介護職として働き続けるモチベーションが湧かない

介護職として働き続けるモチベーションが湧かない場合

 

 

介護職として働いて行く上で悩む一つとして取り上げることもあるのがモチベーションが湧かない時期の働き方になります。

 

介護職として働き始めた最初の頃は仕事を覚えて、慣れて行くのに精一杯になりますが、ある程度経験を積むと日々の仕事に慣れて、「何を目標にして働けばよいのか?」といった不安を抱えてしまう人も少なくありません。

 

なかなか目標などを見つけられず、日々の課題として仕事をこなしているだけだと、仕事に対するモチベーションを維持する事ができず、働く事が空しくなったり、仕事に身が入らなくなるといったデメリットが発生する事も少なくありません。

 

そして一番の問題は、仕事に対するやりがいを感じることがなくなってしまう点と言えます。

 

自分の状況に合わせても目標を持つ

 

正社員の人でしたら、給料を上げるために、介護職員初任研修、介護福祉士といった資格取得を目指したり、並行して施設長や介護主任、エリアマネージャー等を目指すのも良いと思います。

 

また、ケアマネジャーの資格を取得して、専門職として働く事も考えてみるのも良いと思います。

 

パートの人も同様に時給を上げるために、資格の取得を目指すのも良いと思いますし、経験を積んで訪問介護のヘルパーとして働く事なども検討してみるとよいと思います。

 

訪問介護は正社員として働く事は難しいですが、パートとしてなら、介護施設よりも高時給で働けることも少なくありません。

 

扶養控除の範囲内で働く場合は、一概に時給だけを優先して働くメリットが少ない事もありますが、扶養控除の範囲内で働かせて貰える職場でしたら、結果的に効率的働けると思いますよ。

 

利用者からの感謝の言葉をモチベーションでにできるか

待遇面だけではなく、やはり仕事を通してモチベーションを上げられる事が一番良いと言えます。

 

特に利用者からの感謝の言葉は、介護職の仕事をして行く上で欠かす事の出来ないモチベーションと述べる介護士の人も少なくありません。

 

もし、就職してそれ程期間が長くなく、やっと仕事に慣れ始めた段階でしたら、ただ仕事をこなすだけではなく、利用者が喜んでくれる介護にも意識してみるとよいと思います。

 

ただ、感謝の言葉をモチベーションにできないからといって必ずしも介護職の仕事に向いていない訳ではありません。

 

誰もが、勤めている仕事が好きだから続けている訳ではなく、待遇面や働きやすさなどを優先して働いている事も珍しくありません。

 

ただ、利用者との繋がりをモチベーションにできるのは多きな強みとも言えるので、一度本気で利用者に感謝して貰えるよう仕事に打ち込んでみるのも良いと思いますよ。

 

転職することも一つの選択肢と考える

今の職場では出世が難しかったり、資格を取得したり出世しても給料が上がらないようでしたら、他の介護施設や訪問介護の事業所に転職する事も考えてよいと思います。

 

目標がない…と思っていても、実際は待遇面の不満などで「頑張っても意味が無い」状況があなたから目標を奪い、モチベーションを下げている事も少なくありません。

 

もし、今まで待遇面に不満のある職場でしか働いた事が無く、優良な介護施設で働く事を諦めているのでしたら、一度介護専門の紹介会社を利用してみても良いと思います。

 

紹介会社のスタッフに希望を伝えて、求人を厳選して貰った上で、今の職場の待遇と比較してみてください。

 

その上で、応募するかどうか考えてみても遅くはないと思いますよ。

 

⇒待遇の良い介護施設・訪問介護の事業所を探す

オススメの介護専門の紹介会社

page top