介護職 パートと派遣どちらで働くべきか

介護職 パートと派遣どちらで働くべきなのか

 

 

女性の方で家庭を持っている方、または時間に融通を利かせたい方で悩む事の一つは、パートと派遣のどちらの雇用形態で働くかだと思います。

 

この記事では、パートと派遣のメリットとデメリットを、それぞれ述べて行きたいと思います。

 

パートのメリットとデメリット

パートのメリットとしては、施設側の企業との直接雇用になるので、賃金体系や職場が変わる事がありません。

 

そのため、同じ職場で働き続けることができます。職場選びを間違えなければ、基本的には働き続けることができます。

 

一方でデメリットとしては、直接雇用のため、職場選びを失敗して、ブラックな職場に入社してしまうと、退職するのに手間がかかることになります。

 

また、新しく職場を探すのに更に時間が掛かります。

派遣のメリットとデメリット

 

 

派遣のメリットは、パートよりも時給が高い事が多い事が一番のメリットになります。

 

また、派遣職員に残業を強制させると時間外労働時間の割り増しが加算されるので、基本的には定時で帰ることができるので、プライベートな時間を大切にすることできます。

 

他にも、派遣職員なので、もし派遣先がブラックな職場でしたら、派遣企業に相談すれば迅速に職場を変更して貰うことができます。

 

一方でデメリットとしては、働きやすい職場に派遣されても、契約期間が過ぎたら別の派遣先に行く必要があります。

 

そのため、派遣先の職員と上手く仲良くなれない可能性があります。

 

また、信頼できる派遣企業を利用しないと、時給をピンハネされる可能性があります。

 

派遣職員の給与は、派遣企業を通して支払われるので、悪質な派遣企業を利用すると、施設が支払っている大部分の金額を紹介会社に搾取されている可能性があります。
そのため、所属する派遣企業の評判は必ず調べるようにしましょう。

 

パートか派遣で選ぶ際のポイント


前述したメリット・デメリットを参考にした上で、後は住んでいる地域も考慮する必要があります。

 

都市部でしたら、介護施設や事業所が多いので、お住まいの近隣から派遣先を選ぶことができやすいです。

 

一方で地方で介護施設や事業所が少ないと、当然派遣先も減少するので選択肢も減りますし、通勤時間も伸びる可能性があります。

 

そのため、近隣に働きやすい職場があるのでしたら、パートで働いた方が通勤の事も考えると良いでしょう。

 

一方で介護施設や事業所が多い都市部は、通勤も楽ですし、介護職員の人手不足にもなりやすいでの、時給も高い事が多いので派遣の方がオススメです。

 

もちろん、パートと派遣どちらの方が絶対に良いということはないので、最後はあなたの選り好みだと思います。
この記事を一つの参考にして頂ければ幸いです。

 

⇒介護の仕事 好条件の職場に出会うには

オススメの介護専門の紹介会社

page top