介護職の給料は安くて結婚できないのか

介護士は結婚が難しいのか

 

介護職の給料は安くて結婚できないという話を良く聞きます。「手取りが10万円〜15万円では無理」、「結婚を期に仕事を辞めて他の仕事に転職する」と愚痴ったり、転職を考えている男性の方とも実際に話した事はあります。

 

一方で介護職として働きながらも結婚している方もいらっしゃいます。介護福祉士として堅実にキャリアを積み重ねれば、30代半ばで25万円〜30万円程手取りで貰っている方も意外にいらっしゃいます。

 

高給とは言えませんが、結婚できない程に給料が安いとも言えません。

 

また、私の知り合いの介護職員や施設長、エリアマネージャーで結婚している方は多いです(特に役職を持っている方)。

 

もちろん、介護職と働き始めてすぐでしたら、給料は安いので結婚をすぐに視野に入れる事は難しいですが、真面目に働き続ければ、勤続年数による昇給や資格手当などを考慮すればそれなりに給料は上がって行くはずです。

 

また、介護主任やリーダーになれば役職手当なども貰う事は可能です。

 

そのため、結局はどれだけ将来を見越した上で真面目に働けるかによって結婚できる給料を稼ぐ事ができるかどうかとも言えるかもしれません。

 

働く介護施設には注意する

 

 

働く介護施設によっても給料差は生じます。特に介護業界は高齢化の影響で多くの事業主が参入しているので、待遇の良し悪しもの差も大きくなっています。

 

何年も勤続年数を重ねても全く給料が上がらないような介護施設もあれば、キャリアパスを明確にしてくれて、実力を示せば出世して行きながら待遇を上げていける職場もあります。

 

そのため、前者のようなブラック企業が経営しているような介護施設で働いているのなら、将来を見越して早めに転職した方が良いです。

 

転職をするのは非常に体力が入りますが、惰性のままブラックな介護施設で働いていても待遇は良くなりませんが、状況は悪化して行きます。

 

将来的に結婚したい、または既に結婚を視野に入れている相手がいるのでしたら、一度自分の職場を見直して見ても良いかもしれません。

 

⇒介護士 オススメ紹介会社 月収30万を目指す

 

女性から見た介護職員に対する印象

残念ながら良い印象を持たれる事は少ないと思った方がいいです…
やはり介護職は給料が安いといったイメージが強いですし、実際に働き始めて間もない時期は、他の業種と比べてると低いです。

 

理由としては、介護職の初任給は資格や経験がないと、高卒や専門卒を対象にしている事が挙げられます。
前述したように、堅実な経営をしている介護施設でしたら、年齢と共に給料は上がって行きますが、それでもスタートの給料は20万を超えている事は滅多になりと思います。

 

一部のブラック寄りの職場になると、初任給が15万円を切っている事もあるので、そのような職場で働く事はオススメしません。

 

介護専門転職サイトで紹介しているような介護専門の紹介会社等を利用して、優良な介護施設で働く事を心掛けましょう。

 

少し話は脱線しましたが、女性の第一印象としての職種のイメージは悪いですが、何度も言うように真面目に働けば、それなりに給料は上がって行くので、女性側の偏見はある程度改善する事は出来ると思います。

 

どうしても理解して貰えないのなら…諦めるか、他業界に転職する以外ないかもしれません。

 

ただ、今までの介護士としてのキャリアをリセットして、未経験者として他の業界に転職しても給料が簡単に上がるかは分かりません。そのため、よく考えた上で行動するようにしましょう。

 

資格の取得は忘れない

 

キャリアを上げていく上で避けられないのは、介護福祉士の取得になります。

 

資格手当も取得できますし、介護主任や施設長として働いて行くのでしたら、資格を持っていないと出世できない可能性もあります(持っていない事で足を引っ張られる可能性は十分あります)。

 

介護福祉士の資格は、一般の介護職の方も持っている方がいるので、出世して役職を持つ方が所持していないと他の介護職員に示しが付かない事もあります。

 

そのため、将来的に結婚するために給料を上げて行く事を考えているのでしたら、受験資格がるのでしたら迅速に取得するようにしましょう。

 

⇒介護の資格一覧と取得方法

オススメの介護専門の紹介会社

page top