介護の仕事 悩み・相談

介護職の仕事に自信が持てない方へ

 

未経験者の方が悩む事で多いのが、自分の介護の仕事に自信を持てない事です。
介護の仕事は、人手不足もあり入社までの敷地は低いですが、入社後の仕事内容や人間関係に苦労して辞めてしまう方がいらっしゃいます。

 

特に、未経験の方だと先輩職員に教えてもらう事が大前提となるので、分からない事がある場合は逐一先輩社員に聞くことになると思います。

 

新人の介護士の方が自信を持てなくなるのは、この最初の時期になかなか仕事が覚えられず、ミスをして迷惑を掛けてしまうことに強い罪悪感を持ってしまうからです。

 

介護の現場は、常に忙しく先輩職員も中々手が空いている時がなく、何度も同じことを聞いたり、介護を手伝って貰うようにお願いとすると、嫌そうな顔をしたり、怒る方もいらっしゃいます。

 

本当に怒る方は少ないと思いますが、やはり忙しい中でお願いされると、口調が厳しくなる職員の方はいらっしゃいます。

 

また、ミスをすれば当然ですが先輩職員に怒られますが、それだけではなく、ミスの影響を受ける利用者が目の間にいる事も罪悪感を増長させるのでしょう。

 

本来は、新人職員の方に極力そのような思いをしないように、しっかりと教育体制を整えるのが一番なのですが、その責任を一番背負っている施設長も忙しく手が回らないことがあります。

 

そうなると、新人教育などしたことのない職員が教えることになります。特にパートの方だと、不必要な仕事を避けたがる人もいらっしゃいます。

 

そのため、多くの新人が味わう失敗の経験が他の業種よりも強く圧し掛かり、自信を失ってしまのです。

 

もちろん、施設を運営している企業によっては、しっかりとした教育体制を整え、新人育成に力を入れている施設もありますが、小さい施設だとなかなか整っていない事が多いです。

 

⇒新人介護士が仕事に対する自信を失いやすい原因の具体例

 

 

どうすれば新人の方が介護の仕事で自信をつけられるのか?

 

 

これは、他の業種でも同じですが、先輩職員の言ったことはしっかりとメモをし、分からない事は質問をする。また、介護の勉強も自分からするといいでしょう。

 

そして、何よりも他の職員の方とのコミュニケーションをしっかりとるようにすることです。介護の現場の働きやすさは、施設内の人間関係と言ってもいいです。日々、真面目に取り組めば、周りが認めてくれるはずです。

 

また、前述したように介護の先輩職員は教育の経験がないため、悪気なく不適切な言葉を放っている場合もあります。実際、勤務後に会話すれば普通に笑顔で話せる場合もあるので、自分から積極的に動いてみましょう。

 

ただ、自分の力だけではどうにもならいこともあります。

 

残念ながら介護施設の中には、ブラック寄りの職場も存在します。そのような職場で一人で頑張ってもどうにもなりません。

 

介護士の転職はそれ程珍しくないので、もし無理だと悟ったら、出来る限り新しい職場を探す等の対応を取る事も必要となります。

オススメの介護専門の紹介会社

page top