介護職 残業の悩みを解決する働き方

介護の仕事で残業を減らしたい

 

介護職として働く方の悩みの一つが残業によって帰宅時間が遅くなる事だと思います。

 

どれだけ効率よく介護の仕事をしても、利用者も毎日同じように生活をする訳ではありませんし、体調不良を起こしたり、不意の転倒といった事故を起こす事もあります。

 

そのため、残業を完璧に避けることは諦めるべきと言えます。

 

ただ、残業が少ない職場を選ぶことはできます。

 

給料は多少下がる可能性もありますが、家庭を持っていて扶養の範囲内で働いている方でしたら、できれば残業などせずに帰りたいというのが本音だと思うので参考にして頂ければ幸いです。

 

派遣社員として働く

 

残業をせずに働く方法の一つとしては、派遣介護職として働く事です。

 

なぜ派遣介護職は、残業が少ないからと言うと、派遣特有の雇用形態が理由になります。

 

派遣介護職として働く場合は、派遣先の介護施設ではなく、派遣企業と雇用契約を結ぶことになります。

 

そのため、時給や福利厚生は派遣企業と介護施設側が結んだ雇用条件で働く事になります。

 

そして、派遣を頼む介護施設は基本的に、人手不足が解消される一定期間の緊急手段として利用する事が多いです。

 

そのため、時給は他のパート職員よりも高いですし、残業代による割増賃金も高くなる傾向が強いです。

 

嫌な話になりますが、介護施設によっては直接雇用をしている社員やパートの介護職員に対してはサービス残業を半強制で働かせるて費用を削減しようとすることもあります。

 

一方で派遣介護職員にサービズ残業を強制させると、派遣企業にバレて無理にでも残業代を支払わされるのでサービス残業を強制さえる事はできません

 

また、サービス残業ではなくても、前述したように派遣介護職の残業代は割増される事が多いので、残業させずに定時に帰らせる事が多いです。

 

そのため、残業をしたくない方にとっては派遣介護職として働く事はオススメと言えます。

 

※派遣介護職に興味がある方は介護職派遣のメリット・デメリットとはをどうぞ

 

デイサービス

デイサービスの特徴は、利用者に提供するサービス時間が決まっていることです。

 

基本的ンは朝の9時、10時前後から夕方の16時、17時前後をサービス提供時間にしている事が多いです。

 

そのため、利用者を帰した後の雑務は毎日決まっている事も多く、比較的に定時に帰れる事が多いのが特徴です。ただ、デイサービス中に事故などが合った場合は、利用者を帰した後に事故報告提出や再発防止のための話し合い等が行われ帰宅時間が遅くなりこともあります。

 

ただ他の介護施設よりも定時に上がれる傾向が強いのは確かと言えます。

 

訪問介護でヘルパーとして働く

訪問介護は、利用者宅を訪ねて訪問介護サービスを提供することになりますが、この訪問介護の時間は厳格に決まっているので、残業をすることは基本的にありまあせん。

 

訪問介護に限る話ではありませんが、ケアマネジャーが作成したケアプラン通りに訪問介護を提供する必要があり、余計なサービスを提供する事はできませんし、延長する場合もケアプランに理由が記載されている必要があります。

 

事後報告でも可能ですが、ケアマネジャーが納得する理由ではないと、延長が認められず介護報酬が貰えない事があります。

 

そのため、前述したように残業は少なく、定時に上がる事ができやすい仕事と言えます。

 

面接時に残業の時間について確認して置く

 

 

残業が比較的に少ない勤務体系と働き方については上記になりますが、介護施設の種類関係なく人手が揃っていて、残業が少ない職場も存在します。

 

そのため、面接時に残業の有無と、サービズ残業等が存在しないか事前に確認して置く事も非常に大切です。

 

もし、希望条件に合致した介護施設や事業所を見つけることができない、または時間がないのでしたら、介護専門の紹介会社等を利用して、代わりに探して貰う事がオススメです。

 

キャリアコンサルタントが代わりに、残業時間や離職率といった聞きにくい事を詳しく調べてくれるので、ストレスなく時間を効率よく使って転職活動がすることができますよ。

 

⇒介護の仕事 好条件の職場に出会うには

オススメの介護専門の紹介会社

page top