介護の仕事で職場内の人間関係に疲れてしまった方へ

介護施設の人間関係に疲れてしまった方がするべき事

 

 

介護職の仕事の悩みの一つとして、大きな割合を持つのが介護施設の人間関係と言っていいでしょう。

 

特に介護施設の人間関係の問題は現場で働く職員にとっては時に離職原因にもなります。

 

したがって、施設長等の管理者は絶対に放置してはならない問題であり、逆に職員の方はしっかりと自分にできる対象をする必要がでてきます。

 

介護現場で起こる人間関係の問題とは

新人の職員が陥りやすいのですが、入社当初は仕事ができないのが当たり前なのですが、そのことで先輩職員の注意を気にしてしまうことです。

 

先輩職員には、当然優しく教えて下さるかもいれば、厳しい方もいらっしゃいます。ただ、介護施設で多いのが、迷惑そうな顔をされて教えられたこともあるかもしれません。

 

介護施設は基本的に人手不足なので、なかなか新人の介護職員に教える時間がなく、自分の仕事に手一杯な事が多いです。したがって、先輩職員にその気がなくても迷惑・面倒そうな顔をしてしまう方がいらっしゃいます。

 

したがって、もし自分の仕事がなかなか上達できず、先輩職員と良い関係が構築できてないと感じたら、先輩社員の仕事状況を見計らって、仕事を教えてもらったり、コミュニケーションを自分からとってみてはどうでしょうか?

 

仕事中は、相手も自分の仕事に余裕がなく、会話に棘を持たせてるだけかもしれませんよ。

 

ただ、中には本当に問題のある先輩社員もいますので、その時は施設長に相談することをお勧めします。

 

人間関係の問題として、一番大変なのが施設長を始め、少し性格的に問題のある介護職員が居る場合です。

 

そして、残念ながらそのような施設も存在します。先ほど自分では解決できない時は、施設長に相談しましょうといいましたが、管理能力がなかったり、介護施設内の派閥を許し、自分も所属しているような場合ですと、碌な対応をとって貰えない場合もあります。

 

その場合は、もう職場を変えてしまいましょう。

 

間違っても耐えるようなことはしないでください。
心身を壊して、次の職さえ探せなくなってしまいます。そして、介護施設がそのような職場だけだと勘違いしないようにしてくださいね。

 

※当然ですが、施設長を中心にまとまっている介護施設も多く存在しています。当然、新人職員の教育に力を入れている施設もあります。

 

もし、自分の施設に自分では解決できな問題があるのなら、もっと優良な施設に働けるように、心身が壊れる前に行動することをお勧めします。
既に転職・職場移動を考えているのでしたら⇒「介護の仕事 好条件の職場に出会うには」を参考にしてください。

オススメの介護専門の紹介会社

page top