介護の仕事が好きじゃないと介護職は務まらないのか

生活のために介護の仕事を続けている方の悩み

 

偶に相談で、『事情があって介護の仕事をしているだけで、特別介護の仕事が好きだったり、利用者からの御礼にやりがいを持っているわけではないけど、このまま仕事を続けていいのか』といった悩みを拝見します。

 

おそらく、お金の偶に介護の仕事を淡々とこなしている自分と、介護の仕事にやりがいを持って働いている仲間の介護職員を比べてしまってのお悩みだと思います。

 

私個人の回答としては、全く問題ありません。

 

介護職に限らず、仕事をしている人の多くは、相談者と同じように、生活のために淡々と目の前にある仕事を淡々とこなして、お給料を貰って生活していると思います。

 

仕事にやりがいを求めて働くのも、仕事以外にやりがいを求めて、仕事はお金を貰う手段という考えのどちらの考えも間違いではありません。

 

ただ、介護の仕事は社会福祉の仕事になるので、やはり大なり小なり利用者の事を思って働いている方や、介護の仕事にやりがいを持っていないと長期的に続かないのではと個人的には思っています。施設の規模やサービスの内容にもよりますが、楽な仕事ではありません。

 

むしろ、淡々と仕事をこなせるのは個人的には結構凄いことのような気もします。

 

また、淡々と仕事をこなせるという事は、冷静な判断を下せるというメリットもありますし、あまり職員同士争うイメージもないので安心できる方でもあります。

 

したがって、もしあなたが自分の介護の仕事に対する姿勢が他よりも淡泊でも気にする必要性はありませんよ。

 

 

 

介護の仕事は辛い時もありますし、待遇も良いとは言えません。
ただ、問題を起こさず介淡々と仕事に従事してくれているだけでも介護の仕事は感謝されることはあります。

 

それだけ、社会貢献性の高い仕事と言えるだけなので、そこに喜びを感じれない事に罪悪感を覚える必要性はないです。そして、間違っても劣等感は持たないようにしてくださいね。

 

できることなら、介護の仕事を嫌いにならず続けて頂けると幸いです。

 

ただ、自分の事を最優先に、無理のないように働く事を忘れないでください。

 

オススメの介護専門の紹介会社

page top