夜勤業務の介護の仕事内容

介護職の夜勤業務の仕事内容

 

 

特別養護老人ホームや老健と行った施設では、介護職員の方がシフトを組んで夜勤を担当することになります。

 

夜勤の勤務は、職員に向き不向きがあるので、夜勤のシフトに入る事が必要な施設に勤める事を考慮しているなら、まず自分に夜勤ができるか考えてみることをお勧めします。

 

夜勤の仕事内容

 

・夕食の配膳準備、食事介助、及び夕食後の薬等の準備
・就寝のために、利用者の着替え等の介助
・夜間の排泄処理やおむつ交換
・利用者の部屋を安否確認のため巡回
・ナースコールの対応
・夜勤帯の利用者様の記録作成
・調理職員と朝食の準備等
・朝起きてこない方の確認

 

上記に挙げられている事が基本的に夜勤者の仕事内容になります。

 

何事もなく、夜勤を終えれることもあれば、急患が出て救急車を呼ぶことになる可能性も含んでいるので、常に最善の動きができるように心掛けることが大切です。

 

特に、夜に利用者の方が出歩いてしまうという事がよくあるので、眠くても注意力が必要となります。

 

介護の夜勤手当の金額 

介護の夜勤手当は施設によって結構違います。

 

安い施設ですと、2000〜3000円という事もあれば、6000〜7000円の手当が出ることもあります。

 

職員によっては、日中は一切シフトに入らず、夜勤専従で働く方もいらっしゃいます。

 

従って、夜勤を視野に入れて介護の職場を探すのでしたら、夜勤手当の金額についても施設ごとに比べてみるといいと思います。

 

介護の夜勤で注意すること

前述したように、利用者の中には認知症の方もいらっしゃるので、夜にフラフラと部屋から抜け出す方もいるので、常にある程度の集中を維持する必要があります。

 

また、突然のアクシデントにも冷静に対応する必要もあります。

 

そして、何よりも夜勤は不向きな方にとっては、本当にストレスが溜まります。人によっては体を壊すことになる可能性もあります。

 

夜勤手当が出ることから、無理に働き、体を壊す人も偶にいらっしゃいます。

 

無理して体を壊して働けなくなっては本末転倒ですので、しっかりと夜勤に対しての向き不向きを確認するようにしましょうね。

オススメの介護専門の紹介会社

page top