介護職員は未経験でも比較的簡単に正社員になれます

介護職員として未経験でも正社員にすぐなれるのか?

 

 

介護職なら、未経験でもすぐに正社員になれるのか?という質問を偶に聞きます。

 

答えとしては、他の業界よりも正社員になりやすいです。

 

皆さんも良く知っている通り、介護業界は全体的に人手不足なので、職員に長期的に働いてもらうためにも、本人が正社員希望なら使用期間を経て正社員として雇用してくれる事は多いです。

 

ただ、施設にもよって差があるのも確かです。施設側が、採用した職員が本気で介護の仕事に取り組んでくれるか見定めるため、介護職員初任者研修等を修めることや、ある程度の期間を在職し続けることを、正社員の条件としている場合も少なからずあります。

 

ただ、一般的には正社員を拒まれることは少ない業界だと思います。

 

介護職の正社員 メリット・デメリット

メリットとしては、正社員になれば突然の解雇は少なくなりますし、雇用・社会保険への加入などを受けられます。

 

また、介護の資格を受験する時に、受験費用等を肩代わりしてくれる場合もあります。病院等に勤める場合は、病院の所属している組合のサービスを受ける事もできます。

デメリットとしては、介護職の仕事はシフト制になっているので、パートの方達よりもシフトの融通が利かないので、休日が思った日にちに取れなくなる可能性があります。また、残業の可能性も少なからずあります。その場合を想定して、あらかじめ残業代が支給されるか等調べて置くといいでしょう。

 

介護の仕事は、働く施設によって勤務条件や待遇が結構違う場合があります。

 

正社員になる場合は、まず就業規則等をしっかり読み、施設長に確認する事を忘れないようにしましょうね。

 

働き始めて、予想と違い退職する方は介護業界では多いので、しつこいぐらいに勤務条件等を聞くようにしましょう。

 

※未経験者・無資格の方のための介護職の転職は未経験・無資格で介護職に転職する時の職場選びで詳しく説明しているので、コチラを参考にするようにしてください。

 

オススメの介護専門の紹介会社

page top