

しかし、介護職として働いている人の中では、出産してそれ程期間が経っていなくても介護職員として働いている方がいるのも事実です。

 

育児に理解のある介護施設が増えつつある

 

 

介護業界全体の悩みの一つが介護士の人手不足になります。

 

そのため、優良な介護施設は少しでも腕の良い介護職員を雇うために、出産を機会に退職した介護職員が復帰できる環境を整えるようにしている事が増えてきています。

 

具体的には、

・時短勤務によるシフトで保育園の送り迎えに支障を与えない
・急な介護職員の休みに対応できるように介護職員の数に余裕を持たせている
・残業が発生しないような環境を整えている

職場によっては、託児所が付いている事もありますが、コチラはまだ全体的に極一部と言えます。

 

ただ、病院や病院に付属している介護施設には、託児所がある事が多いので、一度病院で看護補助者として働くことを検討してみても良いかもしれません。

 

また、託児所が付いている施設は少なくても、時短勤務で働ける介護施設自体は増えているので、育児との両立はしやすいですし、仕事の感覚を取り戻すのも丁度良いと思いますよ。

 

⇒介護の仕事 病院での仕事内容

 

訪問介護は育児をしながら働けるか

登録型の訪問介護は、登録者のヘルパーの希望に合わせて仕事を依頼してくれるので、スケジュールを組んで働きやすいといった側面があります。

 

また、訪問介護1件の勤務時間も長くても1時間〜1時間半程度になるので、勤務時間も融通が利きやすいです。

 

基本的には、訪問介護が延長されることもないので、保育園の送り迎えなどにも影響を与えにくいです。

 

大手の訪問介護でしたら、人も豊富なので、子供が熱を出した際も仕事を休みやすいといった利点もあります。

 

デメリットとしては、最初は様子見と言う面もあって、思ったように仕事を紹介して貰えないこともあります。

 

介護施設の場合は、希望通りのシフトで働ける事が多いので、給料も安定しやすいですが、訪問介護の場合は、仕事の紹介の割り振り、利用者のキャンセルなども含めると多少安定しないといった側面があるので注意してください。

 

介護施設内の人間関係

 

出産後に仕事を始める事は、それなりの覚悟が必要になりますし、職場内で育児を優先するために他の職員に負担を掛ける事で人間関係に軋轢を起こさないかといった不安とも戦う必要が出てきます。

 

そのため、余計な人間関係の悩みを抱えないためにも、復帰する事を検討している介護施設で同じように出産してそれ程期間が経たずに復帰している人がいるか調べたりするのも良いと思います。

 

また、働きやすい環境が整っているか確認するために、利用しなくても育児休暇などの取得率を調べてみても良いと思います。

 

職場が育児と仕事の両立に本当に理解のある職場なのかしっかりと調べて安心できるかは、自分の眼と耳で判断した方が良いと思いますよ。

 

雇用形態

 

 

個人的には、出産前に働いていた介護施設に復帰する訳ではないのでしたら、介護派遣社員として働くことをオススメします。

 

正社員・パートの場合は、介護施設側との直接雇用となるので、どうしても多かれ少なかれ施設側の事情に振り回されるリスクが発生します。

 

一方で派遣社員の場合は、就業条件明示書で勤務時間や仕事内容が決められていますし、残業や休日出勤の有無も決まっています。

 

そのため、事前に派遣会社を通して条件を示した上で働けば、契約違反の業務命令に従う必要もありませんし、問題が起こった場合は派遣会社に相談することもできます。

 

登録する派遣会社は慎重に選ぶ必要がありますが、育児との両立はしやすいと思いますよ。

 

ただ、託児所といった福利厚生が揃っていたり、正社員やパートでも育児の両立が出来ている実績あるのある職場もあるので、雇用形態に拘り過ぎず、自分に合った職場ではたらくようにしましょう。

 

※優良な介護施設・事業所を探せる紹介会社

 

オススメの介護専門転職サイト

オススメの介護専門の紹介会社

page top