介護職 ストレスで仕事を辞めたいと感じたら

介護の仕事のストレスで仕事を辞めたいと感じたら

 

介護職として働いている方で、ストレスを一切感じずに働いている人は、いらっしゃらないのではと思います。

 

ただ、ストレスを感じる原因は共通していることもあれば、個人によって違うこともあります。

 

仕事をして行く上で上手く付き合って行く必要のあるストレスなのか、それとも職場に問題があるのか考えた上で適切に対処していく事が大切です。

 

介護職として避けられないストレス:利用者との関わり

利用者との関わりは、避けて通る事はできません。利用者の方もお金を貰って施設を利用して貰っている大切なお客様ですが、人によってはセクハラや暴力・暴言をするような問題のある方もいらっしゃいます。

 

そして、このような利用者が一切出会わない施設で働くのは難しいと思った方がいいです。大切なのは、施設長や介護主任といったベテランの方に助言を求めて、利用者が問題行動を起こさないように諫めて貰う事が大切になります。

 

もちろん、あなた自身の力で解決できるのが一番ですが、経験が浅い内は周りに助けて貰うように働きかけるのも大切です。

 

ただ、何時でもあなたが満足いくようなサポートを周りの介護職員がしてくれる訳ではないので、少しずつでも問題のある利用者に対する対処を考える必要があると言えます。

 

私の知り合いのベテランの施設長になると、多少問題のあるような利用者や認知症の方に対して時間など掛けずに、他に注意をそらしたりして適切な対象をしてくれます。

 

簡単そうに見えて全く簡単ではありませんが、経験を積んで自分の仕事を楽にして行く事が一番大切と言えるかもしれません。

 

腰痛との戦い

 

 

介護スキルが上がって行くと腰に負担を与えないように仕事ができるようになっていきますが、完全に防ぐ事はできません。介護施設によっては、介護職員の負担を減らすように、高性能な介護ベッドや入浴のための設備(機械浴など)が揃っている事がありますが、全ての介護施設に当てはまる訳ではないです。

 

そのため、休みの日のケアなどもして行く事は避けられないと言えます。特に年齢を重ねて行くほどに負担を感じるようになって行くので腰のケアは大切です。

 

ただ、腰痛に関する問題は介護士だけの問題ではないのも確かです。身も蓋もありませんが、腰痛が職業病になっている仕事は沢山あります。もちろん、腰痛の程度は職業によって差も生じますが、無関係な仕事の方が少ないのでは…とも感じます。

 

介護の仕事は、利用者を支えたり、ベッドから車椅子に移動させる、そして入浴介助と力仕事が多く腰に負担を与えますが、やはり続けて行く事を考えると適切な介護スキルを身に付け、普段から腰に対するケアを忘れない事が大切になります。

 

介護職員間の人間関係は適切な対応を取る

介護職員にとっての一番のストレスは、仕事内容ではなく、同じ介護職員との人間関係が一番の原因と聞く事も多いです。

 

介護職員同士の人間関係は、個人で対応できる事と、対応できない事があり、後者の場合でしたら、余計なストレスを抱える前に他の介護施設に転職することも考えた方が良い場合もあります。

 

私の体験も含まれますが、皆仲良しの職場などは介護業界に限らずに極わずかだと思った方が良いです。また、介護施設の職場はパートの方も多いので、多かれ少なかれ人の入れ替わりは起こります。

 

そして、新しく入社して来る方が毎回気の合う方とは限りませんし、そのような事を求めていては働ける職場が無くなってしまいます。

 

実際に、介護職と働いている方の中にも、仕事に支障をきたさないのだったら、多少無視されても気にせず働く方もいらっしゃいます。

 

特にベテランの介護職員の方程に、他の介護職員に対する性格の許容度が高いようにも感じます。

 

上手く意思疎通ができなかったり、介護に対する姿勢に対して意見が合わなかったりする事は、よくある事です。

 

ただ、そのような事に対して一つ一つ気にしていたらストレスで体を壊してしまいます。

 

大切なのは、価値観の違い介護職員が入る事を理解した上で「そういう方もいるんだと」と、取りあえず認める事になります。また、多少問題のある介護職員がいても、自分の仕事に問題がないのだったら、あまり関わらず、余計なストレスを抱えないようにしましょう。

 

転職した方が良い場合の介護施設

 

 

人間関係の悩みも度を越えたら注意する必要があります。
例を挙げれば、イジメや嫌がらせ、パワハラになります。女性の職場なので、パワハラは少ないですが、イジメや嫌がらせに関しては我慢する必要はありません。多少の陰口程度でしたら我慢した方が良い事もありますが、他に仲間がいなかったりすると耐えられない場合もあります。

 

もし、施設長などに相談しても解決できないのでしたら、迅速に転職した方が良いです。

 

また、前述では多少問題のある方でも関わらなければ良い言いましたが、その相手が施設長だったり、介護主任だったりするのでしたら話は別です。

 

サービス残業をさせられたり、意図的に負担の重い仕事ばかり押し付けられると嫌がらせをされれる可能性もあります。

 

また、施設長の能力が低い介護施設は、職場が荒れる最大の原因とも言えます。

 

実際に問題のある介護施設の施設長を変えただけで、荒れていた施設が落ち着いた事例は多いですし、逆も多いです。

 

そのため、施設長に不信を感じていたり、嫌がらせをされているのでしたら、一度自分の職場を見つめ直しても良いかも知れません。

 

⇒働きやすい介護施設の選び方

 

介護の仕事そのもが嫌になったら

介護職のストレスとしては、他にも給料が低かったり、休日が少なかったりなどが挙げられます。個人の基準によっても変わりますが、給料や休日などは働いている施設が悪いだけのこともあるので、転職すれば解決できる可能性は十分あります。

 

⇒優良な介護施設の求人を紹介してくれる転職サイト一覧

 

ただ、一度ストレスが限界になってしまうと、原因を解決する以前に、介護の仕事そのもが嫌になってしまう事もあると思います。

 

その場合は、一度介護の仕事から離れてみるのも一つの手段だと思います。

 

特に共働きの方でしたら、他の仕事を探す時間も作る事ができると思いますし、休む事がも出来ると思います。その上で、介護の仕事に未練があるのでしたら、改めて精神的にストレスになった原因を考え、その原因が無い、または少ない介護施設で働くようにしましょう。

オススメの介護専門の紹介会社

page top